スタッフブログ

地震・台風・・屋根ROOGA(ルーガ)

2018年7月7日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子
sp-007307300s1530608791

こんにちは
車を新しくしてもらい、チョッと嬉しい恵子です 

思えば、
12年、10万キロ。
大きな事故もなく・・・かすり傷は多々ありますが 
下手くそな、私の運転に よく耐えてくれました(感謝)


material_main5-e1530946816925
さて、先日の地震に続き、この大雨・・・

お蔭さまで、新城は大きな被害はありませんが、
テレビでニュースを見るたびに、心が痛みます。


自然災害がきわめて多い日本で、
自然の猛威から大切な住まいを守るために開発された屋根材です。

奇しくも今、旬な屋根材と言えますね。





1pic
豪雨に強い
散水量240mm・風速30mの10分間にわたる防水試験でも、裏面の漏水量は極めて少ない結果に。
2016-10-07_10-49-56-e1530947902755
強風に強い
瓦の奥とジョイント部を対角に釘で固定する独自の施工方法で、風速60mでも微動だにしません。
rooga2-2
割れない強さ
物がぶつかってきも割れません。
rooga1-1
厚くて軽い
瓦と同じ25mmなのに、瓦の半分の重さしかありません。なので、地震の時は揺れが小さくてすみ、地震に強い建物に。

そして何より、かっこ良いです!!!



miyabi_img
雅(みやび)
高級感・上質感のある、モダンな和の邸宅をイメージ
miyabi_img03





カラーバリエーション
teppei_img
鉄平(てっぺい)
自然石風の素材感、重厚感、ランダムを忠実に再現
teppei_img02





カラーバリエーション




いずれにしても、自然災害の多い日本の住まい・・・特に屋根は、豪雨や強風に耐えられる強さが必要です。

また、地震の際には、被害を最小限に食い止める為には、軽い屋根の方が有効です。

さらに、やはり住まいは、美しくないとね。

ROOGA(ルーガ)はそれら全てを兼ね備えた屋根材だと思います。



8C7982AD82C48FE4957682C896688DD08AA220838B815B834B2083508343837E8385815B208B8C834E837B835E8FBC89BA93648D48



lineup_teppei

新城市副川K様からお客様の声いただきました

2018年7月5日|カテゴリー 「お客様の声」 「建具・玄関」 「直子

こんにちは、直子です。

梅雨が明けるかな~と思ったら、またまた雨続き…

施工現場もすすまなくなり、工事スタッフも困ってしまっています~


玄関引戸取替をさせていただいた、新城市副川K様より

お客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。


新城市副川K様お客様の声

・担当スタッフの対応はいかがでしたか?

【ほぼ満足】
明るく、丁寧迅速な対応で嬉しかったです。


・職人の対応はいかがでしたか?

【ほぼ満足】
大変若い方にみえました。あいさつもしっかりしておりよかったです。
1時間40分の道のりごくろうさまでした。


・施工技術はいかがでしたか?

【ほぼ満足】
きちんと引戸取り付けられ、確認も充分でした。


・弊社へ依頼していただけた理由は?

以前よりチラシetcで存じており又、姪の直子さんもみえるので安心!


・その他、ご意見ご感想

今後、ご依頼することがあるかもしれません。
その時は、よろしくお願いします。
まだら模様にはげていた引戸が新しくなり気持ち良いです。
ありがとうございました。


before
玄関引戸取替

horizontal
after
玄関引戸取替


玄関引戸が傷んでしまい、見た目も悪いため何とかしたいとご相談いただき、

玄関の枠は傷んでいなかった為、引戸だけ取替する方法を提案しました。

綺麗な玄関引戸になり、K様も大変喜んでいただけました。

お客様の声にも書いてくれましたが、K様は私の叔母さんなのです(^^)

叔母さん、この度はありがとうございました!





雨どい詰まり

2018年7月4日|カテゴリー 「神尾」 「補修・修理
こんにちは、神尾です。


お客様より雨どいが詰まってしまったとのことで伺ったところ

地中の排水管が詰まっていました。

雨どい排水
雨どい排水
詰まっているものを掻き出し水を流してみてもまだ何処かで詰まっている様で溢れてきます。



雨どい排水
詰まっている排水管を掘り起し新しい排水管を埋設します。
雨どい排水
元通り埋め戻して作業終了しました。

これで雨水もちゃんと流れて溢れることはないでしょう。




屋根漆喰補修工事

2018年7月2日|カテゴリー 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

ワールドカップは波乱の展開が続いていますね!

ロナウドにメッシと名プレイヤー達が決勝で敗退しています

日本は決勝に行けましたが、続々と強豪との対戦になります。

いよいよ本日深夜ベルギーとの対戦になります!

こちらも強豪中の強豪です!

全力を出し切って、決勝ラウンドを勝ち進んで欲しいです!

深夜3時キックオフになります!

さすがに起きていられないかも・・・(笑)

がんばれ日本!!!

さて、今回は漆喰の補修工事をご紹介します。

施工事例集でも紹介していますのでそちらもご覧ください!

漆喰は、瓦屋根の家の大半に必ずある物です。

もちろん、劣化してくればポロポロ白い物が落ちたり、土が丸見えになったりと悪い事だらけです。

土が丸見えで、そこに雨が当たれば、どんどん土が流れ落ちて、最悪雨漏りの原因、瓦の落下等、良いことは何もありません。





漆喰補修
とても写真では見にくいですが、黒ずんできてしまっています。
漆喰補修
所々、剥がれてきて、見た目も悪くなります。
漆喰を全て撤去して、新たに塗るのも時間も手間もかかるし・・・

そうお思いの方、ご安心ください!

そのまま上塗りができます!(状態にもよりますが・・・)

しかも、短期間での施工が可能なので、お時間も費用も大幅にカットできます。
漆喰補修
左官職人さんが、一つ一つ丁寧に漆喰を塗っていきます。 こてを器用に使い、全て手作業です!
漆喰補修
本棟の所もしっかりと塗れました。
漆喰補修
黒ずみもなくなりました。
漆喰補修
下り棟もバッチリ!
漆喰補修
この部分はのしと言う部分です。 ここもしっかりと塗れました。
これだけの工事でも、2日で完了しました!

これで、ポロポロ落ちる心配も、黒ずむ心配もなくなりました!

お施主様にも大変喜んで頂けました。

簡単な説明になりましたが、一度屋根を確認してみてください。

気になるようでしたら、見積り無料で現場調査させて頂きますので。

どしどし、建造までご相談くださいね!

お待ちしています。

テラス屋根改修工事のご紹介

2018年6月30日|カテゴリー 「エクステリア」 「
こんにちは。
本当は火曜日のブログ担当ですが、今日も投稿致します。

関東では梅雨明けが発表されました。そうなると東海地方ももうそろそろですね。
梅雨が明けたら本格的な夏の到来です。
暑さもより一層厳しくなりますが、頑張っていきましょう!!



前回のブログまで、大規模な改修工事の紹介の記事が続いたので
今日は、より皆様に馴染みが深いと思われるテラスの改修工事についてご紹介します。




ポリカ屋根施工前
まずは、ポリカ屋根の張替えの工事からです。

昨年の台風で屋根が飛散してしまったと
お問い合わせを頂きました。


ポリカ屋根施工後
施工後の写真がこちら。

屋根材も黄ばみがなくなり、スッキリした印象になりました。


ここで、ポリカ波板の簡単な説明を致します。
ポリカ波板というように、素材はポリカーボネートです。プラスチックの一種でもあります。


以下ウィキペディアから一部引用


透明性・耐衝撃性・耐熱性・難燃性・寸安定性などにおいて、高い物性を示す。耐衝撃性は一般的なガラスの250倍以上といわれる。

透明性をもつために光学用途にも使用でき、その物性に比べて安価であり、航空機・自動車など輸送機器、電気・電子光学・医療機器、防弾ガラスの材料などに広く用いられている。機械的強度も優れているので力のかかるプラスチックネジで最も多く使われている材料である。


と書いてあります。


施工する側からの利点だと軽くて作業がしやすい、お客様側の利点だと飛散物が直撃しても割れにくい。

そう思って頂いて大丈夫です。


おそらく雨樋清掃の次に問い合せが多い(笑)ポリカ屋根の張り替え工事。

写真一枚づつですが下の写真をご覧ください。


今泉様施工後写真
新城市 I様

平板のバージョンです。
平板になるとまた雰囲気が変わります。
梶村様施工中
新城市 K様

下地によって、固定する金具を使い分けています。
菅谷様施工後
新城市 S様

下のアングルからの写真。
木の下地にも、もちろん施工可能です。
松永様施工後
新城市 M様

屋根だけではなく壁にも
施工可能です。


簡単ですが、ご紹介致しました。
参考になる写真がありましたでしょうか?

一度、ご自宅のテラス屋根をご確認くださいませ!!
古くなったテラス屋根がございましたら、建造に是非お問い合わせください。
scroll-to-top