恵子

お盆休みに思うこと

2018年8月18日|カテゴリー 「恵子

こんにちは。お盆休みも終わり、今年も後半突入ですね。毎度のことながら時の経つのの早いこと!

お盆が終わるとお祭りがあって、ボヤボヤしている間にお正月!! どうしましょっ・・・少々焦る恵子です 


さてさて、お盆休みはいかがお過ごしでした? 私はほぼ、ずーーーと家で過ごしました 

だってお盆はお墓に行かなきゃならないので、チョこっと外出しかできませんよね。

ビデオを見たり、床のワックスがけ(部分的)をしたり、換気扇の掃除をしたり・・・

換気扇の掃除をしながら つくづく思ったことがあります・・・ 

その愚痴も含め、リフォームの時の参考になればと思い書き留めますね。

IMG_10941

そもそも、換気扇を選ぶときケチって言うか・・・予算の都合もあって安いのを選んでしまいました。

今どきの換気扇って、例えば 水を入れると勝手に洗ってくれる「洗エールレンジフード(クリナップ)」とか、

10年間ファンのお掃除しなくていい「よごれんフード(リクシル)」とか、

そもそもフィルターが無いのでお掃除らくらく「ゼロフィルターフード(TOTO)」とか色々あるのだけれど、

そんなこと百も承知だったけれど・・・ まぁ、お掃除すればいいか・・・って安さを選んでしまいました。

そしたら、整流板は拭いたらもんもんになっちゃうし、フィルターは簡単に取れるどころか取り方わからないし・・・

「 あと数万円出しても、連動式にしとけばよかった!」とか、

「 あと数万円出しても、風量を自動調節するのにすればよかった!」とか・・・


トイレもそう! 1階のトイレは高グレードのトイレを選んだのですが、2階のトイレは妥協しました。
で、2年も経つと違いが歴然。 汚れ方が全然違います。1階のトイレはお掃除らくらくなのですが、2階のトイレは・・・

毎日使う水まわりって、チョッとの差が大きなストレスに。

今になって思うのは、「 あの時 もう少し無理してでも、いいのを選んでおけば良かったなぁ~ 」と。

10年も 20年も、ずっと毎日使うものだしね。


なので、リフォームする時迷ったら・・ 経済的に許すなら、

グレードの高い方を選ぶべきと私は強く思いました。満足度が全然違ってきますから。


と、こんなことをぶつぶつ考えながら、ちょっとだけだけど、掃除に励んだお盆休みでした。






お盆休み

2018年8月10日|カテゴリー 「恵子

お暑うございます。

わかっちゃいますが、この言葉しか浮かばない恵子です。 



さて弊社は 明日 11(土)~16(木)までお盆休みとさせていただきます。

なので今日は恒例の、掃除・・・賞与・・・、そして頂いたお中元による くじ引き争奪戦???!!!


IMG_4094

毎度のことながら、大盛り上がり 

何はともあれ、今年も前半戦、色々ありましたが、こうしてワイワイ終わることができホッとしています。




いつも思うのですが、こうした節目には、

職人さん、スタッフさん、お客様・・・感謝の気持ちが込み上げます。いつもありがとうございます。

さぁて、お盆休み、これと言ってたいした予定もないのだけれど、

お墓に行って、ご先祖さまにも、感謝の気持ちを捧げてこようっと。



火災保険と台風被害

2018年8月3日|カテゴリー 「恵子

こんにちは。恵子です 

今日 8月3日は、「はさみ」ということで、『建築板金の日』なんだそうです。

「はさみ」と「建築板金」って・・・普通結びつくかい?? 

でも、ま、板金組合の方で決めたそうなので・・・。そういうことですので、よろしくお願いいたします 。


さて、さて、先日の台風は大丈夫でしたでしょうか? 弊社も十数件の問い合わせをいただきました。

近年、火災保険で台風などの被害も賄えるということが広く知れ渡り、最初から「火災保険で」と言われることが多くなりました。

そう火災保険は火災だけでなく、台風などで損害があった場合にも補償金が支払われるのですね。

ただ、その損害が台風などの災害によるものか、老朽化や経年変化によるものなのか? 

は非常にやっかいな所でありますが・・。
 
IMG_0517

なので、厳密にいうと上の写真のような場合は、飛んでしまった棟の部分は補償されますが、

さびていてもまだ残っている部分については補償されないということです。

けれど、今回修理せずにおいても、時間の問題で・・

もしかしたら次の台風で飛んでしまう可能性も充分考えれるので、一般的には棟全部の修理が認められるようなのです。

実際、足場を組んで、そのたびに何度も修理・・・なんて効率の悪い工事は、我々業者も保険会社も望んでいないはずですから。

で、屋根に上ると、こんな風な ↓ ↓ ↓ 老朽化に出くわしたりします。
IMG_0519
IMG_0520
普段、目にすることもあまりないので、写真をお見せすると、驚かれることも。

カラーベストの浮きや反りをみて、「これも強風のせい・・・!」「屋根全体をリフォームできる・・?」

なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

専門家の立場から言うと、カラーベストの性質上、強風で反ったり浮いたりすることはないんだそう・・・。

カラーベストの反りや浮きは、経年劣化で雨水が浸み込み起こるのだそうです。

ネットでは、火災保険で無料で屋根のリフォーム! みたいな記事を見かけますが、

気を付けないと詐欺行為になってしまう恐れもあるんですって。

でも安心してください。

棟の修理費用として火災保険から支払われる費用を、屋根のリフォーム費用の一部に充てることは違法ではありません。

棟の修理って、棟自体の修理費用より、足場代の方が高くついたりすることも。

屋根リフォームの足場代を、まるまる火災保険で賄えるってことになります。

なので、この機会に屋根リフォームを考えてみるのもお得なことと言えそうです。

それに、老朽化した屋根は、強風で飛ばされ大事になってもいけませんから。



換気棟

2018年7月27日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子


こんにちは。昨日と今日は、暑さも少しはましでしょうか?

世間では、熱帯夜でエアコンなしでは眠れない~!! とニュースで流れてきますが、

エアコンも扇風機も付けなくても、朝まで熟睡の・・・いい事だか悪い事だかわかりませんが・・・恵子です 



さて、先日の「リフォーム講座/屋根編」の時、屋根裏の結露で困っていると言う話から、

社長が「換気棟」で一発解決!! みたいな話をしていました。

カラーベストカバー換気棟全体


「換気棟」とは、屋根裏の熱や湿気を追い出すために、屋根のてっぺんに取付ける部材のことで、

ファンがついているわけでもなく、こんなんで効果あるの?と思うのですが、

熱い空気は上へ、上へと集まるので、結構な量の空気が吹き出すのだそうです。

そういえば 以前から、特に「カラーベスト屋根カバー」には、換気棟は必須じゃない?

「カラーベスト屋根カバー」には換気棟取付けを標準工事にしようか・・みたいな話がされておりました。

なので、最近の「カラーベスト屋根カバー」工事では、換気棟の取付けを強くおすすめして、↓ こんな風に取り付けました。


換気棟穴
換気棟取付
でも、「換気棟」って、あまり取り付けられていないそうです。

やっぱり屋根・・それも、一番てっぺんの危険な所に穴をあけるので、雨漏りが怖いのですね。

「換気棟」の取付けは、雨仕舞の熟練した技術や知識が必要なのです。


2階の部屋が異常に暑い・・・。 部屋中がかび臭い・・・。

そんな方は、一度ご相談ください。





リフォーム講座

2018年7月21日|カテゴリー 「お知らせ」 「建造のご紹介」 「恵子

こんにちは。こんなに暑いのに、ちっとも痩せない恵子です。 


さて、本日は「建造リフォーム講座」なるものを開催いたしました。

初めての試みで、今回は特に「屋根リフォーム」についてです。

リフォーム講座

「近頃、地震が多いけど、わが家は地震で家が倒れないかしら・・・?」

「雨漏りする時があるけど、大丈夫かしら・・・?」

「屋根のリフォームっていくらくらいかかるのかしら・・・?」 などなど、

住まいの屋根のことで、不安や悩みがいっぱいあるにも関わらず、

「気軽に相談できるところがない・・・」 そんな風に思っている方が多いみたいです。

で、少しでも そんな不安や悩みから解放される一助になれば・・・そんな思いから企画しました。


IMG_1571
最初は緊張気味でしたが、リフォームの施工方法や屋根材の説明では、水を得た魚・・・。身振り手振りも加わり絶好調!

IMG_1581
質問コーナーでは、屋根裏の結露の解決策として「換気棟」を紹介。実物の換気棟をお見せして、結構マニアックな話まで。


価格が気になる方は、「おおよその価格がわかる小冊子」や、

工事価格や工事日数が掲載された、弊社の施工事例集など、熱心に見ていかれました。

「1時間半も喋れんゾ!」と言っていた社長ですが、気がつけば30分オーバーです  

反省することも多々ありますが、何はともあれ、今は「ほっ」としています。


今後も、地元の皆さんの 少しでもお役にたてるよう、コツコツと続けていきたいなぁ~と思っております。


scroll-to-top