外装

結露を防いだり、2Fの暑さを和らげたりする「換気棟」

2020年11月4日|カテゴリー 「屋根」 「恵子

こんにちは いつもありがとうございます。寒くなって、毎朝 着るものに悩む恵子です 

ここ10年位、毎朝20分くらい軽い体操をしているのですが、

数日前から「朝のテレビ体操」(6:25~6:30 NHK)を加えました。

ほんの軽い体操 とラジオ体操をするだけなのですが、

軽い筋肉痛ってどういう事だぁ~~~(涙) 大丈夫か?私! もっと体動かさねば・・・



さて さて、先日 作業場で社長と菅沼君が・・・

IMG_4952
IMG_4953

「換気棟」を前に、説明書をひろげ、ああでもない・・こうでもない・・とお話中。

「換気棟」とは、屋根裏の湿気や熱気を輩出するために、屋根の棟(屋根のてっぺん)に取り付ける換気部材のことです。

暖かい空気は上へ上へ行くので、電気などの動力を使わなくても、結構、びっくりする程の熱気が噴き出されるんだそうです。

  弊社施工例 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_36391

カラーベストカバー工法で換気棟施工中
IMG_37272

換気棟施工 完了!!


こんな風に「換気棟」は屋根のてっぺんに穴を開けるので、
雨が入ってきてしまうのでは?と心配になりますが、

雨水が侵入しないような仕組みになっていることと、水切りや防水テープで雨仕舞をしっかりと行うことで雨漏りを防いでいます。

腕の見せどころ・・・というか、丁寧な施工が大事ということです。

今回は設計士さんの意向で、普段弊社が使っていない「換気棟」だったので、社長と菅沼君が取付方法の確認をしていたわけです。

冬場の屋根裏の結露が心配だったり、夏の2Fの暑さが気になる方は

どうぞお気軽にご相談くださいませ。


倉庫屋根・外壁鈑金工事

2019年11月25日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「外装」 「屋根リフォーム
こんにちは浅井です!

お久しぶりの投稿になります

色々と忙しくて中々更新出来ずにいました・・・。

寒くなり、いよいよ冬の到来となりました。

今、紅葉が見頃を迎えています

この辺では、鳳来寺山か香嵐渓が紅葉のスポットですが

先日、後輩が香嵐渓に紅葉を見に行ったのですがたどり着くまでに4時間以上かかったそうです・・・

大渋滞でほとんど車が動かなかったようです。

ライトアップを見に行ったので、余計に混んでたのかも知れないですね。

時間に余裕を持って出かけたいですよね。

時間かけて来た甲斐があるくらい紅葉が見事だったそうですが

散る前に是非とも見たいですよね。

さて、今回は倉庫の板金工事をご紹介します!

木造で造られた倉庫の屋根と外壁を鈑金で納めていきます。
倉庫鈑金
倉庫鈑金
屋根は小波付で、外壁は成型角波で貼っていきます。

形が四角いのでとても工事し易く、時間をかけずに工事ができました。
before
倉庫鈑金
vertical
after
倉庫鈑金
before
倉庫鈑金
vertical
after
倉庫鈑金
倉庫鈑金
これが小波付と言う葺き方になります。

波トタンを綺麗に重ねて葺いて行きます!


木だとやはり日が経つと腐ったりしてきます。

ガルバリウムの鋼板で貼ればとても長持ちするのでとてもお勧めです

お施主様も大変喜ばれていました。

建造は倉庫も家もなんでも板金工事出来ちゃいますので、お気軽にご連絡くださいませ。

ではまた次回

寒くなりますので、体調管理には十分お気を付け下さいませ

屋根・外壁大改修工事

2018年4月2日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「外装」 「屋根リフォーム

こんにちは浅井です!

桜もいよいよ散り初めになってきました

満開を楽しめるのも、1週間くらいでしょうか?

短い期間ですが、あんなにも沢山の人を魅了させるなんて、桜は凄いですよね

さすが、日本を代表するだけありますね!僕には魅了するものがないので、ちょっと桜に嫉妬しちゃいます(笑)

なので、最近ジムに通うようにしました!

昔のように、スリムな筋肉をつけようと思いまして・・・

年齢を重ねて、腹がちょびっと出てきてしまったので、今からしっかりと鍛えなおそうと思います

三日坊主にならなければいいのですが・・・



さて、そんな事は置いといて、いよいよ改修工事も完了致しました。


外壁リフォーム


屋根外壁リフォーム



ひどく傷んでいた所もこの通り


屋根外外壁リフォーム


屋根外壁リフォーム


屋根外壁リフォーム
屋根外壁リフォーム



羽目板のあった妻の部分も、角波を張ってスッキリしました!

1ヶ月ちょっとかかりましたが、腕選りの職人さん達のお陰で、無事に工事が完了できました

写真ではわかり辛い部分もありますが、本当に新築のような感じになっています!

お施主様も、「新築のようでびっくりした、自分の家ではないみたい」と大絶賛されていました!

僕も本当に工事をしてよかったと、心から思いました

k様本当にありがとうございました



このような、リフォームも建造では行っていますので、何かありましたらまず建造にご相談ください!

もちろん、それ以外でも結構ですので

どしどし、ご連絡くださ~い

では、また再来週に次の工事をご紹介致します!

今度は、「ルーガ」と言う屋根材を使った工事です!

お楽しみに。




屋根・外壁・板金工事

2018年3月19日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「外装」 「屋根リフォーム

こんにちは浅井です!桜も所々咲いていますね

まだ満開とは言えませんが、来週には満開になるかも知れませんね!

桜の季節になると、卒業・入学シーズンの到来ですね

僕の兄貴の子も(姪っ子)いよいよ来週卒園式です

まだ最近までは小さかったと思っていたのに、あっという間に小学生ですよ~

本当に、月日が流れるのは早いですよね

こんなに早いと、自分の年もどんどん上がっちゃうじゃないですか。

誰か、年齢の止まる装置の発明をお願いします・・・



さて、年齢は止まって欲しいですが、工事は止められません


毎週のように、ご紹介して参りました改修工事も、いよいよ仕上げの段階まで来ました!

今回は板金工事です!



破風板板金巻

この破風板が・・・


破風板板金巻

はいドン! しっかりと板金で巻きました!これで腐る事もなくなります。



外壁張替

外壁も・・・


外壁成型角波張

この通り!成型角波を張りました!



雨樋取替
雨樋取替

雨樋もピカピカの新品にしました!

まだ、途中の段階ですが、やはり改修前と比べると、雲泥の差ですよね。



外壁張替工事施工前

↑改修前の写真


まるで、新築になったようだと、何度もお施主様が言っておられました!

確かに、僕が見ても新築のようにピカピカです

工事もいよいよ最終です!残りの工事も、気を抜かずに最後までやり遂げたいです

簡単に説明しましたが、何となく変貌していく姿がわかるでしょうか?

では、また次週まで。





瓦屋根葺替工事

2018年3月12日|カテゴリー 「外装」 「屋根リフォーム

こんにちは浅井です!春も本番に近づいてきました。

先日、犬の散歩(黒柴♀14歳)をしていたら、家の畑にある梅の木が綺麗な花を咲かせていました。

この、梅の木なんですが、ただ実がなるのではなく、受粉しないと実がならないんだそうです・・・

今まで生きてきて初めてその事を知りました。

僕だけなのかも知れませんが・・・

受粉させるためには、ミツバチなどの虫達が必要不可欠なんですね

去年も沢山梅が採れましたが、今年も豊作になる事を願っております!

さて、前回に続きまして、今回は瓦葺の工事に入っていきます!


瓦屋根改修工事

瓦屋根改修工事


写真は瓦屋さんが瓦を葺く為の下地を取り付けている所です!横桟とも言いますが、これがないと瓦が葺けない訳です!

今までは、瓦を葺く為に土を使用していましたが、最近は土を使わず、この横桟(よこさん)に引っ掛けるだけに変わりました!

土を使わない分、屋根の重量も大幅に軽くなります!ちなみに、平瓦限定になりますが・・・


屋根改修工事

きっちりと下地が完成しました!揃っていて、とても気持ちいいですよね

下地が完成したら、いよいよ瓦の搬入です!


IMG_6166


IMG_6165



ダンプで搬入している所です!新品の瓦がお目見えしました!今回はいぶし瓦を使用します!

瓦にも陶器、いぶし、日本瓦と3種類位あります!瓦にも色々種類があるんですね。
屋根改修工事


屋根改修工事



瓦を屋根まで運び、一枚一枚ずれの無いように慎重に葺いて行きます!

この瓦をタワーと言うワイヤー式(自動巻)のハシゴで屋根上まで運びます!

人の手で上げるのはさすがに辛いです・・・タワーが世に出るまでは全て手上げだったようですね・・・非力な僕では耐えられません。


屋根葺替工事

屋根改修工事

屋根改修


屋根改修工事



テンポよく葺いて行き、下屋根の瓦も葺けました!さすが職人さんです!素晴らしい!


瓦葺替

瓦葺替


平瓦が葺き終わると、今度は棟・隅棟・ノシ瓦の仕上げに入っていきます!一段一段こちらも慎重に積んでいきます!



瓦屋根葺替工事

瓦屋根葺替工事


こんな感じに、隅棟も積めました!角に見える上向きに反っている瓦を別名「鳶(とんび)」と言うそうです!

何となく、とんびが羽を広げているように見えなくもありませんが・・・皆さんはどう思いますか?

瓦葺はやはり人の手なしでは葺けないものなんですね!新築の瓦屋根が少なくなっている現代・・・


この素晴らしい技術を一人でも多くの方々に知って頂きたいと、切に願います。


今回はここまでで!では、また来週~




scroll-to-top