外壁リフォーム

レンガ調や石積調の外壁をベタっと単色ではなく、多色仕上げの外壁塗装

2022年4月25日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。

今日は窯業系(ようぎょうけい)サイディングの塗装の話です。

窯業系サイディングは、レンガ調や石積調など多彩なバリエーションがありますが、
凸凹や多色プリントなどの技術の進歩で、本物と見間違うようです。

そんな外壁を塗装リフォームする時、
一色でベタっと塗ってしまうのは、ほとほと残念ですよね。

そこで、多色を使った塗装方法があるのですが、ご存じでしょうか?


2022_04_25_15_46_29_238_0-e1650869394228
2~3色を使って、こんな仕上がりになります。

先日、屋根カラーベストカバー、外壁塗装を施工させて頂いたM様邸で

玄関廻りを多色遣いで塗装させていただきました。
2022_04_04_16_40_13_731_4

風合いのあるとても素敵な玄関廻りに仕上がりました。

ちなみに、玄関廻り以外の、外装リフォーム施工前・施工後です。 ↓ ↓ ↓


2022_01_07_15_09_12_112_0
   施工前
2022_04_04_16_40_13_729_2
   施工後
2021_12_27_17_57_35_269_4
   施工前
2022_04_04_16_40_13_733_8
   施工後
2022_02_24_15_15_55_675_0
   施工前
2022_03_03_18_13_21_915_0
   施工後

新築したようなきれいな住まいになって、とても喜んで頂けました。

「ぐっじょぶ」で取材を受けた現場②

2022年1月24日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。

先日の土曜日、自宅(西入船)から事務所まで、自転車で来てみました。

約4kmの道のりで、グーグルマップでは20分とでましたが、30分ほどかかりました。

運動不足解消のため、これから時々自転車通勤しようかなぁ~~~


さて、「ぐっじょぶ」取材第2弾です。(2弾しかありません・・)


2021_12_08_12_05_23_942_3
施工前
2021_12_14_16_35_15_665_1
施工中
2021_12_28_11_37_47_994_1
施工後

今ある外壁(窯業系サイディング)は撤去しないで、その上に胴縁の下地を作って、

新しい外壁材(ガルバリウム鋼板製の成型角波)を張りました。

窯業系サイディングの外壁のリフォーム方法は、
①塗装 ②重ね張り ③張り替え の3つの施工方法があります。

それぞれ長所・短所があるのですが、
弊社では、①塗装か、②重ね張りが多いです。





「ぐっじょぶ」取材を受けた現場です

2022年1月13日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。

数日前から目がむずむず痒いです・・・まさか、もう花粉!? 


ティーズTVの「ぐっじょぶ」で弊社を取り上げて頂きました。
(今月はちょくちょく再放映していただいてます。ありがたいことです)

今日はその中で、取材された現場を一つご紹介しますね。
ちなみに、外壁の張り替えの工事です。


2021_10_16_14_52_27_687_3
施工前
2021_10_16_14_52_27_686_2
木目のトタンの外壁でした
2021_10_16_14_52_27_686_1
2021_12_13_13_58_18_063_0
施工中
2021_12_13_13_58_18_064_2
佐々木君が取材をされています
(右上の方がカメラマンです)
2021_12_28_13_53_26_608_4
施工後
2021_12_28_13_53_26_607_2
ウォール8というガルバリウム鋼板製の成型角波です
2021_12_28_13_53_26_606_1
色はゴールドです

トタン外壁のリフォーム方法は、
①塗装 ②重ね張り ③張り替え の3つの施工方法があります。

それぞれ長所・短所があるのですが、
弊社では、③の張り替えをおすすめしています。

理由はコチラ→をご覧くださいませ。


車庫外壁修理工事

2021年3月16日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「現場から

車庫に車が追突したそうです。

保険を使って修理させて頂きました。


2021_02_19_09_57_15_949_1
施工前
2021_02_19_09_57_15_950_5
施工前・細部
結構酷いです。
2021_02_25_16_09_00_168_0
施工後
2021_02_25_16_09_00_170_3
中もきれいになりました。



第三の外壁材、現る。

2021年3月15日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。

昨日は息子がラジオに出演?させて頂きました。

少し心配でしたが、上手に話を振ってくださり事なきを得ました。ありがとうございました。

ラジオ終了後は、前に勤務していた会社の会長さんや社長さんからも電話を頂いたり・・・で、

改めて、今までを振り返り、いろいろ感謝したのではないでしょうか。



さて、先日LIXIL(リクシル)さんより「WALL-J」という樹脂サイディングを紹介頂きました。




SCAN0234
第三のサイディング
SCAN0235
少し輸入住宅風の外観。30年メンテナンス費用がかかりません。
IMG_52201
   カラーは全9色



樹脂サイディング「WALL-J」とは、

アメリカ・カナダで50年を超える実績があって、「丈夫」「軽い」「色褪せしにくい」

窯業でも、金属でもない、 樹脂素材の外壁材です。

色褪せ保証は、なんと 30年! だそうです。

今までも、外壁塗装の代わりに「金属サイディング」や「成形角波」を重ねて張ると

20年位はリフォームしなくていいので、長い目で見るとお得でしたが、

この「WALL-]は、さらに30年間メンテナンス費用がかからないとのこと。

まだ、日本では新しい外壁材で、

弊社でも取り扱ったことがないのでカタログ上のことしかわかりませんが、

興味がそそられた方は、お気軽にご相談下さい(私たちも一生懸命勉強します)





scroll-to-top