外壁リフォーム

工事前の色決めの方法

2019年2月5日|カテゴリー 「」 「外壁リフォーム
こんにちは。火曜日担当の剛です。
いつも施工後の写真を取り忘れてしまいブログネタに困ってしまいます…
ですので今日は少し変わった視点から塗装工事を紹介してみようと思います。
before
施工前
塗装工事前の写真です。
horizontal
after
施工後
そしてこれが塗装後の写真です。
いきなりビフォーアフターの写真で申し訳ございません。
黒ずんでしまっていた外壁はキレイな白色になり、パラペット部にはポイントでネイビーにしています。

一言で言ってしまえばこれだけなのですが、やはり、色決めで悩まれる客様がたくさんいます。
あれこれ想像しながら考えるのが楽しい時間ですが、悩みすぎは精神的によくありません。笑

今日は色決めの様子を紹介します。
塗装色見本
まずはここからスタートです。一体全部で何色あるのでしょうか?
塗装の工事をしたことがあるお客様は見たことがあるかもしれません。

そしてもしかしたら業者さんによってはこれだけ渡してあとはお客様に任せっきりなんてこともあるかもしれません。

単純に屋根・外壁・雨樋・雨戸等々と考えると塗装する部位というのはそんなに多くありません。
なので選択肢がありすぎると自分で全て決めるんだ!というお客様でも途方にくれてしまいそうです。



そこでまずは既存の色と似ている色をこの中から探し出します。

弊社のお客様はあんまり冒険せずに既存の色と似た色を選ばれた方がほとんどでしたので、
既存の色より少し明るい色だったり、少し暗い色だったりを3~4色ほどピックアップします。





色見本
色見本
だいぶ大きくなった色見本の登場です。
少しはイメージしやすくなったかと思います。この段階で色が決定するお客様もいらっしゃいます。

しかし、まだまだ迷いたいというお客様のために、パソコンを使って実際の色品番で塗りつぶすことも可能です。
加工なし
まずこちらは加工前のそのままの写真です。

加工後
こんな風に、帯の色を黒くしてみたり
加工後
黒い外壁で重厚感はばっちりです。
加工後
1階と2階を塗り分けて2トーンカラーもできちゃいます。
これだとかなりイメージしやすくなったと思います。
これで決まらなかったらもう色を塗ってみるしかありません。笑

ただどうしても画像となってしまうので、微妙な色の違いを表現するのは難しいです。




万全な体制でお客様の塗装工事をサポートさせて頂きます。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

台風被害の修理工事

2019年1月8日|カテゴリー 「」 「外壁リフォーム
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
火曜日担当の剛です。
例年だと1月の仕事始めはどこかゆったりした雰囲気なのですが、今年は去年の台風の影響かどこか慌ただしい雰囲気で一年スタートです。

今日のブログでは台風被害の外壁の補修工事を紹介します。
before
施工前
風で外壁が剥がれてしまっています。
horizontal
after
施工後
成型角波を貼りました。
台風被害でよくある、樋が取れてしまった…やカーポートの屋根が飛ばされしまった…というような事例より
外壁が剥がれてしまった…のほうが漠然と被害が甚大なような気がしてしましますが、
色が違ってしまうのをご了承頂ければ、案外手軽に補修が可能です。

この度はありがとうございました。

新城市 窓改修工事のご紹介です。

2018年7月17日|カテゴリー 「内装リフォーム」 「」 「外壁リフォーム
こんにちは。火曜日担当、そして窓廻りマイスターの剛です。
今日は窓廻りマイスターにちなんで窓廻りの改修工事の現場をご紹介します。



ズバリ、窓は住宅の快適性=断熱性・遮熱性において非常に重要な箇所であります。
断熱・遮熱の言葉の意味は小難しいところがあるので、省略致します。

簡単にいうと断熱性・遮熱性が高い住宅のほうが低い住宅に比べると、
夏は涼しく、冬は暖かく暮らせます。

窓・断熱遮熱
YKKAP様のホームページよりお借りしました。
画像のそのままの意味の説明になってしまいますが、

断熱性・遮熱性が低い住宅の場合(一枚板のガラス等)
夏は直射日光の約7割が窓から家の中に侵入し、冬は窓から約5割の熱が逃げ出してしまいます。

これでは今の季節にどんなに冷房を強くしても、部屋が涼しくなりにくいのも頷けます。
今回、窓の改修工事をさせて頂いたお客様の施工前の写真です。
青山様施工前
築100年以上経過した立派な住宅です。

青山様施工前
もちろん窓は単板のガラス。
木のサッシのためアルミサッシに比べると気密性もありません。
アルミサッシへの改修工事スタートです。
その前にこちらを御覧ください。
窓比較表
窓の断熱・遮熱性能の比較表です。
高性能の順に複層ガラスのLOW-E、次いで通常の複層ガラス、単板ガラスになっています。

今回使用したのは真ん中の通常の複層ガラス。
値段・機能共にバランスがとれたタイプの窓ガラスです。
青山邸施工後
綺麗なホワイトのアルミサッシを入れました。
青山様邸施工後
今回はペアガラスの型ガラスです。
(昔でいうスリガラスで透明ではありません)

これでプライバシーの保護もバッチリです。
青山様邸施工後
型ガラスの曇り具合をご確認ください。
これでカーテンは不要です!笑
外から見る雰囲気もだいぶ変わったのではないでしょうか?

今まで遮熱性・断熱性について話してきましたが、実は今回のお客様の問い合わせは
台風の時等に今のままでは不安だから…というものでした。

これで割れません!っていうことはガラスですので不可能ですが、昔ガラスと比べると強度はアップしています。

単板のガラスも検討しましたが、せっかくなので複層のガラスを提案させて頂きました。


A様この度はお世話になり、ありがとうございました。

新城市の現場紹介です。

2018年7月10日|カテゴリー 「」 「外壁リフォーム
こんにちは。火曜日担当の剛です。
今日は新城市の現場を紹介します。



とにかくバイクを入れる車庫が欲しいということでご相談を受けました。
山崎様施工前写真
まずは、車庫を作る場所の選定から。

山崎様施工前写真
狙いは写真右側のバルコニー。
壊せば一間の間口ができます。
山崎様施工前
外壁のトタンを剥がせば、シャッターが取付られそうです。



そうと決まれば早速バルコニーの解体です!!!!
山崎解体後
バルコニーの解体後の写真。
翌日が雨予報だったため、お客様とご相談をし砕石を敷きました。

山崎柱補修後写真
解体後です。柱が腐っていたため補修をします。

山崎砕石敷き完了
玄関のアプローチタイルの小口も
しっかり施工予定です。
山崎シャッター下地完了
シャッターの取付下地が完成致しました。ここまで来たらシャッターの取付を待つのみです。
ただ、シャッター業者さんの採寸が下地完成後になりますので、しばらくお時間を頂くことになります。





連日の雨でシャッター業者さんなかなか大変な様子です。

工事が完了したらまた紹介致します。

塩瀬公民館軒天改修工事

2018年6月26日|カテゴリー 「」 「外壁リフォーム



世間ではワールドカップ一色ですね。
サッカーのことは全く詳しくありませんし、ワールドカップも始まるまで興味はなかったのですが、
現在1勝1分の勝ち点4!こうなれば、応援しない理由がありません。笑
次戦のポーランドも強敵みたいですが、引き分け以上の成績で決勝トーナメント進出を決めてもらいましょう!
28日水曜日23時キックオフです。ガンバレ!ニッポン!

こんにちは。前置きが長くなってしまいました!
火曜日担当の剛です。
ブログの書式が変わって三回目の投稿となります。
だいぶ慣れてきましたので、こだわっていこうと思います!笑


今日のブログは軒天改修工事をご紹介します。




軒天とはというところから説明していきます。

軒天とは屋根と外壁の取り合いのことを言います。
垂木や野地板を隠す役割や、火災の時には屋根裏までの延焼を防ぐ役割があると言われています。

さらに軒先として考えると、雨水が直接外壁に当たる範囲を狭くして
外壁の劣化を防ぐ役割があります。

馴染みは薄い軒天・軒先ですが、重要な役割を担っている部位でもあります。








過去の現場で分かりやすい写真がありましたので、そちらの写真でまずは説明していきます。
軒天参考写真
古くなった軒天の写真です。
木の板が張ってあることが多いです。
劣化して化粧面が剥がれかけてしまっています。

軒天参考写真
こちらはキリヨケの軒天です。
更に劣化が進み、完全に剥がれ落ちてしまいました。
before
軒天参考写真
horizontal
after
軒天施工後
成型角波を張る施工後の写真です。
これで劣化し、剥がれてくる心配もございません。

既存の板もなるべく剥がさず上張りでの施工です。
before
軒天施工前
horizontal
after
軒天施工後
木目の成型角波を使用しました。
様々な色、柄からお好きな物を選んでいただけます。

外壁の色等を参考しながらコーディネートを考えるのも
楽しいかもしれませんね。


ただ、色褪せはしますので
定期的なメンテナンスは必要です。
塩瀬公民館


さてさて度々、ブログで登場している塩施公民館です。
少し分かりにくいですが、軒天に注目してみてください。
こちらも、木の板が貼ってあったため、劣化で剥がれてしまっています。


早速施工開始です!!


軒天施工中
今回は二人での施工です。
押さえる人、固定する人とで
協力して行います。

赤いヘルメットは16歳タクトくん。

一生懸命頑張っています。
軒天施工後写真
一日で工事完了です。
今回は白い成型角波を使用しました。
軒天施工後
今回は白い成型角波を使用しました。



ご覧の通り軒天のリフォームは非常にお手軽に進めることができます。
ただ、足場がないと大屋根の軒天は施工が難しくなってしまうことがほとんどです。

軒天のためにために足場を組むのは少しもったいないような気がします。
ですので、屋根の葺き替え工事や塗装工事等で足場を組んだ時のプラスアルファとしてオススメです。



もちろん、下屋根等足場なしでの施工可能箇所もございます。
気になった方、お気軽にお問い合わせくださいませ!!




scroll-to-top