工事前の色決めの方法

2019年2月5日|カテゴリー 「」 「外壁リフォーム
こんにちは。火曜日担当の剛です。
いつも施工後の写真を取り忘れてしまいブログネタに困ってしまいます…
ですので今日は少し変わった視点から塗装工事を紹介してみようと思います。
before
施工前
塗装工事前の写真です。
horizontal
after
施工後
そしてこれが塗装後の写真です。
いきなりビフォーアフターの写真で申し訳ございません。
黒ずんでしまっていた外壁はキレイな白色になり、パラペット部にはポイントでネイビーにしています。

一言で言ってしまえばこれだけなのですが、やはり、色決めで悩まれる客様がたくさんいます。
あれこれ想像しながら考えるのが楽しい時間ですが、悩みすぎは精神的によくありません。笑

今日は色決めの様子を紹介します。
塗装色見本
まずはここからスタートです。一体全部で何色あるのでしょうか?
塗装の工事をしたことがあるお客様は見たことがあるかもしれません。

そしてもしかしたら業者さんによってはこれだけ渡してあとはお客様に任せっきりなんてこともあるかもしれません。

単純に屋根・外壁・雨樋・雨戸等々と考えると塗装する部位というのはそんなに多くありません。
なので選択肢がありすぎると自分で全て決めるんだ!というお客様でも途方にくれてしまいそうです。



そこでまずは既存の色と似ている色をこの中から探し出します。

弊社のお客様はあんまり冒険せずに既存の色と似た色を選ばれた方がほとんどでしたので、
既存の色より少し明るい色だったり、少し暗い色だったりを3~4色ほどピックアップします。





色見本
色見本
だいぶ大きくなった色見本の登場です。
少しはイメージしやすくなったかと思います。この段階で色が決定するお客様もいらっしゃいます。

しかし、まだまだ迷いたいというお客様のために、パソコンを使って実際の色品番で塗りつぶすことも可能です。
加工なし
まずこちらは加工前のそのままの写真です。

加工後
こんな風に、帯の色を黒くしてみたり
加工後
黒い外壁で重厚感はばっちりです。
加工後
1階と2階を塗り分けて2トーンカラーもできちゃいます。
これだとかなりイメージしやすくなったと思います。
これで決まらなかったらもう色を塗ってみるしかありません。笑

ただどうしても画像となってしまうので、微妙な色の違いを表現するのは難しいです。




万全な体制でお客様の塗装工事をサポートさせて頂きます。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

カラーベスト棟改修工事

2019年1月29日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。火曜日担当の剛です。
1月もそろそろ終わろうとしていますが、なんと今年初めてのブログです。
あけましておめでとうございます。

今日のブログでは、カラーベストの棟の改修工事について紹介します。
台風24号の被害です。
施工前
風害により、カラーベストの棟が飛ばされてしまっています。
施工前
破損箇所はもちろんのこと、他の箇所もサビが進み劣化が進んでいます。
今回は一部の飛散のみですが同じように劣化が進んでいるため、次の台風での被害も考えられます。
そこで、飛散箇所のみではなく、棟全体の取替を提案しました。


施工中
古い鈑金と木材を撤去したら、新たに下地を取り付けます。
弊社では、木材ではなくタフモックというプラスチック製のものを使うことが殆どです。
木材と違い腐食することがありません。
施工中
つなぎ目はしかっりコーキングを充填します。
施工中
この通り3つのジョイントのピッタリです。
before
施工前
施工前の写真です
horizontal
after
施工後
施工後の写真です。

この度はありがとうございました。

台風被害の修理工事

2019年1月8日|カテゴリー 「」 「外壁リフォーム
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
火曜日担当の剛です。
例年だと1月の仕事始めはどこかゆったりした雰囲気なのですが、今年は去年の台風の影響かどこか慌ただしい雰囲気で一年スタートです。

今日のブログでは台風被害の外壁の補修工事を紹介します。
before
施工前
風で外壁が剥がれてしまっています。
horizontal
after
施工後
成型角波を貼りました。
台風被害でよくある、樋が取れてしまった…やカーポートの屋根が飛ばされしまった…というような事例より
外壁が剥がれてしまった…のほうが漠然と被害が甚大なような気がしてしましますが、
色が違ってしまうのをご了承頂ければ、案外手軽に補修が可能です。

この度はありがとうございました。

屋根の工事の比較

2018年12月18日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。火曜日担当のたけしです。
今日は先週に引き続き…と言いたい所ですが、操作ミスで先週のブログが投稿できませんでした。
気を取り直して、ブログを投稿致します。

まず、屋根のカバー工法の説明です。
ここは完結に。既存の屋根を撤去せずに新しい屋根を葺くことです。

屋根のカバー工法と言っても全ての屋根で施行できるわけではございません。

瓦屋根なんかは、一度瓦や土等を撤去しないと新しい金属屋根を葺くことはできません。

今日は屋根葺きの準備段階であるルーフィング敷までを比べてみたいと思います。


足場組完了
カバー工法の例です。
足場を組みます。

半日程で足場の施行は完了です。
棟撤去完了
不要な部分を撤去します。
撤去するものはたったこれだけです。
ルーフィング完了
ルーフィング敷きまで完了です。
ここまで約1日半です。
足場組
瓦屋根現場の例です。
足場を組んで…
瓦撤去
職人さん総出で瓦を下ろします。
瓦下ろし完了
一日掛かりで瓦下ろしを完了させます。
野地板施行
大工さんに野地板を張ってもらい、
ルーフィング完了
やっとルーフィングが完了です。
ここまで約4~5日の工期です。
ここまでで、工期や発生する産廃の量の違いは分かって頂けたかと思います。

しかし、最大の敵は工期や産廃ではありません。雨です。
雨養生
瓦を下ろした後は、たとえ雨予報でなくてもブルーシートを使い雨養生を行います。
ここからの工事は天気予報と睨めっこですし、もし雨漏りしたら…と考えると不安になります。

一方、カバー工法ならば原則既存の屋根はそのままなので、雨の心配もありません。
お客様にとっても工事中の煩わしさが少ないのは大きなポイントだと思います。
before
施工前
施工前の写真です。 棟の鈑金は撤去してしまった後です。
horizontal
after
施工後
施工後です。
もちろんキレイになりました。
before
施工前
瓦屋根でも同じです。
horizontal
after
施工後
葺き替えれば、軽くてキレイな屋根に生まれ変わります。
屋根の葺き替えとカバー工事を比較すると、工期が短い分カバー工法の方が工事金額を抑えられることが多いです。
葺き替え工事は古いものを完全に撤去してしまうので、気分的にはこちらの方がスッキリするかもしれません。

屋根のことで気になる方いましたら、お気軽にご相談ください。

トイレのクロス張替え工事

2018年12月4日|カテゴリー 「内装リフォーム」 「
こんにちは。火曜日担当の剛です。
今日はトイレのクロス張替え工事を紹介します。
5bc3d7b97e4ce4b1ff9a10b546052d2b-e1543915497679
私物が写り込んでしまっています…
施工前のトイレの写真です。
26c092e8a560abd326aadfc77050af89
ご自身で貼られた壁紙も剥がれてきてしまっています。
IMG_0244-e1543915857724
トイレを取り外しました。
IMG_0245-e1543915884994
破損させないように置いて置きます。
before
5bc3d7b97e4ce4b1ff9a10b546052d2b-e1543915497679
horizontal
after
IMG_0246-e1543916231906
床のクッションフロアを暗い木目調にしたため
シックな雰囲気になりました!
この度はお世話になり、ありがとうございました!
scroll-to-top