LIXIL プレアスHSの紹介です。

2018年11月20日|カテゴリー 「
こんにちは。火曜日担当の剛です。
今日は実際に工事をさせて頂いた現場のトイレ、LIXILのプレアスHSを紹介しようと思います。
before
施工前
まずはお決まりのビフォーアフターから。 昔からあるタイプのトイレです。
horizontal
after
施工後
今回使用したのはリクシルのプレアスHSです。
ぱっと見はそんなに変わらないと感じるかもしれませんが、実は便利になりました。
まずは、個人的に一番のオススメポイントでもある手洗い部分の紹介です。
写真でも分かる通り、単純に手洗い部分が大きく、広くなりました。しかしそれだけではありません。
施工後
なんとシャワー状で吐水するんです。これは結構満足度が高いハズです!
お客様にプレアスHSを提案する際は必ずこの部分を紹介します。
もちろん、お掃除機能も抜かりがありません。

施工後
少し分かりにくいですが、ボタンを押しながら持ち上げると便座がリフトアップします。
これで便器と便座の間もバッチリ掃除ができます。
リクシルのアメージュと比べると多少割高になってしまいますが、是非、オススメしたいトイレです。
この度はご依頼ありがとうございました。

雨樋改修工事

2018年11月13日|カテゴリー 「
こんにちは。火曜日担当の剛です。
今日は雨樋の改修工事の紹介をしたいと思います。

私達が普段の工事で多いのが雨樋の付け替え工事です。基本的には古くなったものから新品するというのが基本です。

今回も雨樋の問い合わせがあり、見させて頂きました。
施工前
入り母屋の立派な住宅です。
施工前
入り母屋なので雨樋があちらこちら複雑に付いています。
施工前
落口のアップの写真です。
複雑な雨樋が最終的には一本になってしまっております。

ちょうどその辺りから雨水が溢れることがあるようです。
詳しく聞くと新築時から溢れることがあったようです。
そう言われると多少、排水能力が無理している気がします。

そこで、マスの取付を提案させて頂きました。
施工後
真ん中の四角く見えるのが角マスと言われる雨樋の部品です。
施工前に使われていたP型集水器と比べて排水能力が高いため、溢れることはなくなると思います。

この度はお世話になりありがとうございました。

水廻りの提案の進め方

2018年11月6日|カテゴリー 「内装リフォーム」 「
こんにちは。火曜日担当の剛です。
今日は現場紹介をを少し離れて、水廻りの提案の仕方をご紹介したいと思います。

まずはお客様からお電話を頂きます。
その時はトイレを見てほしい、洗面台を見てほしい、お風呂を見てほしいぐらいの簡単なことを伝えて頂ければ大丈夫です。


お客様との予定を調整して現場を見に行かせてもらいます。
現調の際、聞かせて頂くのもそんな難しい内容ではありません。
リフォームを検討している理由だったり、使い勝手の話だったりが多いです。

その時にカタログなどを持っていくことも可能なのですが、色々な商品がありすぎて
逆に迷ってしまうことも…
(カタログが必要な方はご希望であれば持って伺うことも、もちろん可能です)


お客様の要望はを聞いたら、メーカーの方にプランニングシートを作ってもらいます。


提案書
実際に作ってもらったプランニングです。
古くなったトイレからの水漏れが原因で、交換を検討しています。

現状のトイレよりプラスアルファでのリフォームを希望していましたので、プレアスHSをご提案させて頂きました。
洗面台提案
もちろん洗面台でも作成可能です。
浴室提案書
そしてお風呂でも作成できちゃいます。
これだと、選択している仕様、カラー等がひと目で分かるのでイメージしやすいと思います。
トイレ提案書
新しい商品のイメージはもちろんなのですが
トイレ定価
お客様が選択している商品の定価もばっちり分かります。
カタログとの一番の違いは金額が分かりやすいとろです。
カタログだと、オプションを付けたりすると一気に金額が
分かりにくくなってしまいます。
リフォームするのに、お客様に専門の知識は必要ありません。
簡単なイメージさえ伝えて頂ければ、最適な提案をができるように準備致します。

契約段階では目に見えない商品を売るのが建築業界です。
その分、お客様は不安に思うことが小売業等と比べると多いかと思います。

少しでも不安を解消できるように日々頑張っております!
お気軽にお問い合わせください。

煙突にも施工可能です。

2018年10月30日|カテゴリー 「
こんにちは。火曜日担当の剛です。
台風被害の対応とすっかり忘れていたのとで、かなり久しぶりのブログの投稿になってしまいました。

最近のスタッフブログを見ると台風関連の話題が多かったため、
今日は台風とは関係ない施工事例を紹介しようと思います。


施工前
施工前
今日紹介するのは、煙突への成型角波張り工事です。
外壁以外にも施工できるのと思うかもしれませんが、施工できます。
水切りがあり、笠木があり、出隅の役物があったりと、外壁と同じ収めです。
実際に今回のお施主様宅も外壁と同じサイディングが張ってありました。


張ってあるサイディングが白系統なこともあり、汚れや劣化が目立ってきてしまっています。
施工前下部
特に煙突の下部は雨水の当たる量が多いため、顕著に劣化が進んでしまっております。
また新たにサイディングを張るのも選択肢の一つですが、今回は成型角波張りを提案しました。
色は屋根と合わせてブラックをチョイスです。
施工後
施工後
だいぶ雰囲気が変わりました。

施工後
最後の写真は青空をバックに。
台風、台風と言っていたのが嘘のようなキレイな青空です。

この度はお世話になりありがとうございました。

外壁改修工事のご紹介

2018年9月25日|カテゴリー 「」 「現場から」 「補修・修理
こんにちは。火曜日担当の剛です。
今日は新城市の外壁改修工事のご紹介をします。
外壁改修他工事
古くなったサイディングの外壁です。
遠くから見ると多少の色の違いがございます。
外壁改修工事前
近くで見ると塗装が剥がれてしまっております。

外壁改修工事前
先程の面を真横から見るとこんな感じです。
サイディングが浮いてしまっております。おそらくこの浮きから雨が侵入し、塗装が剥がれてしまったものと考えられます。

ここまで浮いてしまうと上張りでの工事は難しいので、一度サイディングを撤去する必要があります。
施工中
工事開始です。
まずは既存のサイディングを撤去していきます。


施工中
完全に下地が腐ってしまっております。

施工中
下地を打ち増しし、防水シートを貼りました。
これで防水はばっちりです。
早速、次のステップへ。新しい外壁材をどんどん貼っていきます。

完成までもう少し。
before
外壁改修他工事
horizontal
after
外壁工事施工後
施工後の写真です。
とてもキレイになりました。

出隅の役物は交換してませんが、違和感なく仕上がったと思います。


この度はお世話になり、ありがとうございました。
scroll-to-top