屋根リフォーム

カラーベスト屋根「カバー工法」をもっと快適にするために

2022年4月7日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。

弊社が得意の「カラーベスト屋根カバー工法」によるリフォームの話です。

「カバー工法」は断熱材が裏打ちされている屋根材を重ねて葺くので、
夏の部屋の暑さを防いでくれたり、雨音などが軽減されたりします。
なので、「カバー工法」だけでも快適な住まいになるのですが、
弊社では【 換気棟 】の設置を標準施工にし、さらなる快適さ向上に努めています。

【 換気棟 】とは、屋根裏の湿気や熱気を排出するために、
屋根の棟部に設けた換気(排気)部材のことです。

こんな風に施工します。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
IMG_36392
棟に熱気を排出するための穴を開けます。
2021_04_23_15_46_31_065_12
【 換気棟 】を設置します。
2021_04_23_15_46_31_064_10
棟カバーを施工します。
IMG_37273
 完成!!!

熱は上部に集まる性質があるので【 換気棟 】は屋根裏にこもる熱気を、
電気を使わずに自然排出してくれます。


IMG_25571
    結露でカビが生えてしまった屋根裏
e32b5c17facda752988014a588f0dbd1
    【 換気棟 】の仕組み

【換気棟 】は暑い夏は、室内温度上昇を抑制してくれますし、
逆に寒い冬では結露対策にもなります。



カラーベスト屋根のカバー工法の屋根材整理

2022年2月17日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。

最近ちょっと暖かくて油断をしていたら、
なんてことでしょう!朝から雪が舞っています。
くれぐれも風邪などひきませんよう、ご自愛下さいね。


さて、今日は カラーベスト屋根の
カバー工法用の屋根材サンプルを整理しておりました。

あ、「カラーベストって何だ?」「カバー工法???」って話ですが、

カラーベストはこんな屋根です。↓ ↓ ↓


IMG_4415
IMG_0124
それで、「カバー工法」とは、
こんな古くなったカラーベスト屋根を撤去しないで、
その上に、新しい屋根を施工していく方法です。

カラーベスト屋根のリフォームというと「塗装」が主流ですが、
「塗装」は、割れたり反ったりと、傷みが酷い屋根にはダメだし、
7~10年たったら また「塗装」しなければなりません(涙)
10年なんて、アッという間ですよね。

かと言って、撤去する「葺き替え」は、大変な工事になってしまします。
ただでさえ、天気や埃や騒音を気にしなくてはならないのに、
カラーベストにはアスベストが含まれている可能性があるということで、
撤去・処分に大変な手間と費用がかかってしまいます。

なので、「カバー工法」がおすすめなのです。
なんたって、「カバー工法」は
「塗装」の約3倍長持ちして、「葺き替え」の約半分の費用ですみますから。
このあたりの詳細は、こちらをご覧ください。⇒


カラーベスト屋根のリフォームには、
「カバー工法」という、こんな優秀な施工法もあるよ~!ってみんなに知ってもらいたくて…
今日は「カバー工法」用の屋根材のサンプルを整理したというわけです。


IMG_57171

これで相談されても、いつでもバッチリなので、
どうぞお気軽にお越しください。

カラーベスト屋根リフォーム徹底比較

2020年12月5日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です 

運動不足解消にスピンバイク(室内用の自転車)を買いました。

Amazonプライムで「鬼滅の刃」を見ながら25分ぐらい漕いでいます。

漕ぎ終わると足がプルプル・・・はい、頑張ります!


さて、先日お客様より

「カラーベストの屋根って、(塗装)と(重ね葺き)のどっちがお得?」って聞かれたので、

徹底比較をしました。(と言っても、カタログ丸写しなのですが、とても分かりやすいので)


SCAN0206



上の表を参考に、

今までのリフォームの状況や、屋根の状態、今後の予定などをお聞きして

最適なリフォームを提案することに努めています。

どうぞ、お気軽にご相談くださいね。



インスタ再開しました。

2020年10月23日|カテゴリー 「屋根」 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です 

最近 建造のインスタを始めました・・・と言うか再開しました

インスタはスマホからの投稿が基本らしく、うちは色々な写真が全部パソコンに入っているため厄介です。

それでも悪戦苦闘しながらも5、6 個投稿できたのですが、

それより何より、投稿の仕方より、インスタの見方がよく分かりません(涙)

以前は浅井君(退社しました)が投稿してくれていたので、

フォローとかフォロワーとかチンプンカンプンで、

さらに、名前がローマ字だったり、ニックネームだったりで・・・     

そんなわけなので、インスタで、もし失礼などありましたら、どうぞ大目に見てくださいませ。


IMG_49071-e1603414478298
2020_06_26_10_50_55_119_01
a4bba4b09da96baa0939854bbc8a9774
384e42a215de48a3f9c3dfc977c9fb76
2a5333dcaec45f9797a6884939597957

軽い屋根Part4(最後)

2020年10月14日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子
2020-10-14-e1602636891870


  こんにちは 恵子です。 先日、初孫の初運動会がありました。

  でもコロナ禍でパパとママ(2名)しか見学できないって・・・ 

  じいちゃんと2人で泣きました  

さて、軽い屋根材Part4 最後はROOGA(ルーガ)です。

ROOGA(ルーガ)は、外装大手メーカーKMEW(ケイミュー)が4年もの歳月をかけて、開発した、新しい素材の屋根材です。
※KMEW(ケイミュー)は、クボタと松下電工(現:パナソニック)の住宅外装建材部門が統合して設立した会社です。

ROOGA(ルーガ)開発秘話はちょっぴり感動です。

阪神淡路だったか、どの震災だったかは忘れてしまいましたが、地震で倒壊した家屋を目の当たりにし

「瓦を超えることが使命だと信じて」開発された屋根材だと聞きました。

日本人の心の原風景にはやはり「瓦」が宿っていて・・・でも地震に強い屋根はやはり軽いことが必要で・・・

厚くて軽くするために、

素材内に数多くの気泡を設けることが効果的だけれど、気泡を多く含めば素材内に水が浸入しやすくなってしまう・・・

さまざまな苦難に直面し・・・けれど、地震から少しでも住まいや人命を守りたい・・・

「瓦を超えることが使命だと信じて」その想いだけ・・・

そんな熱き思いからできたROOGAなのだそうです。



hd_lineup1
hd_lineup0011



ご覧の通り、厚くて重厚感があります。(瓦と同じ25mmです) けれど重さは瓦の半分以下です。

この厚さなら「瓦」をこよなく愛する日本人にも受け入れてもらえるでしょうか?

この重さなら地震の時、少しでも住まいや人の命を守ることに貢献できるでしょうか?

そんな想いが伝わってくるようです。かっこ良いです。熱き想いを知ったればこそ、なおさらかっこ良いです。

と、熱く語ってしまいましたが、ここで弊社の施工例をご紹介しますね。↓ ↓ ↓ ↓




j-001
IMG_64581
b-005
4-010

軽い屋根=金属屋根 以外にも、複合素材(ハイブリッドピフ)のROOGA(ルーガ)があります。

そうそう言い忘れましたが、数多くの気泡があると聞くと衝撃に弱いのではないかと思われがちですが、

このROOGA(ルーガ)、大人が木槌で叩いても割れません。

「軽い屋根がいいのはわかるけど、金属屋根はなぁ~」とお思いの方は、

このROOGA(ルーガ)をぜひ選択肢の一つに考えてみてはいかがでしょう?

先日も日曜日のお昼時に震度4くらいの地震がありましたよね。さっそく屋根が気になるとお問合せを頂きました。

屋根が気になる方は、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。




scroll-to-top