屋根リフォーム

屋根の工事の比較

2018年12月18日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。火曜日担当のたけしです。
今日は先週に引き続き…と言いたい所ですが、操作ミスで先週のブログが投稿できませんでした。
気を取り直して、ブログを投稿致します。

まず、屋根のカバー工法の説明です。
ここは完結に。既存の屋根を撤去せずに新しい屋根を葺くことです。

屋根のカバー工法と言っても全ての屋根で施行できるわけではございません。

瓦屋根なんかは、一度瓦や土等を撤去しないと新しい金属屋根を葺くことはできません。

今日は屋根葺きの準備段階であるルーフィング敷までを比べてみたいと思います。


足場組完了
カバー工法の例です。
足場を組みます。

半日程で足場の施行は完了です。
棟撤去完了
不要な部分を撤去します。
撤去するものはたったこれだけです。
ルーフィング完了
ルーフィング敷きまで完了です。
ここまで約1日半です。
足場組
瓦屋根現場の例です。
足場を組んで…
瓦撤去
職人さん総出で瓦を下ろします。
瓦下ろし完了
一日掛かりで瓦下ろしを完了させます。
野地板施行
大工さんに野地板を張ってもらい、
ルーフィング完了
やっとルーフィングが完了です。
ここまで約4~5日の工期です。
ここまでで、工期や発生する産廃の量の違いは分かって頂けたかと思います。

しかし、最大の敵は工期や産廃ではありません。雨です。
雨養生
瓦を下ろした後は、たとえ雨予報でなくてもブルーシートを使い雨養生を行います。
ここからの工事は天気予報と睨めっこですし、もし雨漏りしたら…と考えると不安になります。

一方、カバー工法ならば原則既存の屋根はそのままなので、雨の心配もありません。
お客様にとっても工事中の煩わしさが少ないのは大きなポイントだと思います。
before
施工前
施工前の写真です。 棟の鈑金は撤去してしまった後です。
horizontal
after
施工後
施工後です。
もちろんキレイになりました。
before
施工前
瓦屋根でも同じです。
horizontal
after
施工後
葺き替えれば、軽くてキレイな屋根に生まれ変わります。
屋根の葺き替えとカバー工事を比較すると、工期が短い分カバー工法の方が工事金額を抑えられることが多いです。
葺き替え工事は古いものを完全に撤去してしまうので、気分的にはこちらの方がスッキリするかもしれません。

屋根のことで気になる方いましたら、お気軽にご相談ください。

棟瓦補修工事(台風24号被害)

2018年12月10日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

本格的な冬の到来ですね東北や北海道ではすでに大雪の所も・・・

青森県の酸ヶ湯では121㎝の積雪だそうです!!!

この地方が121㎝もの積雪になったら、間違いなく大混乱になってしまいますね。

さて、今回は先々月この地方を襲った、台風24号の被害に遭ったお宅の工事をご紹介します。

この台風で瓦屋根の棟が大きくずれてしまいました。

凄まじい風の力の前には、かないません
棟瓦補修
大きく、ずれているのがわかります。
棟瓦補修
今にも全部崩れ落ちそうですよね・・・。
こうなると、やはりプロの方にやってもらうしかないです。

協力業者の瓦屋さんにお願いして、綺麗に積み直してもらうことにしました。


棟瓦補修
屋根に足場を作って、崩れそうになっていた部分をとって一枚ずつ積んでいきます。

簡単そうに見えて、じつは難しい作業なんです!
棟瓦補修
土を入れて、ずれないようにします。
棟瓦補修
手際がいいので、作業が早いです!
before
棟瓦補修
ずれてしまった瓦が・・・
horizontal
after
棟瓦補修
しっかりと元通りになりました!
お施主様もいつ落ちるかわからないと言う不安が解消されて、とても喜ばれていました。

協力業者さんの作業にはなりますが、建造ではこのような事も随時、承っておりますので、ご相談ください!

今年も残す所後2週間ちょっと、やり残しは今年の内に!

ではまた来週

倉庫スレート屋根カバー工事3

2018年9月10日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!北海道の地震はびっくりしました・・・

地震に台風・・・異常気象と言わざる負えないですよね。

地震で犠牲になられた方のご冥福を祈ると共に、早期復興が出来る事を願っています

さて、前回の続きですが、ケラバと棟包みのご紹介です。

ケラバ?棟包み?と言われても素人からしたら何なの?と思いますので写真で説明しますね!
カバー工事
ここがケラバと言う部分です。屋根の角の部分になります。
カバー工事
この前造ったケラバカバーがしっかりと付いています。
名前の由来は、形状がオケラの羽に似ている事からつけられたと言われています!似てますかね???(笑)
カバー工事
一直線に見えるのが棟カバーです!雨が入らないように被せます。

ボルトでしっかりと固定をして、強風で飛ばされないようにします。
色々な箇所にそれぞれの部品がつくんですね。

主に、見た目だけではなく、雨水を防ぐための水切りなんです。

一つ一つ重要な役割があります。

大分形になりましたので、来週は完成後をご紹介します。

大雨に台風とまだまだ油断はできません!

今の内に心配な所があれば手遅れになる前にご相談くださいね

きっとお力になれると思いますので!

ではまた来週

倉庫スレート屋根カバー工事2

2018年9月4日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!台風21号が接近しています。

今年は、台風の数も多いですが、日本に接近してくる数も例年より多いです。

今年の台風は日本がよほど好きなんですね

とにかく、21号の被害がないことを願うばかりです・・・

さて、先週に引き続きスレート屋根カバー工事についてご紹介します!

今回は、屋根材の方に入って行きます!

カバー工事
レッカーで荷上げをしている所です。
カバー工事
屋根材が長いので、レッカーなしでは運べません。
カバー工事
屋根上に並べて置きます。 この状態から、全て手作業で一枚ずつ屋根材を葺いていきます!
カバー工事
ボルトでしっかりと固定していきます。
しっかり固定しないと、飛ばされてしまいますのでここは慎重に下地に止めて行きます。
カバー工事
葺いた状態かこちらになります。 見た目から、丈夫さが伝わってきますよね
屋根が葺けたら、今度はケラバと棟包みを作っていきます。

こちらも全部手作業で作ります。

職人の腕の見せ所でもあります!
カバー工事
今回は、Rに曲がっているので、加工も大変でした。
カバー工事
一人では無理なので、みんなで協力して作っていきます!
屋根を葺いて終わりではないのです。

屋根には沢山の部位があるのです。

本棟、谷、下り棟、軒先、ケラバなどなど・・・

その部分ごとに水切りが存在します!

来週はケラバ・棟包みの所からご紹介しますね。

では、また来週

台風が近づいています。

2018年9月3日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。今日だけ月曜日担当の剛です。

いよいよ?今年も9月に突入です。毎年9月になるとお10月の富永神社の祭礼に向けての準備が始まります。
昨日も朝から一日お祭りモード!
ちょっと寝不足気味ですがあと一ヶ月気合も入れてがんばります!



またまた台風が近づいているようです…
この夏に何回台風関連のブログを書いたか分からないぐらいですが…
今回の台風は非常に勢力が強いみたいです。

台風で一番気になるのが住宅への被害です。
予想もできない被害が発生するのが台風の怖いところです。

台風の被害で一番お問い合わせの頂くのはポリカの屋根の破損です。
ポリカの屋根が風に煽られて飛んでしまった…云々は何度もブログでお伝えしましたので
今日は少し視点を変えて紹介します。
ポリカ屋根写真
どこにでもあるタイプのテラスの屋根です。
確かに経年劣化によるくすみ、継ぎ目の汚れの目立ちはありますが
まだまだ、屋根としての役目は果たしてくれそうです。
ポリカ屋根破損
しかし、一回の台風で台風で飛ばされてしまうこともあります。
ポリカ屋根写真
ではなぜこうなってしまったのか理由を考えてみたいと思います。
分かりやすいように写真を撮ってみました。

アルミの下地の屋根の場合、プラスチックのフックを使い屋根材と本体を固定します。
写真の一番右の列の灰色っぽいものが真新しいフック、
その左隣の列の黒っぽいものは古いプラスチックのフックです。

パッキンが薄くなり、劣化が進んでいるのが確認できるかと思います。
劣化したフックのときは少し力を入れて下から押し上げるように叩くと簡単に外れてしまいました。
ですので、台風の強風で煽られると飛ばされてしまうのにも納得できまよね。


お客様は普段、屋根の下側からしか見ることしかないのでパッキンの劣化に気づけません。
まだまだ大丈夫だと思っていたのに…というのはこんな一因もあるかもしれません。


(とは言いながらテラス屋根の場合は本体への被害を避けるため、一定の力が加わると屋根材が剥がれるようにできていま
す)


続いて紹介するのは雨樋です。
雨樋も台風で外れてしまったというお問い合せをよく頂きます。



雨樋破損写真
50356ccc3e82cebe994a245f720d745a-e1535959790153
外れてしまうのは、大抵雨樋と雨樋の継ぎ目の部分です。
普通の雨ぐらいなら正常に排水していたのに…となる予想外の被害かもしれません。
台風になり異常な雨の量が雨樋に流れ込むと水圧で外れてしまうこともあります。

竪樋の継ぎ目は清掃をできるようにしておくため、全ての継ぎ目をボンドで接着することはいたしません。
雨樋が新品ならしっかりしているので大丈夫ですが、劣化してくると水圧に負け外れてしまいます。

今一度、お住まいのご確認をよろしくお願い致します。
不安なことがあれば建造までお気軽にお問い合わせください。

scroll-to-top