屋根リフォーム

桟葺き屋根張替工事完了!

2019年6月24日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!

先週の金曜日に、弟の子供が産まれました

3450グラムのとても大きな赤ちゃんですが、昨日会ってきました!

小さくて本当に可愛くて、ついつい何でもしてあげたくなってしまいます笑

これで甥っ子、姪っ子合わせて5人になりました

お正月が大変になりそうです・・・笑

さて、先週に続き桟葺き屋根の張り替え工事が完了しました!

写真をご覧ください



before
桟葺き屋根
vertical
after
桟葺き屋根
before
桟葺き屋根
vertical
after
桟葺き屋根
before
桟葺き屋根
vertical
after
桟葺き屋根
見ての通り、ピカピカの新品の屋根に生まれ変わりました!

「ガルバリウム鋼板」の屋根材ですので、錆びる心配も穴の開く心配もこれで無くなりました!

お施主様も生まれ変わった屋根に大変喜ばれていました

この様に手をかけておけば、将来雨漏りに悩んだりする心配もなくなるのです!

桟葺きの屋根でお悩みでしたら、当社にご相談下さい!

来週は倉庫の屋根、外壁カバー工事をご紹介します!

屋根のカバー工法

2019年6月18日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。火曜日担当の剛です。
今日は桟葺き屋根のカバー工法の現場を紹介します。
IMG_0478
よく見る桟葺屋根です。
施工前
先日紹介した外壁に成型角波を貼らせて頂いた同じお客様です。
隣家とほとんどくっついています。
施工前
聞くと雨漏りもあるそうです。
ここまでサビが進んでしまうと所々の補修では雨漏りを止めることは難しいのです。
施工前
今回は重ね葺きなので
屋根を剥がさず上からラーチ合板を貼ります。

※写真はルーフィング施工後です。
施工前
施工前
before
施工前
horizontal
after
施工後
before
施工前
horizontal
after
施工後
この度はお世話になり、ありがとうございました。

瓦棒葺き(桟葺き)屋根張替工事

2019年6月17日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!

先週、庭先で蛍を見つけました!

今の時期にしか見られないのですが、綺麗な場所にしか蛍は居ません。

ここ数年、新東名の開通などで環境が大きく変わったので、全然見られませんでした。

またここに来たと言う事は、少しずつ環境が改善されて来たのかなと思いました。

綺麗な環境を壊さないよう、ポイ捨てなどをせずに一人一人が意識を持って行動してもらいたいと切に思います。

蛍も人も住みよい環境作りに努めたいと思いました

さて、今回は瓦棒葺き屋根の張り替え工事をご紹介します。

瓦棒とは・・・一般的な瓦棒葺き屋根には、心木となる棒(瓦棒)が入っています。
軒先から水を吸い上げてしまうと、その木が腐ってしまう。
それが最大の弱点でした。
瓦棒葺きは、この心木に全ての金属を固定しているため、ここが腐った状態で、強風にあおられたりすると、屋根がまるごと一面パコンとめくれてしまうのです。

昔の工法はこの様な葺き方がほとんどでした。

しかし、最近はハイテクな金属の屋根材が登場したおかげで工事もかなり楽になりました。




桟葺き屋根
こちらが瓦棒屋根です。
見たことあると思います!
桟葺き屋根
色あせて汚れています。
桟葺き屋根
まだ錆びてはいませんが、劣化はかなり進んでいます。
説明にも書かせてもらいましたが、錆びてくると木の部分が水を吸い、雨漏りに繋がってしまいます。

木を使わない屋根材が「ルーフ333」と言う物です!

当社HPの施工事例集にもこの屋根材を使った工事の写真がありますので確認してください!

工事内容は、まず既存の屋根を剥がしていく作業です!
桟葺き屋根
今回も恭兄と加藤のペアです

加藤も頑張って屋根を剥がしています!

木を取れば簡単に屋根材を剥がすことができます。

しかし、木がなかなか取れずに苦戦しました
桟葺き屋根
剥がすとこの様な感じです。

コンパネの上に防水シートが張られています。
桟葺き屋根
剥がし終えたらルーフィング(防水シート)を新たに前面に張ります。

加藤がしっかりと飛ばされない様に止めています!

なかなか手慣れた感じでした
桟葺き屋根
張り終えるとこんな感じです!
桟葺き屋根
すき間なく脹れています!
すき間があると雨漏りの原因になりますので・・・
ここまで出来たら、今度は軒先の唐草(水切り)を取付けていきます!

屋根材を納めるのにとても重要な役割がある物なんです!


桟葺き屋根
恭兄が取り付けています!
唐草を取付けたら後は屋根材を葺いて行くだけです!

完成はもうすぐです!

来週に完成後をご紹介します!

ではまた来週

久しぶりのブログです。

2019年5月14日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
かなり久しぶりのブログとなってしまいました。
火曜日担当の剛です。

本日はまだ施工中ですが、倉庫の屋根の葺き替えの現場を紹介します。
施工前
屋根と外壁の改修工事ですが、屋根の写真がありませんでした。
申し訳ございません…
施工中
施工中の一枚です。
新人の加藤くんが頑張っています。
施工中
まだ施工途中ですが、全体像です。
きれいになりました。

また紹介致します。

物置屋根カバー工事

2019年2月25日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!

この時期としては、とても暖かな1日になりました!

それと同時に、花粉も沢山飛散してきましたねー

僕は、ひどい花粉症なので、この時期が一番嫌いなんです・・・

今日、作手まで行きましたが、風が吹くとぶわっと粉が飛散しているのが見えました!

本当に勘弁してくださいって感じです

さて、そんな作手の現場ですが、物置の屋根のカバー工事についてご紹介します!

カバー工事ってなんぞやと言う方の為にここで詳しく説明してありますので確認してくださいませ

今回の問い合わせ内容は、物置の屋根がさびさびになってしまい穴が開いて、雨漏りしてしまうんじゃないのかと言う内容でした。


カバー工事
ご覧の通り、見事に錆びきっています・・・
カバー工事
これで
は不安になっても仕方ありません。
塗装すれば簡単なのですが、塗装では大体5~10年でまた塗り替え時期が来てしまいます。

しかし、板金の屋根ならば、錆びない穴あかないと、とても耐久性抜群なんです!

平均で20~30年は何もしなくても問題ありません。(環境にもよりますが)

カバーならば工期の短縮と、コストの削減に繋がります!

工程はまず既存の屋根の上に木で波板を止める下地を打ちます。


カバー工事
ちょっと分かりずらいですが、木の下地の上に波板を敷いて行きます。
カバー工事
ある程度並べたら、傘釘でしっかりと止めて行きます。
before
カバー工事
こんなに錆びていた屋根も・・・
horizontal
after
カバー工事
カバー工法で新品のような輝きを取り戻しました
案外物置の屋根の上は見ない物ですが、劣化すると錆びて来る物です。

そのまま放置せずに、大事な物ですので家と同じく大切にしたいものですよね

お悩みの方や、どうしたらいいのかわからない方は建造までご連絡ください!

ではまた来週
scroll-to-top