屋根リフォーム

軽くて、遮熱や断熱に優れた快適屋根材

2020年9月24日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 台風12号がそれてくれて、ホッとしている恵子です 


さて、引き続き軽い屋根のお話です。

トップバッター「かわら455」の次は、断熱材付きの横葺き金属屋根材の紹介です。


a50617bf46870a63d72d59dd9f208c00
loof_a_premium_img

断熱材付き金属屋根材といえば、

そう! カラーベスト屋根のリフォーム「カバー工法」によく登場するあの屋根材ですね。

でも「カバー工法」じゃなくても全然OKで使えます。


92fc176e8954fbd7eabf0560a9d44d8c-e1600921418496

断熱材付き金属屋根材は「ニチハ」さんと「アイジー」さんが有名です。

断熱性や遮熱性がいいので快適で、加えて遮音性も優れています。

もちろん瓦の10分の1ぐらいの重さしかないので、特に古い家の瓦の葺き替えリフォームには最適です。

純和風の入母屋の屋根に・・・とはいきませんが、洋瓦の家には最適だと思います。

気になる方はお気軽にご相談くださいませ。






威風堂々和風建築・・・でも屋根は軽いんです。

2020年9月9日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。 昼間は暑いけど、幾分秋めいてまいりました。

今日、9月9日は「重陽の節句」と言って、菊の節句で、長寿を祈る日なのだそうです。

 皆さまが、健康で長生きできますよーに!


さて、前回の続きで、軽い屋根のお話・・・

軽い屋根材、トップバッターは「かわら455」です。

一番の特徴は、何と言っても「和瓦そっくり」なこと。論より証拠! 下の写真をご覧ください ↓ ↓ ↓


y-020-1
IMG_24761
y-010-1
IMG_2477-1
ご覧の通り、見上げれば立派な入母屋の和風住宅です。

鬼瓦はじめ、数種類の棟瓦、軒先巴面戸、主棟巴・・・など付属部材もばっちりです。

で、重さは瓦の10分の1しかありません。

なので、築年数の経った、立派な入母屋の瓦屋根にお住まいで、地震が心配な方(長い!)

「かわら455」ならすべて解決! ご安心ください。


聞き飽きた?けど、地震に強い軽い屋根

2020年9月3日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です  台風10号が心配ですね。どうか大事になりませんように・・・。

って、9月1日、防災の日には軽い屋根のこと書こうって思っていて

「今日から9月!」って書いたのに、思い出さない私の頭も心配です 

4916be46a11848e68f2244f18bfda953

そもそも、「軽い屋根」が地震に強くって、「重い屋根」がダメってことではありません。

新築だったら、どんなに重い屋根でも、それなりに柱を太くしたり、壁を増やしたりすればいいのですから・・・。

問題は、「重い」屋根の「古い」家です。

特に昭和56年(1981年)以前の建物は、耐震基準があまいのです。

壁の量が不足していたり、バランスが悪かったり、接合部に金物が使われていなかったり・・・。

なので、うちで屋根の葺き替えの相談を受けると、

軽い金属屋根か、金属屋根より重いけど瓦より軽い「ルーガ」という屋根おすすめします。

軽い屋根なら絶対安心ってわけではありませんが、

うちで工事をされたお客様は

「(屋根を)新しくしてから地震があったけど、揺れがぜんぜん違いました」と仰っていました。


弊社には「重い屋根」と「軽い屋根」 とでは、地震の時、揺れがこんなに違いますよ

っていうのが一目瞭然でわかる模型があります。つまみを持って自分でゆらすんですけどね・・・

気になる方は、ぜひ揺らしに来てくださいね。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


app-077057400s1460764862


次回は、どんな軽い屋根があるか色々おしらせしますね。



軽くて地震に強い「かわら455」はこんな屋根材です。

2020年4月10日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子
こんにちは。恵子です 

コロナウイルスが大変なことになっていますね。

こんな時は、よく食べて、よく寝て、よく笑うことが大切だそうなので、

どうぞ 健やかに、穏やかにお過ごしください。


私はというと、2人の孫に癒されております。なので、免疫最強!!です。・・・きっと



HYXW7615-e1586504387233
孫ちゃま1号は、先日保育園に入園しました。
ずっと、泣きっぱなしで、おやつも給食も食べられないとか。
保育園から帰ってくるとこんな有様だそうです。





TXYW0168
孫ちゃま2号は、先日里帰りから帰ってきました。
時折見せるこんなお顔がたまりません~~( 
さて さて、今日は「かわら455」についてでした。


455
「かわら455」は、ガルバリウムという めっぽうサビに強い

鋼板を成形して作った屋根材です。

金属なので、瓦の10分の1の重さしかありません。

なので、柱や壁への負担が少なくてすむので、

地震の時は、揺れを小さく抑えます。


y-025-1

「かわら455」は和風住宅に最適です。








弊社施工事例

sekino5-21

棟(屋根のてっぺん)から軒先まで継ぎ目がないので、

雨漏りの心配がありません。
before
IMG_1668
horizontal
after
IMG_24551




before
a-026-2
horizontal
after
y-011-1




before
IMG_3163-1
horizontal
after
IMG_05582




いかがでしょうか? 瓦の10分の1の重さしかないのに、瓦と見間違う程の立派な出来栄えですね。

実物サンプルや、模型などありますので、いつでもお気軽におこしください。

屋根の改修工事のご紹介

2020年2月10日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。またまた久しぶりのブログとなってしまいました。
月曜日兼火曜日担当の剛です。

今日は屋根の改修工事についてご紹介致します。
施工前
桟葺屋根です。
遠くから見ると少し錆てしまっていますが、
まだまだ大丈夫そうにも見えます。
施工前
しかし、軒先を見てみると他より錆がまわり痛んでしまっているのが分かります。

軒先が錆びると台風など強風時に風が入り込み屋根が飛ばされる危険性が高くなります。
台風被害
一昨年の台風被害の写真です。
台風被害
屋根が飛ばされた等、被害が大きかったのは桟葺屋根が多かったです。
台風被害
今回のお客様も強風の際に不安だからと問い合わせ、ご依頼を頂きました。
施工中
今回は既存の屋根を撤去しました。

施工中
屋根を撤去したら、合板を張っていきます。
写真がありませんが、更にその上からルーフィングを張ります。

before
施工前
horizontal
after
施工後
いきなりのビフォー・アフターですみません。

キレイになり、これで強風の際も安心です。
この度はありがとうございました。
scroll-to-top