屋根リフォーム

倉庫スレート屋根カバー工事3

2018年9月10日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!北海道の地震はびっくりしました・・・

地震に台風・・・異常気象と言わざる負えないですよね。

地震で犠牲になられた方のご冥福を祈ると共に、早期復興が出来る事を願っています

さて、前回の続きですが、ケラバと棟包みのご紹介です。

ケラバ?棟包み?と言われても素人からしたら何なの?と思いますので写真で説明しますね!
カバー工事
ここがケラバと言う部分です。屋根の角の部分になります。
カバー工事
この前造ったケラバカバーがしっかりと付いています。
名前の由来は、形状がオケラの羽に似ている事からつけられたと言われています!似てますかね???(笑)
カバー工事
一直線に見えるのが棟カバーです!雨が入らないように被せます。

ボルトでしっかりと固定をして、強風で飛ばされないようにします。
色々な箇所にそれぞれの部品がつくんですね。

主に、見た目だけではなく、雨水を防ぐための水切りなんです。

一つ一つ重要な役割があります。

大分形になりましたので、来週は完成後をご紹介します。

大雨に台風とまだまだ油断はできません!

今の内に心配な所があれば手遅れになる前にご相談くださいね

きっとお力になれると思いますので!

ではまた来週

倉庫スレート屋根カバー工事2

2018年9月4日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!台風21号が接近しています。

今年は、台風の数も多いですが、日本に接近してくる数も例年より多いです。

今年の台風は日本がよほど好きなんですね

とにかく、21号の被害がないことを願うばかりです・・・

さて、先週に引き続きスレート屋根カバー工事についてご紹介します!

今回は、屋根材の方に入って行きます!

カバー工事
レッカーで荷上げをしている所です。
カバー工事
屋根材が長いので、レッカーなしでは運べません。
カバー工事
屋根上に並べて置きます。 この状態から、全て手作業で一枚ずつ屋根材を葺いていきます!
カバー工事
ボルトでしっかりと固定していきます。
しっかり固定しないと、飛ばされてしまいますのでここは慎重に下地に止めて行きます。
カバー工事
葺いた状態かこちらになります。 見た目から、丈夫さが伝わってきますよね
屋根が葺けたら、今度はケラバと棟包みを作っていきます。

こちらも全部手作業で作ります。

職人の腕の見せ所でもあります!
カバー工事
今回は、Rに曲がっているので、加工も大変でした。
カバー工事
一人では無理なので、みんなで協力して作っていきます!
屋根を葺いて終わりではないのです。

屋根には沢山の部位があるのです。

本棟、谷、下り棟、軒先、ケラバなどなど・・・

その部分ごとに水切りが存在します!

来週はケラバ・棟包みの所からご紹介しますね。

では、また来週

台風が近づいています。

2018年9月3日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。今日だけ月曜日担当の剛です。

いよいよ?今年も9月に突入です。毎年9月になるとお10月の富永神社の祭礼に向けての準備が始まります。
昨日も朝から一日お祭りモード!
ちょっと寝不足気味ですがあと一ヶ月気合も入れてがんばります!



またまた台風が近づいているようです…
この夏に何回台風関連のブログを書いたか分からないぐらいですが…
今回の台風は非常に勢力が強いみたいです。

台風で一番気になるのが住宅への被害です。
予想もできない被害が発生するのが台風の怖いところです。

台風の被害で一番お問い合わせの頂くのはポリカの屋根の破損です。
ポリカの屋根が風に煽られて飛んでしまった…云々は何度もブログでお伝えしましたので
今日は少し視点を変えて紹介します。
ポリカ屋根写真
どこにでもあるタイプのテラスの屋根です。
確かに経年劣化によるくすみ、継ぎ目の汚れの目立ちはありますが
まだまだ、屋根としての役目は果たしてくれそうです。
ポリカ屋根破損
しかし、一回の台風で台風で飛ばされてしまうこともあります。
ポリカ屋根写真
ではなぜこうなってしまったのか理由を考えてみたいと思います。
分かりやすいように写真を撮ってみました。

アルミの下地の屋根の場合、プラスチックのフックを使い屋根材と本体を固定します。
写真の一番右の列の灰色っぽいものが真新しいフック、
その左隣の列の黒っぽいものは古いプラスチックのフックです。

パッキンが薄くなり、劣化が進んでいるのが確認できるかと思います。
劣化したフックのときは少し力を入れて下から押し上げるように叩くと簡単に外れてしまいました。
ですので、台風の強風で煽られると飛ばされてしまうのにも納得できまよね。


お客様は普段、屋根の下側からしか見ることしかないのでパッキンの劣化に気づけません。
まだまだ大丈夫だと思っていたのに…というのはこんな一因もあるかもしれません。


(とは言いながらテラス屋根の場合は本体への被害を避けるため、一定の力が加わると屋根材が剥がれるようにできていま
す)


続いて紹介するのは雨樋です。
雨樋も台風で外れてしまったというお問い合せをよく頂きます。



雨樋破損写真
50356ccc3e82cebe994a245f720d745a-e1535959790153
外れてしまうのは、大抵雨樋と雨樋の継ぎ目の部分です。
普通の雨ぐらいなら正常に排水していたのに…となる予想外の被害かもしれません。
台風になり異常な雨の量が雨樋に流れ込むと水圧で外れてしまうこともあります。

竪樋の継ぎ目は清掃をできるようにしておくため、全ての継ぎ目をボンドで接着することはいたしません。
雨樋が新品ならしっかりしているので大丈夫ですが、劣化してくると水圧に負け外れてしまいます。

今一度、お住まいのご確認をよろしくお願い致します。
不安なことがあれば建造までお気軽にお問い合わせください。

新城市F様ポリカ屋根張替え工事

2018年8月21日|カテゴリー 「」 「屋根リフォーム
こんにちは。火曜日担当の剛です。

お盆休み明け自身初めてのブログ投稿になります。
皆様はお盆休みは如何かお過ごしでしたか?
僕は約10年ぶりにディズニー・シーに行ってきました。

天気が心配でしたが、なんとか天気にも恵まれ、楽しい時間を過ごすことができました。



ディズニーランド
ベストショットです!
ディズニーランド
ウォーリーを探せ。笑
さてさて本題に入ります。


先週末、朝晩は肌寒いぐらいの気温で一気に秋の到来かと思いましたが、今日はまた暑い日に逆戻り…
体調管理には十分お気をつけください。


今日は、またまた?新城市のポリカ屋根張替工事のご紹介です。
ポリカ屋根張替
木造のテラスです。
886fab5683c34ddd93f0a141a1a03303
施工前の様子。
経年の劣化で屋根材がくすんでしまっています。
通常であれば、そのまま屋根材を葺き替えるだけで大丈夫なのですが…
ポリカ屋根改修工事
下地がの木がかなり劣化してしまっています。
ポリカ屋根改修工事
下側からの写真です。
下地の劣化具合と、屋根材のくすみ具合が確認頂けるかと思います。
なので今回は下地のやり変えも提案させて頂きました。
これで、丈夫で綺麗な屋根に生まれ変わります。
before
ポリカ屋根改修工事
腐って、イマイチ信頼がなかった木の下地も…
horizontal
after
ポリカ屋根張替工事
古い下地は撤去し、やり変えが当初の予定でしたが、
あまりにも不安定のため、補強を入れました。
before
ポリカ屋根改修工事
horizontal
after
ポリカ屋根改修工事
屋根材のくすみがなくなり、明るくなりました。
F様この度はありがとうございました。

カラーベスト屋根棟カバー

2018年8月20日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!

お盆休みも終わって、いつもの生活に戻りました。

台風が多く発生していますね~

海水温が高いのと、今年は色々と異常気象なので不思議ではありませんが。

前回の台風12号被害に遭われたお宅の工事に行ってまいりました!

暴風によって棟のカバーが飛ばされてしまいました。


台風被害
見事に飛ばされてしまっています! やはり風の力は凄まじいですね・・・
台風被害
木の下地も劣化して腐っています。 これでは、釘で固定しても全く意味がありません。 じゃあどうすればよいかと言うと・・・
台風被害
この下地を取り付けます。 これはタフモックと言う物です。 プラスチック製の木材と言うわけですね! プラスチック製なので腐ることはないのです。 近年、このような素晴らしい材料がどんどん出ていますので、工事も大分楽になってきました。
台風被害
タフモックを取り付けたら、棟カバーを取り付けます。 もう飛ばされないように、念入りにビス止めを行います!
before
台風被害

horizontal
after
台風被害
完成後になります! しっかりと取り付けられました。
工事は、2時間くらいで終われました。

小さな事でもやっぱり知らんふりしていれば、大きなことになってしまいます。

放置せずに、気づいた事は何でもご相談ください!

万が一、台風によって、被害に遭われた方は建造までご相談くださいね!

まだまだ大きな台風が襲来する時期です!

油断せずに備えを万全にしておいてくださいね。

それよりも台風が来ない事を願いたいばかりです・・・

台風20号の動向にも十分注意してくださいね。

ではまた来週
scroll-to-top