スタッフブログ

お盆休み

2018年8月10日|カテゴリー 「恵子

お暑うございます。

わかっちゃいますが、この言葉しか浮かばない恵子です。 



さて弊社は 明日 11(土)~16(木)までお盆休みとさせていただきます。

なので今日は恒例の、掃除・・・賞与・・・、そして頂いたお中元による くじ引き争奪戦???!!!


IMG_4094

毎度のことながら、大盛り上がり 

何はともあれ、今年も前半戦、色々ありましたが、こうしてワイワイ終わることができホッとしています。




いつも思うのですが、こうした節目には、

職人さん、スタッフさん、お客様・・・感謝の気持ちが込み上げます。いつもありがとうございます。

さぁて、お盆休み、これと言ってたいした予定もないのだけれど、

お墓に行って、ご先祖さまにも、感謝の気持ちを捧げてこようっと。



新城市二本松M様 瓦修理工事

2018年8月9日|カテゴリー 「直子」 「補修・修理

こんにちは、直子です。

連日、猛暑猛暑で参ってしまいますよね~!

こんな暑い夏の年は台風が多く発生するかもと、テレビ番組で言っていました。

台風が来ると、修理などのご依頼をよく頂きますが、

その中でも多いのが「瓦のズレ」です。



瓦補修

↑ 見事にズレてしまった瓦の写真です。

被害具合にもよりますが、これくらいの物ならばその場で直します。


瓦補修

↑ ズレを直した写真です。

綺麗に直りました!



before
瓦補修

horizontal
after
瓦補修



でも、ズレが広範囲だったり破損が酷かったりすると、簡単に補修とはなりません。

瓦の積替えや葺替などのご提案をさせていただきます。


この三河地方では特に多い瓦屋根。

台風の被害のみならず、老朽化などによる問題などがありましたら、

どうぞお気軽にご相談ください。




新城市西入船T様畑整地工事

2018年8月7日|カテゴリー 「
こんにちは。火曜日担当の剛です。

日曜日から高校野球が開幕しましたね。今年は記念大会で愛知県からは二校出場です。
我が母校豊川高校は惜しくも愛知県大会で敗退してしまいました…
愛知県代表の選手の皆さん、是非とも優勝を目指して頑張ってください!!

と、比べると失礼ではありますが(笑)、僕の通っている板金学校で、昨日からソフトボールの練習が始まりました。
9月の頭の大会に向けて猛練習が始まります。バテないように頑張ります。




台風も接近しているようです。被害がないことを願うばかりです…


今日の現場紹介は新城市西入船T様邸です。

ご夫婦で畑を所有していますが、だんだん維持も大変になってきたから…とご相談を受けました。
早速伺い、畑の様子を確認です。
畑廻り整地
畑廻り整地
ご覧の通り、雑草が伸び放題の状態でした。

自分では手に負えないし、このままだと近隣の住宅に迷惑がかかってしまうと心配されておりました。



今後、畑を使用する予定がなければ、全面的に雑草、樹木を撤去してしまい、整地、防草シート、砕石敷きという工事が
後々のメンテナスも考えると最適な気がしますが、畑を使う予定があるとなればそうとはいきません。



もちろん予算の問題もあるので、今回は防草シート、砕石敷きなしで、隅の4辺のみの整地を提案させて頂きました。
これなら畑の作物もほとんど傷付けず、余分な雑草だけ綺麗にすることが可能です。
農作業を再開しようと思えば、いつでも再開することができます。


早速工事開始です。
畑整地
まずはざっくりっとゴミを取り除いていきます。
後ろに重機がみえますが、ここまでは手作業です。
畑整地
ゴミを取り除くだけでもだいぶスッキリしました。
before
畑廻り整地
horizontal
after
畑整地
before
畑廻り整地
horizontal
after
畑廻り整地
隣家に密接していた木もなくなり、これで近隣の方の迷惑の心配もいりません。
竹や鉢が散乱していた畑の通路にあたる部分も綺麗に片付け、整地しました。
これで簡単に一輪車を引いて畑にくることも可能です。

T様この度はお世話になり、ありがとうございました。

屋根ルーフ333葺工事

2018年8月6日|カテゴリー 「浅井
こんにちは浅井です!

それにしても、危険レベルの暑さが続いていますね~

毎日、毎日ニュースでは「命の危険を伴う暑さ」と言っております・・・

暑さに弱い私は、外に出るのもきついです

けど、職人さん達は、この暑さの中、屋根にのぼり作業をしています!

弱音なんて吐いている場合ではないですね!

夏バテにならないように、日々体を鍛えたいと思います!

さて、今回は当社で扱う屋根材の一つ「ルーフ333」についてご紹介します!

ルーフ333と聞いても全く分からないと思うので、少し説明します。

主に縦葺専用の屋根材になります!

この333とは、屋根材の真から真までの間の距離(俗に働き幅と言う)がちょうど333㎝の事を言います!

ルーフ333の詳しい情報はここをクリック

特徴としては、施工が簡単で、尚且つ施工期日の短縮にも繋がります。

過去に行ったお宅の施工事例をご紹介します!
ルーフ333
この屋根は、桟葺と言う工法で葺いた屋根になります! 経年劣化によって、びっしりと錆びついています。 おまけに、雨漏りもしてしまっていました・・・。
ルーフ333
工事するに当たり、このベランダも解体撤去しなくてはいけません。 あくまでも何もない状態で工事を行います。
ルーフ333
職人さん達の、フルパワーであっという間に屋根上に移動できました。 このパワーには本当に圧倒されちゃいます。。。
ルーフ333
ベランダも撤去出来たので、この状態から屋根材を剥がしていきます。
ルーフ333
剥がし終えたら、コンパネを打ち、ルーフィング(防水シート)を張っていきます。
ルーフィングは、2次防水の役目があります。
ルーフ333
ルーフ333を葺く所です!
縦に細長い形をしています。 ガルバリウム鋼板ですので、錆びる心配は無用です
ルーフ333
ぱぱっと手際よく葺けました。
足で山の所を踏んではめ込んでいきます。 これが意外と気持ちいいんです
before
ルーフ333
これだけ錆びていた屋根が・・・
vertical
after
ルーフ333
はいこの通り!ピカピカの屋根に生まれ変わりました

見た目も、さほど違和感はありませんよね。

比較的安価で出来ましたし、工期は2日です!

完成後、雨漏りも止まり、屋根も新しくなりで大満足と太鼓判を押していただけました!

まだまだ沢山の屋根材の種類がありますが、個人的にはこの屋根材が好きです!

簡単施工って言うのが、とても魅力的です!

屋根を葺き替えたいけど予算と工期が心配な方でも、安心して葺き替えれると思います!

何かお考えの方や、悩んでいる方も一度建造までご相談ください!

それではまた

火災保険と台風被害

2018年8月3日|カテゴリー 「恵子

こんにちは。恵子です 

今日 8月3日は、「はさみ」ということで、『建築板金の日』なんだそうです。

「はさみ」と「建築板金」って・・・普通結びつくかい?? 

でも、ま、板金組合の方で決めたそうなので・・・。そういうことですので、よろしくお願いいたします 。


さて、さて、先日の台風は大丈夫でしたでしょうか? 弊社も十数件の問い合わせをいただきました。

近年、火災保険で台風などの被害も賄えるということが広く知れ渡り、最初から「火災保険で」と言われることが多くなりました。

そう火災保険は火災だけでなく、台風などで損害があった場合にも補償金が支払われるのですね。

ただ、その損害が台風などの災害によるものか、老朽化や経年変化によるものなのか? 

は非常にやっかいな所でありますが・・。
 
IMG_0517

なので、厳密にいうと上の写真のような場合は、飛んでしまった棟の部分は補償されますが、

さびていてもまだ残っている部分については補償されないということです。

けれど、今回修理せずにおいても、時間の問題で・・

もしかしたら次の台風で飛んでしまう可能性も充分考えれるので、一般的には棟全部の修理が認められるようなのです。

実際、足場を組んで、そのたびに何度も修理・・・なんて効率の悪い工事は、我々業者も保険会社も望んでいないはずですから。

で、屋根に上ると、こんな風な ↓ ↓ ↓ 老朽化に出くわしたりします。
IMG_0519
IMG_0520
普段、目にすることもあまりないので、写真をお見せすると、驚かれることも。

カラーベストの浮きや反りをみて、「これも強風のせい・・・!」「屋根全体をリフォームできる・・?」

なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

専門家の立場から言うと、カラーベストの性質上、強風で反ったり浮いたりすることはないんだそう・・・。

カラーベストの反りや浮きは、経年劣化で雨水が浸み込み起こるのだそうです。

ネットでは、火災保険で無料で屋根のリフォーム! みたいな記事を見かけますが、

気を付けないと詐欺行為になってしまう恐れもあるんですって。

でも安心してください。

棟の修理費用として火災保険から支払われる費用を、屋根のリフォーム費用の一部に充てることは違法ではありません。

棟の修理って、棟自体の修理費用より、足場代の方が高くついたりすることも。

屋根リフォームの足場代を、まるまる火災保険で賄えるってことになります。

なので、この機会に屋根リフォームを考えてみるのもお得なことと言えそうです。

それに、老朽化した屋根は、強風で飛ばされ大事になってもいけませんから。



scroll-to-top