スタッフブログ

威風堂々和風建築・・・でも屋根は軽いんです。

2020年9月9日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です。 昼間は暑いけど、幾分秋めいてまいりました。

今日、9月9日は「重陽の節句」と言って、菊の節句で、長寿を祈る日なのだそうです。

 皆さまが、健康で長生きできますよーに!


さて、前回の続きで、軽い屋根のお話・・・

軽い屋根材、トップバッターは「かわら455」です。

一番の特徴は、何と言っても「和瓦そっくり」なこと。論より証拠! 下の写真をご覧ください ↓ ↓ ↓


y-020-1
IMG_24761
y-010-1
IMG_2477-1
ご覧の通り、見上げれば立派な入母屋の和風住宅です。

鬼瓦はじめ、数種類の棟瓦、軒先巴面戸、主棟巴・・・など付属部材もばっちりです。

で、重さは瓦の10分の1しかありません。

なので、築年数の経った、立派な入母屋の瓦屋根にお住まいで、地震が心配な方(長い!)

「かわら455」ならすべて解決! ご安心ください。


聞き飽きた?けど、地震に強い軽い屋根

2020年9月3日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子

こんにちは 恵子です  台風10号が心配ですね。どうか大事になりませんように・・・。

って、9月1日、防災の日には軽い屋根のこと書こうって思っていて

「今日から9月!」って書いたのに、思い出さない私の頭も心配です 

4916be46a11848e68f2244f18bfda953

そもそも、「軽い屋根」が地震に強くって、「重い屋根」がダメってことではありません。

新築だったら、どんなに重い屋根でも、それなりに柱を太くしたり、壁を増やしたりすればいいのですから・・・。

問題は、「重い」屋根の「古い」家です。

特に昭和56年(1981年)以前の建物は、耐震基準があまいのです。

壁の量が不足していたり、バランスが悪かったり、接合部に金物が使われていなかったり・・・。

なので、うちで屋根の葺き替えの相談を受けると、

軽い金属屋根か、金属屋根より重いけど瓦より軽い「ルーガ」という屋根おすすめします。

軽い屋根なら絶対安心ってわけではありませんが、

うちで工事をされたお客様は

「(屋根を)新しくしてから地震があったけど、揺れがぜんぜん違いました」と仰っていました。


弊社には「重い屋根」と「軽い屋根」 とでは、地震の時、揺れがこんなに違いますよ

っていうのが一目瞭然でわかる模型があります。つまみを持って自分でゆらすんですけどね・・・

気になる方は、ぜひ揺らしに来てくださいね。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


app-077057400s1460764862


次回は、どんな軽い屋根があるか色々おしらせしますね。



涼風機能

2020年9月1日|カテゴリー 「恵子

こんにちは 恵子です。今日から9月!

昼間はまだまだ暑いですが、朝晩は少し涼しくなりました。

少~し日も短くなり、日の出もちょこっと遅くなり・・・そこはかと秋の気配を感じるこの頃です。


さて、我が家では、娘も息子も結婚して、今は2人とも豊川のアパート住まいなのですが、

時々(娘はしょっちゅう)泊まりにきます。

孫も連れてくるので、じいちゃん、ばあちゃんは、それはそれは嬉しいのですが、

その時二人して口を揃えて言うことには  「 うちのお風呂は暑い   !!!」


IMG_4859-e1598925848148

そうかなぁ~。

で、お風呂に入る時、浴室乾燥暖房機の「涼風」というところをポチっと押してみた(しかも「強」)

そしたら何と「涼しい」とまでは言わないけれど、快適ではないですか!

そりゃ夏だから暑いけど、少なくとも もわっとした熱気はありません。

涼風機能があるのは知ってたけど、「どうせ 大した事ないでしょ!」と軽んじていました。
                                    (涼風機能さま ごめんなさい)

このお風呂にしてから、5,6年は経つのにね    


でも、そんなに暑いってことは、

裏を返せば、そんなに断熱が優れているっていうことじゃない。

さすが「浴室まるごと保温!!」って、変な所で感心です。


なので、浴室乾燥暖房機をお持ちの方は、ぜひ「涼風」機能つかってみてください。

(って、こんなお間抜け私くらいか・・・?)


scroll-to-top