スタッフブログ

新城市M様邸トイレリフォーム工事

2018年7月31日|カテゴリー 「LIXIL」 「内装リフォーム」 「
こんちには。火曜日担当のタケシです。

今日は新城市M様邸トイレリフォーム工事のご紹介です。

トイレが水漏れすると問い合わせを頂きました。

トイレリフォーム工事
早速伺い、現場調査開始です。

便器・タンク・シャワートイレが別々になった一般的なトイレです。
設置して時間が経つと、便器とタンク、またはシャワートイレのジョイント部分から水漏れすることがあります。
(便器の排水から漏れている場合は結構な量の水が漏れるため分かりやすいです)

今回も一通り調べてみましたが、原因が明確には掴めず…

設置から20年程経過していることもあり、トイレの取替を提案させて頂きました。













ここで一旦、トイレの修理の流れについてご紹介致します。

まず、お客様から依頼を頂くと弊社の営業スタッフがお客様宅に訪問致します。
簡単なことならば、その場で修理することができます。

弊社スタッフでは対応できない事例の場合、設備屋さんにバトンタッチ致します。
給水管等の配管からの水漏れ等の際は設備屋さんで修理可能です。

しかし、トイレの内部的な問題の場合(シャワートイレの故障・専用の部品が必要等)は
設備屋さんでは修理することができません。

こうなった場合は大きく2つの選択肢がございます。
①思い切ってトイレの取替を検討する。
 後述しますが、既存のトイレと同等品との取替でもお客様にとってメリットはたくさんあります。

②メーカーのサービスマンに修理を依頼する。
 設備屋さんでは持っていない専用部品を持ち合わせて修理に来るため、あらゆることに対応可能です。
 修理依頼から1~2日後には訪問してもらえることが一般的です。
 ただ既存のトイレがあまりにも古すぎる場合は、部品が製造中止になっていることがあります。
 (メーカーの部品保有期間はトイレ本体が廃盤になってから、約10年と言われています。)
 そのため、不具合の箇所は明確なのに部分がないがために修理できない…そんな状況も起こり得てしまいます。
 修理不可能でも出張料が掛かってしまうのが、メーカー修理のデメリットでもあります。

 もちろんメーカーへの修理依頼は弊社で行うことも可能ですのでご安心ください。

トイレの不具合でお問い合わせを頂いた場合、お客様と相談しながらどういう進め方をするのか考えます。
 
話をM様邸に戻します!!

トイレの交換の依頼を頂いたため、商品の選定に入ります。

なるべく現在と使い勝手を変えたくないということと、近くに手洗いがないため手洗い付きタイプを希望です。

今回提案したのはLIXILアメージュZ。便器・タンク・シャワートイレが別々になった一般的なトイレです。
LIXILトイレとラインアップ等はLIXIL様ホームページでご確認ください。ここをクリック!




商品が決まればいよいよ工事開始です。
トイレの工事はとても簡単。半日かからず施工完了してしまいます。
なので写真で追ってご説明。



トイレリフォーム工事
トイレ解体後の様子です。
当たり前ですが何もありません。笑
トイレリフォーム工事
M様トイレ邸の排水芯は200ミリ。
200ミリであればどんなトイレでも施工可能です。

トイレリフォーム工事
便器を据え付ける直前です。
灰色の部材を床に固定します。
トイレリフォーム工事
便器が付きました。
ここまでくるともうお馴染みですよね。
2c55790425f1c82764a4a979482ee24f-e1533023448526
タンクを据え付け。
もう完成は間近です。




取替工事前もトイレの色はピンクでしたので、全体の写真では変化が分かりにくいかもしれませんが、
ビフォー・アフターで御覧ください。
before
トイレリフォーム
horizontal
after
トイレリフォーム
殆ど同じ仕様です。
新品になっても違和感なく使って頂けると思います。




見た目あまり変わっていませんが、節水能力や掃除の時の利便性は間違いなくアップしています。
大を流す時に一度に使う水の量はなんと約3分の1です。

従来の物との水道代でペイできてしまう…なんていうことも夢ではないかもしれません。



M様この度は本当にありがとうございました。

台風12号被害!!!

2018年7月30日|カテゴリー 「浅井
こんにちは

台風12号が異例のコースを辿って、縦断して行きました

各地で被害も出ています。新城市もとてつもない暴風に見舞われました。

家の近くの大きな梅の木が強風によって、根元から折れていました・・・

今朝から、電話で台風被害が多く報告されています。

やはり、屋根の被害がだんとつで1番多いです。

早速、被害状況を確認して参りました。


台風被害
これは、テラスの屋根です! 強風により飛ばされてしまいました。 この、テラス屋根の被害の問い合わせがとても多いです。 もし、人に当たっていたらと思うと、とても怖いです・・・。
台風被害
続いては、棟包みです。

しっかりと固定されていても、やはり暴風には勝てないようです。

この状態では雨が入りたい放題で、間違いなく雨漏りしてしまいます。

風の強さを改めて痛感させられました。

この場合は、棟包みを張り替えて、しっかりと固定して飛ばされないようにします。

台風被害
こちらは、軒天です。 ベニヤ板を使用していますが、暴風によってめくれてしまっています。 とても見た目が悪くなってしまいますし、劣化して落下する危険もあります。 この場合は、ベニヤではなく、トタンをベニヤの上から張っていく工事を行います。 トタンを張れば、劣化する事も、飛ばされることもなくなります!
このように、台風被害が続々と報告されています。

この台風被害の工事は保険が適用となります。(火災保険に入っている事が条件です。)

内容に関しては、当社にご相談頂ければ詳しくご説明致します。

まだまだ台風シーズン到来ではないですが、この先、大きな台風が次々に襲ってきます。

今のうちに、やれることはやって、台風到来の前に備えをしておいた方がいいかと思います。

目には見えない部分も傷んでいたりしている事もあります。

一度、ご自宅をしっかりと見渡して、今回の台風の被害がないか良くご確認ください。

屋根・外壁・雨樋の建造が、全力で対応させて頂きますので、どしどしご連絡、ご相談ください。

「備えあれば憂いなし」ですね

換気棟

2018年7月27日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「恵子


こんにちは。昨日と今日は、暑さも少しはましでしょうか?

世間では、熱帯夜でエアコンなしでは眠れない~!! とニュースで流れてきますが、

エアコンも扇風機も付けなくても、朝まで熟睡の・・・いい事だか悪い事だかわかりませんが・・・恵子です 



さて、先日の「リフォーム講座/屋根編」の時、屋根裏の結露で困っていると言う話から、

社長が「換気棟」で一発解決!! みたいな話をしていました。

カラーベストカバー換気棟全体


「換気棟」とは、屋根裏の熱や湿気を追い出すために、屋根のてっぺんに取付ける部材のことで、

ファンがついているわけでもなく、こんなんで効果あるの?と思うのですが、

熱い空気は上へ、上へと集まるので、結構な量の空気が吹き出すのだそうです。

そういえば 以前から、特に「カラーベスト屋根カバー」には、換気棟は必須じゃない?

「カラーベスト屋根カバー」には換気棟取付けを標準工事にしようか・・みたいな話がされておりました。

なので、最近の「カラーベスト屋根カバー」工事では、換気棟の取付けを強くおすすめして、↓ こんな風に取り付けました。


換気棟穴
換気棟取付
でも、「換気棟」って、あまり取り付けられていないそうです。

やっぱり屋根・・それも、一番てっぺんの危険な所に穴をあけるので、雨漏りが怖いのですね。

「換気棟」の取付けは、雨仕舞の熟練した技術や知識が必要なのです。


2階の部屋が異常に暑い・・・。 部屋中がかび臭い・・・。

そんな方は、一度ご相談ください。





軒天改修工事のお客様の声

2018年7月26日|カテゴリー 「お客様の声

こんにちは、直子です。

皆でご飯を食べながら見たお昼の番組で、台風の話題を放送していました。

東海地方は28日(土)~から影響あるようですね。

どうか被害などありませんように。。。



さてさて、玄関庇軒天改修工事をさせていただいた、

新城市稲木S様のお客様の声を紹介します。


軒天工事お客様の声



・担当スタッフの対応はいかがでしたか?

【大満足】
親切でよかったです。


・職人の対応はいかがでしたか?

【大満足】
用事があり留守にしてしまいましたのですいません。


・施工技術はいかがでしたか?

【大満足】
しっかり作っていただいてこれで安心です。


・弊社をお友達やお知り合いの方にご紹介いただけますか?

友達に話した所、友達も建造さんにやってもらったとのことでした。


・他店ではなく、弊社に工事を依頼していただけた理由は?

どこに頼めばいいのか、娘に話した所

娘ムコの知り合いの建造さんに頼んでくれて、すごく安心出来ました。

又、友達にも建造さんにやってもらった事を話したいです。



before
施工前

以前、施工事例でもご紹介させていただいた

新城市稲木S様邸の軒天改修工事です。

剥がれた軒天が、このように綺麗に蘇りました。
vertical
after
軒天施工後

お客様の声もいただき、大変喜んで頂けて嬉しいです。

S様、ありがとうございました (^^)



新城市Y様邸施工完了です。

2018年7月24日|カテゴリー 「エクステリア」 「
こんにちは。火曜日担当の剛です。

今日は前々回のブログで紹介したY様邸シャッター取付工事の完成編です。
山崎シャッター下地完了
山崎砕石敷き完了
山崎解体後
前回のブログではシャッター取付の下準備までで終わってしまっていました。
ここからの変貌に注目です。
シャッター取付他工事シャッター取付
まずはメインのシャッターを取付です。
ここからの細かい納めが腕の見せ所でございます。

まずはシャッター廻りの板金の納めから。
シャッター取付他工事施工中
まずは上のシャッター上部の三角の部分に成型角波を張っていきます。
分かりにくいですが、シャッターレール横も平板を巻いています。
シャッター取付他工事施工中
倉庫内側にあたる部分もきっちり施工です。

ここからは箇所別にビフォー・アフターで紹介します。
before
シャッター取付他工事施工前
解体してそのままだった玄関ポーチです。
horizontal
after
シャッター取付他工事施工後
小口を綺麗に補修して、スロープを追加しました。
before
シャッター取付他工事施工中
horizontal
after
37263a558e276a8bb0c07b233406ca28-e1532420381487
しっかり成型角波を張りました。
before
シャッター取付他工事施工前
開口部下はシャッターを設置するためハツリッぱなしになっていました。
horizontal
after
シャッター取付他工事施工後
左官屋さんに補修してもらった後の写真です。
少し分かりにくいですが約15ミリ程段差をつけています。
こうすることによって、内部に水が侵入するのを防ぎます。
before
シャッター取付他工事施工後
施工前の全体の写真です。
horizontal
after
シャッター取付他工事施工後
こうしてみると分かりやすいかと思います。
だいぶスッキリした印象になりました。
天気の崩れや、シャッターの納期待ち、日程の調整で工事が予定より長引いてしまいましたが、
無事に完工することができました。

これで雨の日も心配なくバイクを収納することができます。
Y様この度は、ありがとうございました。
scroll-to-top