屋根材ROOGA(ルーガ)のつづき


こんにちは。 恵子です。  今年は桜が早くって、もう見頃になっちゃいましたね。

暖かかったり、寒かったり・・・。どうぞ風邪などひかれませんように・・・


さて、前回のつづき ROOGA(ルーガ)での屋根の葺き替え工事の続きです。
瓦屋根葺替

昨年、秋の台風で 棟瓦が落ちてしまい、以前から屋根の重さが気になっていたので、

この機会に、瓦の1/2の重さの屋根材 ROOGA(ルーガ) で葺き替えたというお話でした。

軽い屋根なら 「金属屋根」 の方が、瓦の1/10の重さしかなく軽いのですが、

下屋根はそのまま残すので、大屋根と下屋根の雰囲気をあまり変えたくない・・・

と言う事で ROOGA(ルーガ)を選ばれたのでしたね!



瓦屋根葺替

下屋根とは、写真右側の1階部分の屋根のことです。 ↑  ↑  ↑

工事はこんな風に行われました。
ROOGAに葺替


工事着工まで、防水紙で養生をしておきました。 屋根工事でも足場が必要です。


瓦屋根葺替

丁寧に瓦を降ろします。


瓦屋根葺替



じゃ~ん!! こんなにきれいになりました。


ROOGA葺替
ROOGA葺替

瓦と同じ25mmの厚さなのに、重さは半分・・・棟などにもいっさい土を使っていないので、半分以下です。

しかも、大人が木槌で叩いても割れないくらい丈夫です。

 ですから 「 地震、台風、屋根ルーガ!!! 」 と言われのですね。


建造はルーガショップにも登録されているので、

ルーガがきになる方は、お気軽にご相談ください。

ちなみに、ROOGAショップとは、ケイミューの「ROOGAスクール」を受講して、ケイミューに登録したお店です。