こんにちは。昨日と今日は、暑さも少しはましでしょうか?

世間では、熱帯夜でエアコンなしでは眠れない~!! とニュースで流れてきますが、

エアコンも扇風機も付けなくても、朝まで熟睡の・・・いい事だか悪い事だかわかりませんが・・・恵子です 



さて、先日の「リフォーム講座/屋根編」の時、屋根裏の結露で困っていると言う話から、

社長が「換気棟」で一発解決!! みたいな話をしていました。

カラーベストカバー換気棟全体


「換気棟」とは、屋根裏の熱や湿気を追い出すために、屋根のてっぺんに取付ける部材のことで、

ファンがついているわけでもなく、こんなんで効果あるの?と思うのですが、

熱い空気は上へ、上へと集まるので、結構な量の空気が吹き出すのだそうです。

そういえば 以前から、特に「カラーベスト屋根カバー」には、換気棟は必須じゃない?

「カラーベスト屋根カバー」には換気棟取付けを標準工事にしようか・・みたいな話がされておりました。

なので、最近の「カラーベスト屋根カバー」工事では、換気棟の取付けを強くおすすめして、↓ こんな風に取り付けました。


換気棟穴
換気棟取付
でも、「換気棟」って、あまり取り付けられていないそうです。

やっぱり屋根・・それも、一番てっぺんの危険な所に穴をあけるので、雨漏りが怖いのですね。

「換気棟」の取付けは、雨仕舞の熟練した技術や知識が必要なのです。


2階の部屋が異常に暑い・・・。 部屋中がかび臭い・・・。

そんな方は、一度ご相談ください。