図面から寸法取り

こんにちは!
火曜日担当のタケシです!

一月もラストスパートですね!
もう一年の12分の1が終わろうとしているとは‥笑

時が経つのは早いものです。

もうそろそろ花粉症が‥なんて方もいるのではないでしょうか?

冬は寒い、春は花粉症、夏は暑い、
一年中わがままを言ってる気がします(^^)笑

さてさて、今日は現場紹介ではなく、
見積もり作成について紹介したいと思います。



まずは現場で簡単にメモ程度に書いてきたものを
丁寧に書き直します。

現場で書いてきたものがこれ↓↓

図面1


そしてこれは清書として書いたもの↓↓

図面2

こうすることよってきちんと採寸することができます!
平面図の書き方など間違えていたらすみません‥自己流です!笑

基本的にはこの流れで、屋根や外壁の平米数等を
算出することになります。

しかし、中には屋根の勾配が急であったり、
ハシゴが掛からなかったりと現場を採寸できないこともあります。

そんな時はお客様から図面を貸して頂き、
図面から採寸をします(^^)


図面3

図面に三角スケールをあて、寸法を書いていきます。
なかなか地味で大変な作業ですが、僕自身好きな作業でもあります!

ちょうど2つの見積もり作成が重なりましたので、
紹介させて頂きました!