新城市 窓改修工事のご紹介です。

こんにちは。火曜日担当、そして窓廻りマイスターの剛です。
今日は窓廻りマイスターにちなんで窓廻りの改修工事の現場をご紹介します。



ズバリ、窓は住宅の快適性=断熱性・遮熱性において非常に重要な箇所であります。
断熱・遮熱の言葉の意味は小難しいところがあるので、省略致します。

簡単にいうと断熱性・遮熱性が高い住宅のほうが低い住宅に比べると、
夏は涼しく、冬は暖かく暮らせます。

窓・断熱遮熱
YKKAP様のホームページよりお借りしました。
画像のそのままの意味の説明になってしまいますが、

断熱性・遮熱性が低い住宅の場合(一枚板のガラス等)
夏は直射日光の約7割が窓から家の中に侵入し、冬は窓から約5割の熱が逃げ出してしまいます。

これでは今の季節にどんなに冷房を強くしても、部屋が涼しくなりにくいのも頷けます。
今回、窓の改修工事をさせて頂いたお客様の施工前の写真です。
青山様施工前
築100年以上経過した立派な住宅です。

青山様施工前
もちろん窓は単板のガラス。
木のサッシのためアルミサッシに比べると気密性もありません。
アルミサッシへの改修工事スタートです。
その前にこちらを御覧ください。
窓比較表
窓の断熱・遮熱性能の比較表です。
高性能の順に複層ガラスのLOW-E、次いで通常の複層ガラス、単板ガラスになっています。

今回使用したのは真ん中の通常の複層ガラス。
値段・機能共にバランスがとれたタイプの窓ガラスです。
青山邸施工後
綺麗なホワイトのアルミサッシを入れました。
青山様邸施工後
今回はペアガラスの型ガラスです。
(昔でいうスリガラスで透明ではありません)

これでプライバシーの保護もバッチリです。
青山様邸施工後
型ガラスの曇り具合をご確認ください。
これでカーテンは不要です!笑
外から見る雰囲気もだいぶ変わったのではないでしょうか?

今まで遮熱性・断熱性について話してきましたが、実は今回のお客様の問い合わせは
台風の時等に今のままでは不安だから…というものでした。

これで割れません!っていうことはガラスですので不可能ですが、昔ガラスと比べると強度はアップしています。

単板のガラスも検討しましたが、せっかくなので複層のガラスを提案させて頂きました。


A様この度はお世話になり、ありがとうございました。