台風被害工事のジレンマ

こんにちは。

最近、老眼がすすんだのか、首筋がコリコリの恵子です。

さて、先日の台風被害で現場はバタバタしております。
IMG_2983_2
IMG_3319
そんな現場の話を小耳にはさむと、何ともすっきりしない、、ジレンマと言うか・・・
IMG_5175_2
IMG_5196

と言うのも、

台風で比較的大きな被害を受けてしまうのは、やはり築40年、50年たった家が多いようです。

台風という予定外の出来事なので、費用をなるべく抑えた「補修・修理」という選択が妥当なことはわかります。

けれど、築年数が経って老朽化してしまっている家は、

ピンポイントで、そこだけ直すというのは無理がある場合が非常に多いようです。

例えば、棟の瓦の一部が壊れてしまった場合、例えば、瓦が数枚飛んでしまった場合など、

長い年月をかけ、絶妙なバランスで、棟がウネウネ・・・ 互いに補い合いながら瓦がガタガタ・・・

下手にいじると、絶妙なバランスが崩れ・・・ 本来ならば、屋根葺き替え・・・そういう現場の場合
IMG_5005_3
IMG_3294

「最低の費用で!」 とお願いされてしまうと、営業スタッフは、頭を悩ませ、

何とか期待に添えるよう、一生懸命頑張っていますが、

私ははたで見ていて、数年たち、雨漏りなどが起こってしまった場合、

今回のこの工事費用は、かえってもったいないのではないかしら・・・?

と、少し穿った考えが頭をよぎります。

まして、この先10年、20年・・・それ以上住む予定の家であれば・・・。

お客さまにとって、何がいいのか・・・? 少しの迷いが頭をよぎります。

ローンという手もあるけれど、それをおすすめすしていいのかしら・・・?


悩み多い日々です。