浴室リフォームを決めたわけ


こんにちは 恵子です。秋も深まり、冬の気配すら感じるようになりました。

先日、商工会女性部の旅行で山中湖に行ってきました。

水陸両用バスで「きゃーきゃー」言い、きれいな紅葉に「ほよ~」とうっとり

美味しいランチでお腹はポンポコりん!!! ・・・秋を堪能してまいりました。



さて さて、ちょうどい1年くらい前に、お風呂のリフォームを施工させて頂いたお客さま(A様とB様)に

色々お話を聞かせて頂く機会がありましたので、その内容をお知らせしますね。

参考になるお話があるかもしれません・・・


b_slide2
          TOTO [  SYNLA(シンラ)]

*浴室リフォームをする前はどうでしたか?
(A様)
・以前は床はタイル張りで、窓は大きいので冬は寒かった。
・風呂の湯も、冷めやすかった。
・特に、脱衣所から風呂場に入る時に寒かった。
・冬は寒いのも寒いけれど、特にヒートショックのことを考えると、母親のことが心配だった。

(B様)
・1~2月のっ冬は寒いので非常に嫌だった。
・自分は最初に入るのだけれど、湯船に入る前に体を洗うので、それが寒くて嫌だった。
・これまでの風呂は熱いお湯を入れるだけで、湯船のお湯を沸かすことができなかったので、
 お湯が冷めるとなかなか熱くならないので不便だった。
・洗い場がタイルで冷たく、先にお湯で温めておいて入っていた。
・以前は、風呂から出た後も寒いので、熱めのお湯に入っていた。

 
*浴室リフォームをして、どのように変わりましたか?
(A様)
・浴槽のお湯が冷めにくい。
・以前のように広い風呂場にすることができたので良かった。
・お風呂に入る前に、あらかじめ洗い場にお湯をかけて床を温める事ができる仕様になっているので、これが都合がよい
 (クリナップ製風呂「床夏シャワー」)
・目地が無いので洗いやすい。
・以前は浴槽が深かったが、今回は以前より浅いので浴槽への出入りが楽になった。
 特に高齢者がいるので助かるし、心配がなくなった。

(B様)
・とにかく暖かい。寒い思いをせずに入れる。
・風呂のお湯の温度設定ができるので、お湯加減を気にせずいつも入りたい温度で入れる。
.・暖房が入っているので、風呂場と脱衣所の扉は開けておけば、脱衣所も暖かくて快適。
・乾燥ができるので、洗濯物を乾かすのには便利。乾燥機よりも衣類には優しいと思う。

img_1616_13_sub-e1542436364450
            クリナップ [ アクリアバス ]

*その他、思う事・感じたこと
(A様)
・お金はかかったけど、リフォームして良かった。
・何回でも展示場を見させてもらうと良い。ためになる(1回だけでは気の付かなかったことも、
 次に行った時に気付くこともあるので。特に高額の工事なので失敗したくないと思うと。)

(B様)
・今までと同じ大きさの風呂だけれど、これまでより浴槽は広くなったが、逆に洗い場が狭くなってしまった。
・お風呂のリフォームは高くなる、何だかんだ言ってもすぐに100万円くらいはいってしまうので、
 なかなかリフォームに踏み切れなかったが、リフォームしてよかった。


case_19_img_02-e1542437258603
          LIXIL(リクシル)[ スパージュ ]

二人とも、一番のお悩みであった 浴室の「寒さ」が解消されたことが、なにより嬉しいとおっしゃっていました。

これから、日に日に寒くなります。一日の終わりに、暖かいお風呂は至福のひと時ですね。

寒いお風呂を何とかしたいと思ったら、お気軽にご相談くださいませ。