IHクッキングヒーター

こんにちは。7月も今日で終わり・・・少々あせる恵子です。

先日「クリナップフェアでは、日立のお兄さんが

IHクッキングヒーターのデモンストレーションに来ていました。
ツナ缶と塩こぶをいれるだけの炊き込みご飯を作ってくれ、とても美味しかったです。
簡単そうなので、今度うちでも作ってみます。かなりおすすめです。
211f570f5c8143f8d45df08659421dd6
 ↑フェアのテントの様子。かき氷やガラス細工。ガラガラ抽選会などがおこなわれています。

で、この時とばかりに「IH」について、根ほりはほり聞いてきたので、お知らせします。

まず、一番気になる値段の違いは、

3口ヒーター全てが 「 I H 」 であるかどうか。1口がラジエントヒーターになっているものの方が安いです。

ラジエントヒーターとは、触ると熱いやつで、海苔をあぶったり、おもちを焼いたりする時につかいます。

海苔はともかく、土鍋を使いたいからラジエントがあった方がいいと思っていたのですが、

なんと土鍋は使えないそう・・・っていうか、使えるけど割れる恐れがあるんですって。

だから、どうしても使いたい人は、自己責任でねっ! ということで

それと、IHヒーターは熱くならないけど、ラジエンドは熱くなるので、火傷の心配や、

紙など置くと燃えるので、特にお年寄りとかいるお宅は、3口ともIHの方が安心とのこと。

さらに、3口IHよりもっと高価格なものに、「オールメタル」対応というのがあります。

オールメタルは、アルミや銅の鍋なんかも使えます(熱効率は落ちるらしいけど・・・)

アルミや銅の鍋に、こだわりや思い入れがあまりないのなら、オールメタルは高価なので、

いっそのこと、IH対応の鍋に買い替えた方が安いかもしれません・・・

でも、1口はオールメタル対応の方が、何かの時に安心かなぁ~と思ってみたりもします。

価格の違いは、他にも多々あるのだけれど、もっとも大きな違いが上記したことです。
IH
で、「日立さんの売りは?? 」の問いに、

「 どのメーカーより魚がおいしく焼けること!! 」 と力強くおっしゃっていました。

何でも、まず魚の下面を焼いて、次に上面を焼き、最後にまた下面を再び焼き、まるで七輪で焼いたみたいに美味しいそうです。

「 ショールームの女性スタッフに、秋刀魚を焼いて、他のメーカーとの食べ比べをして頂いていますが、

一番おいしいと、評価をいただいています!!」とのことです。

わが家のグリルは、どうにも使いにくくって、もう数年使っておりませんので、(魚焼専用の、数千円の、卓上のものを使っております)

今度家を建てる時は、グリルなしのものにしようかと考えていましたが、やっぱりグリル付のほうが良いかも・・・

と、お兄さんの熱弁に、心が揺れております。


いずれにせよ、IHクッキングヒーターは至れりつくせりの機能で、温度設定や時間もバッチリ

すごっく料理上手になれそうな気がして・・・全然主婦らしくないのですが・・・、主婦の心をくすぐられます。


≪追記≫
ちなみに、ガス給湯機とガスコンロを、エコキュートとIHクッキングヒーターに取替えるとオール電化住宅になります。
プロパンガスからオール電化にすると、光熱費は約半分になると言われています。
オール電化へのリフォームは、80万円位~行うことができます。