女性目線の防災対策


こんにちは。ちょっと元気のない 恵子です 

朝夕 めっきり涼しくなりましたね。肌寒いくらい・・・。

日本は四季があり、風情豊かで素敵なのですが、少々体がきついですね。 

どうぞ、風邪などひかれませんように。



さて さて、先日、商工会主催の 「 女性目線の防災対策」という講演会に参加してきました。

正直、あまり期待はしていなかったのだけれど、期待に反して、とても良いお話を聞くことができましたv




IMG_4153
講師の 柳原 志保さんは、驚くことに

東日本大震災と、熊本地震の二つの大災害を経験した方で、

東日本の時は、何の準備もしておらず 「ママ、お腹すいた・・」という子供に、飴一つあげられなかった・・・と。

いつも えらそうな事、子供に言っているのに、こんな時に何もしてあげられない・・・と。

たいそう傷つき、反省したそうです。


5_15950_108209_up_KQSIHNMX

なかでも「なるほどなぁ~」と感銘したのは、「 パーソナルカード 」なるものです。

よく、営業マンの方とかが、身分を証明するために、会社名や名前などを書いて首からかけているあのカードです。

それを作って、名前や住所、連絡先や血液型はもちろん、

お薬手帳のコピーや、ホイッスル、家族の写真なんかも入れておくと、とても心強いそうです。

お薬の名前なんて、まして何種類ものんでいたりすると、名前なんて覚えられませんものね。

それが、健康や命に関わったりするので、絶対必要ですね。

あと10円玉なんかも入れておくと、災害時は家電や携帯より公衆電話の方が早く復旧するそうなので役立つそうです。

(災害時はお金が要らない公衆電話もあるそうですが・・・)

それから、「避難する勇気を持ってください」と「(避難して)空振りだっていいじゃない」

実際、柳原さんが避難した道路が、15分後には津波が押し寄せて、全てのみ込まれてしまった・・・

そんな動画を見せて頂き、実感として感じました。

たいそうなことはできないけれど、ぜひ実行しよう! と思いました。