外壁リフォーム

外壁リフォームの種類

2018年3月3日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「恵子

こんにちは。恵子です

昨日は、商工会女性部の有志4名で 「 さだまさし 」コンサートに刈谷まで行ってきました。


さだまさしコンサート

聞いていた通り、爆笑に次ぐ 爆笑と、胸に染入る歌の数々・・・ 心が少し潤った気がします




さぁて、前回は、外壁材の「金属サイディング」のお話でした。

外壁材の王者 「金属サイディング 」は、値段は高いけれど長持ちで、手軽に大変身できて

断熱・防音性能もよくなって、居心地も良い住まいになるよ・・・というお話でしたね。


金属サイディング

今回も、またまた しつこく、外壁リフォーム・・・・・今回は「 種類 」についてのお話しです。


一般的に外壁のリフォームには、3つの施工方法があります。

  ①「剥がして張る」  ②「重ねて張る」  ③「塗装する」

家の傷み具合や予算に応じて、またはどんなリフォームを行いたいか?によって変わってくるわけですが、

   こんなイメージです。 ↓  ↓  ↓


長所と短所


それぞれに、短所・長所がありますので、まとめておきますね。




① 「剥がして張る」

長所

短所



② 「重ねて張る」

重ねて張る長所

重ね短所


③ 「 塗装する」 


塗装長所
塗装短所

外壁リフォームのご相談を頂いた時は、上記の事を頭に置きながら

ご要望やご予算や、それに あとどのくらい住む予定ですか? などなど、お聞きしながら、

最適なリフォームをご提案できるよう・・・「やってよかった!!」 と言って頂けるように頑張っています。

外壁が気になりだしたら、どうぞお気軽にご相談下さいませ。




瓦屋根葺替。大改修工事!

2018年2月26日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「外装」 「屋根リフォーム

こんにちは浅井です!寒さも一段落して、暖かい日が多くなってきました!

しかし、いよいよ花粉の飛散が始まりましたね・・・

鼻は詰まるし、目はかゆくなるしで、踏んだり蹴ったりの季節になりました

花粉症持ちの僕は、とても敏感なので、花粉の飛散が多いか少ないか、すぐに察知出来ます

もう、仕方ないので半ば諦めておりますが・・・

暖かくなり、動物達も、冬眠から覚めたようですね!

昨日、家の近くで、キツネを見ました

滅多にお目にかかれないので、ちょっとテンションが上がってしまいました!

そのお陰で、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいましたが。

熊じゃなくて良かったと思えた瞬間でした



さて、今回は、大きな改修工事のご紹介をさせて頂きます!

今回の工事は、まず旧瓦から、新しい瓦に葺き替えと、大屋根、下屋根の下地の取替と、サッシの入れ替え等々・・・

やる内容はとても多い工事になります

築約100年近いお宅です。息子さんが入るので、少しでも良くしといてあげないとの事で、今回の大工事を決心されました。

やはり、100年近いお宅は、劣化が進んで所々、下地の腐っている部分もありました。


改修工事

改修工事

屋根外壁改修工事

屋根外壁改修工事


写真では、悪い所が良くわからないと思いますが、いかにも昔ながらの日本家屋だと言う事だけはお分かり頂けると思います。

足場も組んでいざ作業開始~


まずは、瓦おろしから始めます!



瓦降ろし

瓦降ろし


全て手作業でおろして行きます!土も沢山ありました。



瓦降ろし


瓦降ろし


瓦降ろし


瓦降ろし



大屋根にもたんまりと土がありました!実は、瓦おろしよりも土降ろしの方が数倍大変なんです
(全身土まみれになってしまうの
で・・・)

しかし、仕事ですのでそんなの関係なく、せっせと降ろしていきます!

おろした瓦と土の総重量を合わせると、数トンにもなります!

瓦の屋根がどれだけ重たいのかが良くわかります!(トラックが何台も屋根に乗っていることになります・・・


瓦屋根改修工事

瓦屋根改修工事

根の下地が露わになりました!みんなで頑張っておろし終えて、この時が一番達成感を感じる瞬間でもあります

ここまで来たら、今度は大工の出番です!

この屋根の野地はバラ野地と言います!横に入っている木を全て撤去して、新しい野地板を葺いて行きます!
瓦屋根改修

瓦屋根改修工事


準備は欠かさず行います!しっかりとした施工を行いたいので、やはりそこは抜かりなく行います!


所々傷んでいましたが、100年経っている割には、しっかりとした下地でした!

準備もできたので、野地板を全面に張って行く作業に入りますが、それはまた次週にご紹介します!

どんどん良くなっていきますので、徐々に完成していく工程をどうぞお楽しみに

では、また次週までー



外まわりに思う パート2

2018年2月23日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「恵子

こんにちは。 

ここ数日は過ごしやすく、いよいよ春が待ち遠しい恵子です。
(おかげで、花粉はまだ大丈夫です。)

さて、前回は、金属サイディングによる「外壁重ね張り」についてのお話でした。

「重ね張り」は「塗装」と比べると工事価格は高いのですが、

長い目で見ると、メンテナンス費用はお得と言われています。 さぁ、何故でしょう?? 

今回は、そんなお話です。 それは・・・


ズバリ!! 金属サイディングは「フッ素焼付塗装」なので色あせしにくいからです。

     ↓  ↓  ↓  紫外線を当て色あせを見る試験です。


金属サイディング

一目瞭然!一般的な塗装(ポリエステル塗装)だと10年未満で色あせが見られますが

「金属サイディング」のフッ素焼付塗装では20年相当も色あせはほとんど見られません。


また実際の建物でも、約15年間に渡り、比較した写真があります。 ↓  ↓  ↓


金属サイディング

色あせの差はこの通り。・・・つまり「塗装」では3回も塗り替えが必要な所

「金属サイディング」の「重ね張り」では1回で済みます。

長い目で見ると、費用においても、煩わしさにおいても、絶対お得! ということです。

こんなイメージでしょうか。


金属サイディング

ただし必ず5~7年で塗装するかと言うと、中々微妙です。

けれど…。でも例えば20年で考えて、同じ位のメンテナンス費用だとしたら、

遮熱や断熱などの快適性能が高まり、加えてわが家の外観がグレードUPするのなら、

一考の余地はあると思うのですが・・・ いかがでしょう?

まとめますね。


「重ね張り工法」は「金属サイディング」との組み合わせで価格は高いけれど、

それ以上の価値ある優れた外壁リフォームが可能となりました。

外壁リフォームと言うと「塗装」が一般的ですが、こんなリフォームもあることを是非お伝えしたいと思いました。

屋根や外壁などのリフォームは、材料や技術の向上で、年々進化し、

ただ見映えをよくするだけでなく、例えば、耐震リフォームや、

夏の2階のもわぁ~とする暑さを和らげる遮熱リフォームなど、

色々な付加価値の付いた様々なリフォームが考え出されています。

私達施工店も、新しい情報の収集や技術の習得に一生懸命ついて行こうと、日々頑張っております。


屋根や外壁のリフォームサインとは

2018年2月22日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「外装」 「屋根リフォーム」 「直子

少しずつ暖かくなり、春に近づいている感じでしょうか。

春といえばスギ花粉症。

今日はちょっと鼻がムズムズしています。

「いよいよ来たか…」と感じずにはいられない直子です。





「屋根を葺き替えよう」 「外壁をリフォームしよう」

そんなことを考える時ってどんな時でしょう。

雨漏りがする、外壁が汚くなった、などなど様々な理由があると思います。


お家の困った解決します

屋根については、瓦が割れていたりズレがあったり、

雨漏りしたりなど、わかりやすい理由があると思いますが外壁の場合はどうでしょう?


外壁がサビたり、汚れたり、ヒビが入って傷んでいる…

このようなわかりやすい症状の他に、「触ると手に白く付く」ということがあります。


手に白く付く


このように外壁を触ると手に白くつく現象を「チョーキング」と言います。

雨や風、熱や紫外線などにより塗装された表面が劣化し、白く粉っぽく浮いてしまう現象です。

このチョーキングが出てしまったら、塗装やリフォームをするサインの一つです。




そろそろ外壁リフォームや塗装時期かな?と思われる方は

汚れや見た目だけでなく、外壁を触って確かめてみてくださいね。



家の外まわり…みんなこんな事思っているようです

2018年2月17日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「恵子

こんにちは。

今日はへんてこりんな天気ですね。花粉症だけれど、春が待ち遠しい恵子です。

さて、ちょぴっと褒められたことに気をよくして、また また 過去記事の紹介です。




家の外まわり…みんな こんな事思っているようです。

リフォーム理由

住まいの外まわりと言っても思いは様々。「きれいにしたい」「傷んだ所を直したい」「費用は?」などはもちろんのこと、

ただきれいにするだけでなく「全く違う外観」や冷暖房といった「快適性」さらに「耐震」など、たくさんのご希望がありますね。

屋根材や外壁材の性能の進歩や施工技術の向上などから、様々なご希望を叶えるリフォームができるようになりました。

そんな中から、今回は外壁の「重ね張り工法」についてお伝えします。


「金属サイディング」

まず押さえておきたい事は「(外壁)重ね張り工法」とは、名前のとおり今ある外壁の上に

新しい外壁材を重ねて張っていく施工方法のことです。重ねて張るので、新しい外壁材は軽くなければなりません。

なぜなら、重いと、建物に負担がかかり、強風や地震の時など揺れが大きくなってしまい危険だからです。

軽い外壁と言えば、成型角波や金属サイディング! 

成型角波はもうお馴染み、ガルバリウム鋼鈑を凸凹に成型したものですね。

「金属サイディング」も、また成型角波と同じガルバリウム鋼鈑を凸凹に成型したものなのですが、

大きな違いは、断熱材と見た目です。


金属外壁

見た感じは、まるで本物の石や木や、レンガ…etc ↑ ↑ ↑ とても金属とは思えない風貌です。

断熱材は、こんなふうに接着しています ↓ ↓ ↓
金属サイディング

持ってみるととても軽いので「あッ!金属なんだ」ってそんな感じです。

それから、細かい事かもしれませんが、「釘頭」が見えません。


金属サイディング


金属サイディング

こういう細部が、仕上がりの美しさや高級感につながるのですね。



外壁重ね張り手順

「重ね張り工法」特徴

まず良い点から。

うすうすお気付きかもしれませんが、低コストで経済的です。

「重ね張り」は今ある外壁をはがさいで重ねて張るので、はがす手間も、ゴミも少なくて済みます。

工事期間も短く、剥がして張る工事と比べると、その分費用もおさえることができます。

外壁をはがさないことで得する事はまだあります。住みながら工事できます。

壁を壊さないので、さほどホコリもたちません。

お隣さんにもあまりご迷惑をかけずに工事ができるので安心ですね。

それから最大の長所だと思うのは、「住まいを一新」できることです。大変身!!!

思い浮かべてみてください。例えば今までベージュ一色だった外観が、木とレンガ調のお洒落な住まいに大変身してしまうのです。

一般的な「塗装」では印象までをも変えるのは、ちょっと難しいですよね。


それでは「短所」は?


「重ね張り工法」は良いこと尽くめで短所はないの? って言われれば…残念ですが、もちろんあります。

まず、第一に、「胴縁(下地)」+「金属サイディング」で、壁が厚くなるので、複雑な形状の外壁にはきれいに張れません。

凸凹とした細部が、どうしてもゴツくなってしまいます。

あと、「塗装」と比べると、工事価格が2~3倍ほどかかってしまいます。

「剥がして張る」ことに比べれば、先に述べたように低価格なんですけどね。

もっとも、「重ね張り」や「剥がして張る」ことと「塗装」を比べるのは、ちょっと酷な感じもしますが・・・

だって「重ね張り」や「剥がして張る」のは、外壁が新品になるのですから・・・

けれど、百歩譲って、「塗装」VS「重ね張り」や「剥がして張る」を比べてみると、

長い目で見ると、メンテナンス費用はお得と言われています。というのも…


なぜ、お得か?? 長くなってしまいましたので、また次回・・・



scroll-to-top