外壁リフォームの種類

こんにちは。

娘が転勤のため、ひとり暮らしを始めました。

家に居る時は、ガミガミ・イライラ 怒ってばっかりいたけれど、

いざ居なくなると淋しいものです。勝手な母親の恵子です。


さて さて最近、ちょっぴり春めいてきたせいか、外壁リフォームのお問合せをチラホラ頂くようになりました。

そこで、窯業系(ようぎょうけい)外壁のリフォームについて・・・ご参考までに。

(窯業系外壁とは、トタンでない、コンクリートのパネルのように見える外壁材のことです)

窯業系外壁のリフォームは3種類あって、

①張替え ②重ね張り ③塗装 

それぞれ長短あるのだけれど、一番は今の外壁の状態でリフォーム種類がある程度決まってしまいます。

チョッと下図を見てください ↓  ↓  ↓
52bdae9636fa083d72ebf082b0a3de13
ようは、外壁の傷みが酷く、下地まで傷んでいそうな場合は、

良くも悪くも、今ある外壁をはがして、張り替えるしかなく、

それほど傷んでいない時は、今の外壁はそのままで、

その上に新しい外壁材を張っていく方法(重ね張り)でも、塗装でも、どちらでも選べます。

価格は、外壁材の種類にもよりますが、①張替えが一番高く、②重ね張り ③塗装 と続きます。

けれど、①張替えや ②重ね張りは、新しい外壁になるので、③塗装の2~3倍長持ちします。


外壁の汚れや、ヒビなど気になる方は、お気軽にご相談くださいね。

あっ、、価格や何かがのった 「 小冊子 」 もあります。