太陽熱温水器撤去工事

こんにちは浅井です!

先週の大雨で、西日本各地では、大きな被害がでました。

大雨のピークは過ぎましたが、未だに復旧の目途はたっていません。

自然の力の前には、どうする事も出来ないのが現状です・・・

犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。

一日でも早く復興出来るように願っています。

さて、今回は今はあまり見かけなくなった、太陽熱温水器の撤去工事についてご紹介します。

俗に、天日なんて言い方もしますが、その名の通り、太陽光に含まれる赤外線で、水を温める装置なんですね

屋根の上に乗っているのを良く目にしましたが、今ではガスやソーラーなどと言った物の登場で、数も少なくなりました。

温水器の詳細はウィキペディアより




太陽熱温水器
赤丸で囲んだ物が温水器です! 一度は目にした事があると思います。
ここのお宅は、ガスにしたので、必要がなくなったとの事で撤去する事になりました。 結構な重さですので、使わないのに乗せていても仕方がないとの事でした。 早速、撤去作業に入ります!
太陽熱温水器
今回は、はしごのみでの作業になります。 場合によっては、足場組も必要になってきます。
太陽熱温水器
手慣れた手つきで、次々と解体していきます。
太陽熱温水器
一つ一つ慎重に降ろしていきます。
太陽熱温水器
この部分が一番重いので、降ろすのに一苦労です・・・
太陽熱温水器
そこはやはり職人です、軽々と降ろしています!
太陽熱温水器
一時間ちょっとで、全ての作業が終了しました! お施主様も、やっと撤去出来たと、安堵の表情でした。
必要もないのに屋根に乗せていても、重いだけです

撤去して少しでも屋根が軽くなれば、耐震にも繋がります。

未だに屋根上に乗っていて、撤去されていない方もいらっしゃると思います。

建造では、このような工事も随時承っておりますので、どしどしご相談ください。

では、また来週!