雨漏りの原因その1

こんにちは浅井です!日差しが大分強くなってきましたねー


この前、現場に出た時に強い日差しに打たれて日焼けをしました


まだ春なのに・・・


職人さんが言うには、春の日差しが一番強いとの事でした!


ちょっと意外でしたね


女性の方は今から紫外線対策をしてくださいね


男性はそのままでも問題ないでしょ


今年は真っ黒に日焼けしたいと、密かに思う今日この頃です


さて、話は変わりますが家の悩みでだんとつで多いのが雨漏りです


しかし、その原因はとても多くて現場調査に行く私たちでも悩んでしまうくらいです


その中でも代表的なものを今日はご紹介致します


木造の住宅に限られますが、「谷樋」はご存じですよね?


わからない方の為に簡単にご説明します!


谷樋・・・屋根の面が入り隅的にぶつかった所を谷と言います。
     そこに出来た窪みに作る水路を谷樋と呼びます。

ちょっとまだよくわからないかも知れません(説明が下手ですいません・・・)
IMG_1129_1
写真で見ればわかりますよね!そう、この部分です


銅板で作られていますがこれがとても曲者なんです


銅は強くて大丈夫と昔の人は言ったと聞きますが、実際はとても弱いようです。


酸性雨や瓦の上薬などで穴が開いてしまうのです
IMG_1130_2

IMG_1127_1

ちょっと見にくいですが赤丸で囲った部分が谷樋の穴あき箇所です


ここから雨水が浸入して雨漏りの原因となります!


雨漏りの要因第一位と言ってよいくらい多いのがこの谷樋の穴あきです


本来ならば谷樋を交換するのが一番なんですが、応急対応もできます!
IMG_1132
IMG_1136

こんな感じで同じ銅板で穴をふさぎ、廻りをコーキングで固めます!

これで暫くは安心ですが、あくまでも応急なのでまた穴が開く可能性はあります


なるべくならばトタンの谷樋に交換すれば穴あきの心配もなくなるのでお勧めします!


ざっと説明しましたが、もし心当たりのある方や心配な方は建造までご連絡ください!


責任を持って現場調査させていただき、対応をさせて頂きますので!


これから梅雨の時期になり雨も多くなりますので雨が多くなる前にご連絡ください


ではお待ち致しております