屋根ルーフ333葺工事

こんにちは浅井です!

それにしても、危険レベルの暑さが続いていますね~

毎日、毎日ニュースでは「命の危険を伴う暑さ」と言っております・・・

暑さに弱い私は、外に出るのもきついです

けど、職人さん達は、この暑さの中、屋根にのぼり作業をしています!

弱音なんて吐いている場合ではないですね!

夏バテにならないように、日々体を鍛えたいと思います!

さて、今回は当社で扱う屋根材の一つ「ルーフ333」についてご紹介します!

ルーフ333と聞いても全く分からないと思うので、少し説明します。

主に縦葺専用の屋根材になります!

この333とは、屋根材の真から真までの間の距離(俗に働き幅と言う)がちょうど333㎝の事を言います!

ルーフ333の詳しい情報はここをクリック

特徴としては、施工が簡単で、尚且つ施工期日の短縮にも繋がります。

過去に行ったお宅の施工事例をご紹介します!
ルーフ333
この屋根は、桟葺と言う工法で葺いた屋根になります! 経年劣化によって、びっしりと錆びついています。 おまけに、雨漏りもしてしまっていました・・・。
ルーフ333
工事するに当たり、このベランダも解体撤去しなくてはいけません。 あくまでも何もない状態で工事を行います。
ルーフ333
職人さん達の、フルパワーであっという間に屋根上に移動できました。 このパワーには本当に圧倒されちゃいます。。。
ルーフ333
ベランダも撤去出来たので、この状態から屋根材を剥がしていきます。
ルーフ333
剥がし終えたら、コンパネを打ち、ルーフィング(防水シート)を張っていきます。
ルーフィングは、2次防水の役目があります。
ルーフ333
ルーフ333を葺く所です!
縦に細長い形をしています。 ガルバリウム鋼板ですので、錆びる心配は無用です
ルーフ333
ぱぱっと手際よく葺けました。
足で山の所を踏んではめ込んでいきます。 これが意外と気持ちいいんです
before
ルーフ333
これだけ錆びていた屋根が・・・
vertical
after
ルーフ333
はいこの通り!ピカピカの屋根に生まれ変わりました

見た目も、さほど違和感はありませんよね。

比較的安価で出来ましたし、工期は2日です!

完成後、雨漏りも止まり、屋根も新しくなりで大満足と太鼓判を押していただけました!

まだまだ沢山の屋根材の種類がありますが、個人的にはこの屋根材が好きです!

簡単施工って言うのが、とても魅力的です!

屋根を葺き替えたいけど予算と工期が心配な方でも、安心して葺き替えれると思います!

何かお考えの方や、悩んでいる方も一度建造までご相談ください!

それではまた