浅井

屋根漆喰補修工事

2019年4月22日|カテゴリー 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

それにしても今日はちょっと暑すぎませんか???

県内で最高気温第1位でしたよ今日の新城は

26度ってもう夏ですよね・・・今日ほどアイスクリームが食べたいと思った日はないです

まだまだ暑くなるのはこれからです!こんな事で弱音を吐いていたら真夏の暑さは乗り越えられないですね

さて、今回は屋根の漆喰補修工事をご紹介します!

何度もブログには出てきますが、今回はかなり劣化が進んでいる状態でした。

正直、上手く出来るか不安もありましたが、プロの職人さんのお陰で綺麗に工事ができました!
漆喰補修
漆喰が取れて、土があらわになっていました。
漆喰補修
土が流れ出しています。この状態になると、もう放置はできません。
漆喰補修
完全に土が流れて、向こうが見えています。これはもう手遅れです・・・
写真を見てもらった通り、劣化がかなり進んでしまっています。

全体的に漆喰が取れ掛かっていましたが、やはり放置してしまうと雨漏りの原因になります。

流れ出てからではもう遅いと言うわけです!

今回の漆喰は「南蛮漆喰」と言う、通常の漆喰よりも粘りっけが強い物を使用しました!

そこへ、より強固にする為に、砂を混ぜました!

こうする事により、かなり頑丈な漆喰が出来るわけです!

通常のお宅ではそこまでしなくても、従来の物で十分対応できますが、今回の現場はそうはいきませんでした。(状態を見ながらの判断になります。)


漆喰補修
塗っている所です!屋根に寝そべって塗っています!

この体勢がとてもきついと職人さんが言っていました

確かに辛そうに見えますが・・・お客様の為ですので多少つらくてもなんのその

漆喰補修

漆喰補修
漆喰補修
漆喰補修

上は完成後の写真になります!

あれだけ劣化していた部分も、しっかりと漆喰が塗れました

さすが、プロの職人さんです!これならば土も流れる事も、お施主様の不安もなくなりました!

よく放置されがちな漆喰ですが、やはり大事な家ですので定期的なメンテナンスは行うべきです

やった方がいいのかわからない方や、悩んでいる方はお気軽にご相談ください!

無料にてお見積りをさせて頂きますので!

では今日はこの辺で、また来週GW明けに会いましょう~

お蔵扉修理

2019年4月15日|カテゴリー 「サッシ・窓」 「浅井
こんにちは浅井です!4月も中旬に入りました。

桜も散り果ててしまいました。

お花見に行こうと思っていて、来週こそは、来週こそはと言っていたら、行けなくなりました

この、何事も先延ばしにしてしまう性格を本当に直したいです

思い立ったらすぐ行動!!!ですよね

反省反省・・・

さて、今回はお蔵の扉修理についてご紹介します!

お蔵は江戸時代から続く、伝統的建造物です!

今尚、所々で目にしますが、壁などは漆喰仕上げがほとんどです。

もちろん長い月日が経てば、劣化するのは当たり前です。

今回は、扉が硬くて開かないと言う問い合わせを頂きました!

原因は、大半は建物が傾いてきて、建てつけが悪くなったのがほとんどです!

こうなった場合は、少し扉の上部を削るしかありません。

削る事により、本来の状態に戻すことができます。
お蔵扉
このようなとても歴史を感じさせる建物です!
お施主様によると、大正時代の物だと言います。
お蔵扉
扉が半分までしか開きません。
男の力を持ってもびくともしませんでした。
しかも、表面には鉄板が付いて、とても重かったです

お蔵扉
大工さんがでっぱりの部分を削っていきます。
お蔵扉
ちょっとでもずれるとまた外してやり直しです。

修理後、とてもスムーズに扉が動き、悩んでいたお施主様も安堵の表情でした!

建造は、このような工事も行っています。

工事が小さいからとは思わず、どしどしご相談ください!

いつでも対応させて頂きますので!

ではまた来週

庇改修工事2

2019年4月8日|カテゴリー 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

土曜、日曜と地元のお祭りがありました!

毎年の事ですが、やはり神輿を担ぐと次の日は筋肉痛になります・・・。

小さなお祭りですが、みんな大盛り上がりで終えることが出来ました。

年々人が少なくなっていくので、この先お祭りが出来るのかなと心配しています。

また来年のお祭りが楽しみです!

さて、今回も先週に引き続き庇屋根の工事のご紹介をします。

先週完成しましたので写真をご覧ください!

before
庇改修

vertical
after
庇改修

before
庇改修
vertical
after
庇改修
before
庇改修

vertical
after
庇改修

どの写真も違いが良くわかると思います。

丈夫で長持ち!錆びる心配もない!腐らない!まさに一石二鳥です

お施主様も、これで安心していられると、とても喜んで頂けました!

工期も早いので、お待たせさせる事もありません。

もっと詳しく知りたい方や、お考えの方はどしどしご連絡ください!

それではまた来週

庇改修工事

2019年4月1日|カテゴリー 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

今日からいよいよ新年度の始まりですね!

今日は新年号が発表されましたね。「令和」だそうです!

皆さんはどう感じますか?

僕はまだ慣れないので、どうと聞かれても答えられませんが・・・

多分、皆さんも同じですよね

万葉集から抜粋した物だそうですが、今までは中国の古典からとっていたみたいです。

この「令和」が浸透すればきっと違和感なく思えてくると思います。

今年は災害の少ない「平和」な年になる事を願います!

さて、今回は庇の改修工事をご紹介します。

約40年以上前の庇なのですが、度重なる台風や、大雨によって劣化が進んで、ついに今にも崩れそうな所までいってしまいました。

お施主様も、落ちて誰かが怪我したら大変と言う事で、新しく付け替える事にしました。



庇改修
ベニヤの軒天も剥がれたい放題になっています・・・
庇改修
トタン屋根もめくれあがっています・・・
庇改修
下地の野地もこの通り・・・
庇改修
雨にさらされて完全に腐っています・・・。
写真で見ただけでも確かに今にも崩れそうですよね。

今回は木の庇ではなく、「ガルバリウム鋼板」で出来た、とても頑丈な物を使います。

もちろん板金製ですので錆びる心配も一切ありません

ユニエースと言う会社が出している物ですが詳しくはこちらをご覧ください。

工程は、まず古い庇を解体する所から始めます!
庇改修
さあ、大工さんと職人さんで解体作業の始まりです!!!

まずは屋根から取っていきます!
庇改修
屋根を取ると下地が見えてきます。
庇改修
所々ぼろぼろになっていました。
庇改修
全て解体するとこうなります。
庇改修
木造の裏に鉄骨が見えます。

珍しい造りの建物ですよね。
庇改修
廃材です!結構な量になりました。当たり前ですが・・・

後は下地を打ち、万が一水が入っても大丈夫なように、防水シートを張ります。

ここまで来たら、後は庇をビスでしっかりと固定して、絶対に飛ばされないようにします。

長さが9mちょっとあったので、定尺では間に合わず、4連結で取り付けました。

来週また完成した物を紹介します!

どのように庇が付くのか?どのような形の物なのか来週をお楽しみに!

では、新社会人の皆さん、新生活を始めた皆さん、頑張ってくださいね!

また来週

瓦屋根漆喰補修工事

2019年3月25日|カテゴリー 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

いよいよ、春の足音が聞こえてきました。

今朝は、ウグイスの鳴き声がして、地面にはつくしが生えていました。

昨日、舘山寺のアグリス浜名湖へイチゴ狩りに行ってきました。

主に、紅ほっぺでしたが大きなイチゴがいっぱいなっていて、とても贅沢な時間を過ごせました。

今が旬ですので、旬の内にぜひ味わいたいものですよね

イチゴはしばらくはもういいかなって思うくらい食べました笑

さて、今回は漆喰の補修工事をご紹介します。

瓦屋根には欠かせない存在の漆喰ですが、劣化するとぼろぼろと落ちてきます。

落ちてしまうと土が見えたり、最悪雨漏りの原因にもなり兼ねません。

今の瓦屋根には必要不可欠な物なのです!

今回のお施主様宅もぼろぼろ落ちて、とても気になるし不安だと言う事でした。

漆喰補修
このように土が見えてしまっています。
漆喰補修
土が流れ出して、雨漏りの原因にもなります。
写真のように、劣化するとこのような感じになって、よく皆さんが言うのが見苦しいとの事です。

確かに、見た目はあまりいいとは言えませんよね

そこで今回も上塗りで施工したいと思います。

工程は単純明快、既設の上から漆喰を塗るだけ!!!

ただこれだけの事なんです。(状態などにもよりますが・・・)

ですから、工期もぐっと短くできて、お客様を煩わすような事もありません!

IMG_0468
この部分は鬼瓦です。漆喰の落ちてしまったこの隙間から雨水が入りたい放題です!
漆喰補修
ここも放置すると雨漏りの原因になります。
before
漆喰補修
vertical
after
漆喰補修
before
漆喰補修
vertical
after
漆喰補修

before
漆喰補修
vertical
after
漆喰補修
施工後の写真です。しっかりと補修が出来ました!

お施主様も不安がなくなって、とても喜ばれていました!

今では、漆喰ではなく、プラスチックの物や板金などを用いる場合もあります。

どれもその時の状態によりますので、一度気になっている方はぜひご相談ください!

どのようにしたらいいのか、アドバイスをさせて頂きますので!

これから梅雨の時期にも入ってきますので、雨が多くなる前に補修してみてはいかがでしょうか?

ではまた来週
scroll-to-top