浅井

ベランダ笠木取替他工事

2019年2月4日|カテゴリー 「浅井
こんにちは浅井です!

久しぶりの投稿になります

今年は、暖冬と言いますがまさにその通りですよね!

今朝も、冬?と思うくらい暖かい朝になりました。

寒いよりはましですけど、やっぱり環境問題が懸念されますよね・・・

この先、どんどん環境が変わってしまうとどうなってしまうのか

とても心配に思う今日この頃です。

さて、今回はこちらも環境に左右される工事をご紹介します。

ベランダの笠木の部分が錆びてしまい、錆びが雨で流れて、錆びの染みがベランダに残ってしまいました。

環境と言うのは、雨の当たり方や、日が当たるか当たらないかなどによって建物の劣化のスピードも変わってきます。

ですので、建物もその場所の環境によって大きく変わってくるのです!

今回の場合は、常に雨にさらされる場所で、劣化によって錆びた部分が広がっていったと言う事です。


笠木補修
この部分が笠木と言います。
錆びているのが良くわかると思います。
笠木補修
錆びが流れて染みになってしまいました。
工程としては、既設の笠木を撤去して、新しい笠木を加工して取り付けます。
笠木補修
取り外した笠木です。
錆びて穴が開いています。
笠木補修
長年雨にさらされた下地の木です。
完全に腐ってしまいました。
笠木補修
取り外すとこんな感じです。

笠木補修
新しい笠木を取付中です。
雨が入らないようにしっかりとシーリング処理をします。
before
笠木補修
錆びていた笠木も・・・
horizontal
after
笠木補修
新しくなりました。
錆びる心配もありません。
before
笠木補修
染みがあったベランダも・・・
horizontal
after
笠木補修
塗装により綺麗になくなりました。
お施主様も、頼んで本当に良かったと言って頂けました。

何度も言いますが、手遅れになる前に当社にご相談ください。

小さいから・・・など言いにくい事でも親身になって対応させて頂きます。

ではまた次回。

瓦補修他工事

2019年1月21日|カテゴリー 「浅井
こんにちは浅井です!

1月も、もう後半になりました。

日も大分長くなってきたような気がします!

昨日は、静岡県の焼津市にある魚センターまで行ってきました

友達と行きましたが、日曜なだけあって人が凄かったです

中トロ、まぐろ漬け丼を食べましたが、とてもおいしかったです!

色々あって迷いましたが、食べる価値は十分にありますよ。

高速に乗って約1時間ちょっとで行ける距離なので、ぜひ行ってみてくださいね!

新鮮な魚が超お得価格で販売されていましたので!

豊橋ナンバーの車がとても多く見受けられました!

さて、今回は瓦の補修工事をご紹介します。

内容は、瓦が劣化して割れている箇所があるのと、雨漏りで軒先の下地が腐って落ちてしまいました。

お施主様も、最近になって気付いたと言われていました。

家の裏側なので、あまり気にはしていなかったようですが・・・

まずは、瓦を剥いで、下地の補修からです!
瓦補修
こんな感じに軒先が腐って落ちてしまっています。

長年の雨漏りで、完全に木が腐ってしまったようです・・・
瓦補修
下から見ても、今にも落ちそうな感じになっています。

垂木も腐ってしまったので、劣化した垂木の横へ支えてあげるように、新たに垂木を取り付けます。

瓦補修
下地を打って、防水シートも敷きました。

これで雨漏りしても、木を腐らせる心配はありません。
before
瓦補修
落ちそうになっていた下地も・・・
vertical
after
瓦補修
このようにしっかりと補修できました。

これで落ちる心配もなくなりました!
before
瓦補修
取れてしまったノシ瓦も・・・
horizontal
after
瓦補修
しっかりと固定して、ずれないようにしました!
before
瓦補修
劣化によって割れてしまった瓦も。
horizontal
after
瓦補修
取り替えて、雨漏りしないようにしました。
瓦は劣化すると割れる原因にもなります。

もし、住宅街で割れて瓦が急に落ちてきたらと思うと・・・とても想像できません

家の裏手や、見えない場所ではやっぱり放置しまいがちです。

見えないところだからこそ、しっかりとこまめに確認する事が何より大事になります

手遅れになってからでは、遅いので、今の内に確認してみてください。

何か気になることがあれば、建造にぜひ相談ください!

家の不安を抱えて暮らす程、嫌な事はないですからね。

ではまた来週

明けましておめでとうございます。

2019年1月7日|カテゴリー 「浅井
皆様、新年明けましておめでとうございます

本年も、建造と浅井をよろしくお願い致します

今年もお客様の為に躍進して参ります

新年1発目のブログとなります!

今年の抱負は「ミスをなくす」です・・・

おっちょこちょいの僕はよく小さなミスをしてしまいますので

落ち着いて仕事に取り組むようにします!!!

お正月休みは満喫できましたか?

僕は、初詣に豊川稲荷に行きましたが、もう人人人でもみくちゃにされながらの初詣となりました

さあ

今年は、色々と動きのある年になりますね。

新元号に変わったり、消費税が10%に引き上げられたりと・・・

激動の2019年になりそうですね

昨年は「災」と言う漢字が選ばれましたが、今年は災害の少ない年になって欲しいと思います。

インフルエンザも流行っていますので、外から戻ったら必ず手洗い、うがいは忘れずに!

今回は新年のご挨拶のみとさせて頂きます。

ではまた来週

















雨樋取替他工事 

2018年12月17日|カテゴリー 「浅井」 「雨どい
こんにちは浅井です!今年も残す所後2週間となりました!

そして、浅井のブログも今年最後となります(来週は祝日でお休みになるので)

閲覧して頂きましてありがとうございました!

今年の漢字が「災」と決まりましたね。

本当に、今年は災害の多い年だったと思います・・・。

まだ、完全に復興した訳ではありませんが、日本の建築技術は、世界から絶賛されるくらい素晴らしい物です!

私たちも、同じ建築業に携わっているので、恥じないような仕事をこれからもして行きたいと思います。

被災された方の、一日でも早い復興を願っています。

さて、今回は雨樋の取替工事をご紹介します。

何度かご紹介していると思いますが、雨樋とは家になくてはならない物です!

やはり、経年劣化によって、雨樋の機能が失われてしまうのは仕方のない事です。

今回のお客様も年数が経っているので、そろそろ取り替えて欲しいとの事で問い合わせを頂きました。


雨樋取替
写真で見てもわかるように、劣化しているのがわかると思います。

劣化が進むと、亀裂が入ったり、雨漏りがしたりします。

台風などで、飛ばされやすくなるのであまり放置する事はおすすめできません。
状況にもよりますが、1件丸ごと雨樋を交換しても、工期は大体1日くらいで終わりますので、長い事お待たせする事もありません。

今の雨樋は、昔の雨樋と比べて強度から耐久性から格段に違います。

約20年近く持つ場合もあります
before
雨樋取替
施工前の雨樋です。
horizontal
after
雨樋取替
施工後になりますが、同じ色なので分かりにくいと思いますが、ちゃんと変わっています!
before
雨樋取替
大屋根の雨樋も・・・
horizontal
after
雨樋取替
ピカピカの新品に変わりました
before
雨樋取替
遠目からみてもわかりますでしょうか?
horizontal
after
雨樋取替
変わってるんです!!!
雨樋があるとないとでは、家の耐久性も大きく変わってきます。

それだけ、雨樋と言う物は家にとってなくてはならない物なのです!

ないと雨に濡れてしまうってのもあるんですけどね

今回、雨樋交換と同時に、軒先の板金面戸の取付もしました。

これは、雨樋のちょうど後ろに白くしっくいが塗られているのはご存じだと思います。

こちらも劣化すると、ぽろぽろと白い物が下に落ちてきます

しっくいを塗ってもまた劣化すれば同じようなことが起こります・・・。

そのような手間をなくすために、軒先のしっくいの代わりに、トタンを張ると言う工事です!
雨樋取替
こんな感じに、板金を張りつけます。こうすればしっくいも、土も落ちずに済みます。

しっくいが落ちるのが気になる方には特におすすめしたいです
雨樋も綺麗になって、しっくいが落ちる事もなくなって、お施主様もとても喜ばれていました!

気になることがあれば、何でもご相談くださいね!

これからも、お客様の「笑顔」を頂けるような仕事をしていきたいと思います

ではまた来年お会いしましょう!

皆様、良い年をお過ごしくださいませ

棟瓦補修工事(台風24号被害)

2018年12月10日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

本格的な冬の到来ですね東北や北海道ではすでに大雪の所も・・・

青森県の酸ヶ湯では121㎝の積雪だそうです!!!

この地方が121㎝もの積雪になったら、間違いなく大混乱になってしまいますね。

さて、今回は先々月この地方を襲った、台風24号の被害に遭ったお宅の工事をご紹介します。

この台風で瓦屋根の棟が大きくずれてしまいました。

凄まじい風の力の前には、かないません
棟瓦補修
大きく、ずれているのがわかります。
棟瓦補修
今にも全部崩れ落ちそうですよね・・・。
こうなると、やはりプロの方にやってもらうしかないです。

協力業者の瓦屋さんにお願いして、綺麗に積み直してもらうことにしました。


棟瓦補修
屋根に足場を作って、崩れそうになっていた部分をとって一枚ずつ積んでいきます。

簡単そうに見えて、じつは難しい作業なんです!
棟瓦補修
土を入れて、ずれないようにします。
棟瓦補修
手際がいいので、作業が早いです!
before
棟瓦補修
ずれてしまった瓦が・・・
horizontal
after
棟瓦補修
しっかりと元通りになりました!
お施主様もいつ落ちるかわからないと言う不安が解消されて、とても喜ばれていました。

協力業者さんの作業にはなりますが、建造ではこのような事も随時、承っておりますので、ご相談ください!

今年も残す所後2週間ちょっと、やり残しは今年の内に!

ではまた来週
scroll-to-top