浅井

倉庫スレート屋根カバー工事完了!!!

2018年9月19日|カテゴリー 「浅井
こんにちは浅井です!

朝晩と、とても過ごしやすい気候となりました。

田畑にはこの時期に咲く彼岸花がいっぱい咲き誇っています

ただ咲くだけではなく、ちゃんとこの時期を感じて、きっちりと予定通りに咲く・・・

しっかり者の彼岸花を見習わなくてはと思う今日この頃です・・・

さて、工事もいよいよ完成しました!

工事前、工事後を写真でよーく見比べてください。

before
カバー工事
色あせてしまって、劣化や雨漏りが心配だったのですが・・・。
vertical
after
カバー工事
この通り、板金で覆い被せました。

これで、劣化も雨漏りも安心して防げます!
before
カバー工事
遠くからの眺めも・・・
horizontal
after
カバー工事
違和感なく施工ができました。
何度も言うように「ガルバリウム鋼板」は錆びに強い!のが特徴です。

錆びて穴があく心配をする必要も一切ありません!

大事な家を長持ちさせたいのなら、ぜひこのガルバリウム鋼板の屋根材をおすすめします!

一度、葺き替えれば約25年~30年は持ちます!(環境によって変わってきますが)

屋根材は色々な物がありますので、一度当社に来て、見て、触って体感してください。

あなたにピッタリな屋根材をお探し致します!

今回施工をさせて頂きました豊川O様本当にありがとうございました。

ではまた次回まで

倉庫スレート屋根カバー工事3

2018年9月10日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!北海道の地震はびっくりしました・・・

地震に台風・・・異常気象と言わざる負えないですよね。

地震で犠牲になられた方のご冥福を祈ると共に、早期復興が出来る事を願っています

さて、前回の続きですが、ケラバと棟包みのご紹介です。

ケラバ?棟包み?と言われても素人からしたら何なの?と思いますので写真で説明しますね!
カバー工事
ここがケラバと言う部分です。屋根の角の部分になります。
カバー工事
この前造ったケラバカバーがしっかりと付いています。
名前の由来は、形状がオケラの羽に似ている事からつけられたと言われています!似てますかね???(笑)
カバー工事
一直線に見えるのが棟カバーです!雨が入らないように被せます。

ボルトでしっかりと固定をして、強風で飛ばされないようにします。
色々な箇所にそれぞれの部品がつくんですね。

主に、見た目だけではなく、雨水を防ぐための水切りなんです。

一つ一つ重要な役割があります。

大分形になりましたので、来週は完成後をご紹介します。

大雨に台風とまだまだ油断はできません!

今の内に心配な所があれば手遅れになる前にご相談くださいね

きっとお力になれると思いますので!

ではまた来週

倉庫スレート屋根カバー工事2

2018年9月4日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!台風21号が接近しています。

今年は、台風の数も多いですが、日本に接近してくる数も例年より多いです。

今年の台風は日本がよほど好きなんですね

とにかく、21号の被害がないことを願うばかりです・・・

さて、先週に引き続きスレート屋根カバー工事についてご紹介します!

今回は、屋根材の方に入って行きます!

カバー工事
レッカーで荷上げをしている所です。
カバー工事
屋根材が長いので、レッカーなしでは運べません。
カバー工事
屋根上に並べて置きます。 この状態から、全て手作業で一枚ずつ屋根材を葺いていきます!
カバー工事
ボルトでしっかりと固定していきます。
しっかり固定しないと、飛ばされてしまいますのでここは慎重に下地に止めて行きます。
カバー工事
葺いた状態かこちらになります。 見た目から、丈夫さが伝わってきますよね
屋根が葺けたら、今度はケラバと棟包みを作っていきます。

こちらも全部手作業で作ります。

職人の腕の見せ所でもあります!
カバー工事
今回は、Rに曲がっているので、加工も大変でした。
カバー工事
一人では無理なので、みんなで協力して作っていきます!
屋根を葺いて終わりではないのです。

屋根には沢山の部位があるのです。

本棟、谷、下り棟、軒先、ケラバなどなど・・・

その部分ごとに水切りが存在します!

来週はケラバ・棟包みの所からご紹介しますね。

では、また来週

倉庫スレート屋根カバー工事

2018年8月28日|カテゴリー 「浅井
こんにちは浅井です!一日遅れのブログとなります。

昨日、久々に現場に出て作業を行いましたが、はっきり言ってばてました

当社の17歳の子と作業を行いましたが、やはり若いのか疲れ知らずで、作業終了しても元気いっぱいでした。

もう30過ぎた僕にはとてもきつかったし、それだけ年を取ったんだなとつくづく思いました

ジム通いをしていますので、もっと体力をつけて、若いもんに負けないように頑張ります!!!
(気持ちはまだ20代でいるのですが・・・

さて、前置きはここまでにして、今回は倉庫のスレート屋根カバー工事についてご紹介させて頂きます。

スレート屋根カバー工事とは、コストを削減したとてもエコな工事なんです!

既設の屋根材はそのままで、その上から板金の屋根材を被せてしまうのです。

既設撤去・処分費がかからないのと、工期の短縮にも繋がります。

もちろん、スレート屋根に限らず、カラーベスト屋根などにもカバー工事は大変おすすめです。

トタンにすれば、劣化も防げるし、錆びたりしないので安心して暮らせると言うわけなんですね!

カバー工事に関してはこちらで詳しい説明がありますので、ご覧ください。
カバー工事
これがスレート屋根です。
カバー工事
一見、悪そうな所は見当たらないようですが・・・
カバー工事
ボルトの部分にひびが入っていたり。
カバー工事
目地の部分のコーキングが切れてしまっていたりと。
近くに行って良く見ないとわからないような劣化箇所が多数ありました。

今回は、たまに雨漏りもすると言う事で、今後どうすればよいのかとの相談を受けました。

このまま放置しても、屋根はどんどん劣化する一方ですので、カバーをして劣化しないようにしましょうと提案させて頂きました。

コーキングで補修しても、雨漏りは止まりますが、劣化までは防げませんので
カバー工事
しっかりと段取りをして、工事に入ります。 まずは足場組みからです。
カバー工事
念入りに細部までしっかりと足場を組み、絶対に崩壊しないようにします。
足場も組み終わり、いよいよ屋根工事へと入って行きます。

まずは、この屋根は軒先がRに曲がっていますので、そこの部分の加工が必要になります。

屋根材はまっすぐなので、そこの部分だけむき出しになってしまうからです・・・。

ラジアル加工と言います。

※ラジアル加工は、もともと折版屋根の軒先デザイン・機能の向上を目的として開発されたもので、近年は屋根と外壁の一体化などラジアル加工のピッチを変えることで、大きな曲面に対応するなど様々なデザインに応用されるようになっています。


カバー工事
このようにRになっている部分にラジアルを被せて行きます。
カバー工事
これがラジアルです。綺麗なRの形をしています。
カバー工事
全て手作業で張っていきます!
カバー工事
張った後はこのような感じです! 見事に軒先の部分をラジアルが覆っています。
ただ屋根を葺けばいいのではなく、やっぱり見た目や、デザインも必要になってきます。

やはり綺麗な屋根で見た目も綺麗な家って住んでいる方も、見ている方もとても気持ちがいいですよね

今回の工事については、随時報告していきます!

終わるまでは、全力でお伝えしていきますので完成までの工程をお楽しみください

来週は、いよいよ屋根材の方へと入って行きます!

では、また来週

カラーベスト屋根棟カバー

2018年8月20日|カテゴリー 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!

お盆休みも終わって、いつもの生活に戻りました。

台風が多く発生していますね~

海水温が高いのと、今年は色々と異常気象なので不思議ではありませんが。

前回の台風12号被害に遭われたお宅の工事に行ってまいりました!

暴風によって棟のカバーが飛ばされてしまいました。


台風被害
見事に飛ばされてしまっています! やはり風の力は凄まじいですね・・・
台風被害
木の下地も劣化して腐っています。 これでは、釘で固定しても全く意味がありません。 じゃあどうすればよいかと言うと・・・
台風被害
この下地を取り付けます。 これはタフモックと言う物です。 プラスチック製の木材と言うわけですね! プラスチック製なので腐ることはないのです。 近年、このような素晴らしい材料がどんどん出ていますので、工事も大分楽になってきました。
台風被害
タフモックを取り付けたら、棟カバーを取り付けます。 もう飛ばされないように、念入りにビス止めを行います!
before
台風被害

horizontal
after
台風被害
完成後になります! しっかりと取り付けられました。
工事は、2時間くらいで終われました。

小さな事でもやっぱり知らんふりしていれば、大きなことになってしまいます。

放置せずに、気づいた事は何でもご相談ください!

万が一、台風によって、被害に遭われた方は建造までご相談くださいね!

まだまだ大きな台風が襲来する時期です!

油断せずに備えを万全にしておいてくださいね。

それよりも台風が来ない事を願いたいばかりです・・・

台風20号の動向にも十分注意してくださいね。

ではまた来週
scroll-to-top