浅井

倉庫屋根・外壁鈑金工事

2019年11月25日|カテゴリー 「外壁リフォーム」 「外装」 「屋根リフォーム」 「浅井
こんにちは浅井です!

お久しぶりの投稿になります

色々と忙しくて中々更新出来ずにいました・・・。

寒くなり、いよいよ冬の到来となりました。

今、紅葉が見頃を迎えています

この辺では、鳳来寺山か香嵐渓が紅葉のスポットですが

先日、後輩が香嵐渓に紅葉を見に行ったのですがたどり着くまでに4時間以上かかったそうです・・・

大渋滞でほとんど車が動かなかったようです。

ライトアップを見に行ったので、余計に混んでたのかも知れないですね。

時間に余裕を持って出かけたいですよね。

時間かけて来た甲斐があるくらい紅葉が見事だったそうですが

散る前に是非とも見たいですよね。

さて、今回は倉庫の板金工事をご紹介します!

木造で造られた倉庫の屋根と外壁を鈑金で納めていきます。
倉庫鈑金
倉庫鈑金
屋根は小波付で、外壁は成型角波で貼っていきます。

形が四角いのでとても工事し易く、時間をかけずに工事ができました。
before
倉庫鈑金
vertical
after
倉庫鈑金
before
倉庫鈑金
vertical
after
倉庫鈑金
倉庫鈑金
これが小波付と言う葺き方になります。

波トタンを綺麗に重ねて葺いて行きます!


木だとやはり日が経つと腐ったりしてきます。

ガルバリウムの鋼板で貼ればとても長持ちするのでとてもお勧めです

お施主様も大変喜ばれていました。

建造は倉庫も家もなんでも板金工事出来ちゃいますので、お気軽にご連絡くださいませ。

ではまた次回

寒くなりますので、体調管理には十分お気を付け下さいませ

庇改修工事

2019年4月1日|カテゴリー 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

今日からいよいよ新年度の始まりですね!

今日は新年号が発表されましたね。「令和」だそうです!

皆さんはどう感じますか?

僕はまだ慣れないので、どうと聞かれても答えられませんが・・・

多分、皆さんも同じですよね

万葉集から抜粋した物だそうですが、今までは中国の古典からとっていたみたいです。

この「令和」が浸透すればきっと違和感なく思えてくると思います。

今年は災害の少ない「平和」な年になる事を願います!

さて、今回は庇の改修工事をご紹介します。

約40年以上前の庇なのですが、度重なる台風や、大雨によって劣化が進んで、ついに今にも崩れそうな所までいってしまいました。

お施主様も、落ちて誰かが怪我したら大変と言う事で、新しく付け替える事にしました。



庇改修
ベニヤの軒天も剥がれたい放題になっています・・・
庇改修
トタン屋根もめくれあがっています・・・
庇改修
下地の野地もこの通り・・・
庇改修
雨にさらされて完全に腐っています・・・。
写真で見ただけでも確かに今にも崩れそうですよね。

今回は木の庇ではなく、「ガルバリウム鋼板」で出来た、とても頑丈な物を使います。

もちろん板金製ですので錆びる心配も一切ありません

ユニエースと言う会社が出している物ですが詳しくはこちらをご覧ください。

工程は、まず古い庇を解体する所から始めます!
庇改修
さあ、大工さんと職人さんで解体作業の始まりです!!!

まずは屋根から取っていきます!
庇改修
屋根を取ると下地が見えてきます。
庇改修
所々ぼろぼろになっていました。
庇改修
全て解体するとこうなります。
庇改修
木造の裏に鉄骨が見えます。

珍しい造りの建物ですよね。
庇改修
廃材です!結構な量になりました。当たり前ですが・・・

後は下地を打ち、万が一水が入っても大丈夫なように、防水シートを張ります。

ここまで来たら、後は庇をビスでしっかりと固定して、絶対に飛ばされないようにします。

長さが9mちょっとあったので、定尺では間に合わず、4連結で取り付けました。

来週また完成した物を紹介します!

どのように庇が付くのか?どのような形の物なのか来週をお楽しみに!

では、新社会人の皆さん、新生活を始めた皆さん、頑張ってくださいね!

また来週

瓦屋根漆喰補修工事

2019年3月25日|カテゴリー 「浅井」 「補修・修理
こんにちは浅井です!

いよいよ、春の足音が聞こえてきました。

今朝は、ウグイスの鳴き声がして、地面にはつくしが生えていました。

昨日、舘山寺のアグリス浜名湖へイチゴ狩りに行ってきました。

主に、紅ほっぺでしたが大きなイチゴがいっぱいなっていて、とても贅沢な時間を過ごせました。

今が旬ですので、旬の内にぜひ味わいたいものですよね

イチゴはしばらくはもういいかなって思うくらい食べました笑

さて、今回は漆喰の補修工事をご紹介します。

瓦屋根には欠かせない存在の漆喰ですが、劣化するとぼろぼろと落ちてきます。

落ちてしまうと土が見えたり、最悪雨漏りの原因にもなり兼ねません。

今の瓦屋根には必要不可欠な物なのです!

今回のお施主様宅もぼろぼろ落ちて、とても気になるし不安だと言う事でした。

漆喰補修
このように土が見えてしまっています。
漆喰補修
土が流れ出して、雨漏りの原因にもなります。
写真のように、劣化するとこのような感じになって、よく皆さんが言うのが見苦しいとの事です。

確かに、見た目はあまりいいとは言えませんよね

そこで今回も上塗りで施工したいと思います。

工程は単純明快、既設の上から漆喰を塗るだけ!!!

ただこれだけの事なんです。(状態などにもよりますが・・・)

ですから、工期もぐっと短くできて、お客様を煩わすような事もありません!

IMG_0468
この部分は鬼瓦です。漆喰の落ちてしまったこの隙間から雨水が入りたい放題です!
漆喰補修
ここも放置すると雨漏りの原因になります。
before
漆喰補修
vertical
after
漆喰補修
before
漆喰補修
vertical
after
漆喰補修

before
漆喰補修
vertical
after
漆喰補修
施工後の写真です。しっかりと補修が出来ました!

お施主様も不安がなくなって、とても喜ばれていました!

今では、漆喰ではなく、プラスチックの物や板金などを用いる場合もあります。

どれもその時の状態によりますので、一度気になっている方はぜひご相談ください!

どのようにしたらいいのか、アドバイスをさせて頂きますので!

これから梅雨の時期にも入ってきますので、雨が多くなる前に補修してみてはいかがでしょうか?

ではまた来週

サッシカバー工事

2019年3月18日|カテゴリー 「サッシ・窓」 「浅井
こんにちは浅井です!スギの花粉もそろそろ終わりますね~

最近、くしゃみに鼻水がなくなったので、いよいよ終息になったんだと感じます。

僕はスギだけなので、これからヒノキが始まりますが、両方持ちの方は辛いですよね・・・

鼻うがいってかなり有効な方法みたいですので、試してみてください!

花粉の少ないスギやヒノキが増える事を願う今日この頃です

さて、今回はサッシカバー工事をご紹介します!

問い合わせの内容は、ガラスにひびが入って、建てつけが悪くて開け辛いと言う内容でした。

砕石場の事務所ですが、トラックの往来が激しい所ですので、振動で割れた可能性もありました。

「サッシ・カバー工法」で施工する事にしました。

サッシのカバー工法は、既設の枠をそのまま使い、新しい枠をはめ込むだけの簡単な施工になります。

サッシ取替
このような4枚建ての引違戸です。
サッシ取替
テープが張ってある部分がひび割れの箇所です。

サッシ取替
この既設の枠の上に、新しい枠を被せて行きます。
古い窓は撤去して、枠だけにします。
状態にもよりますが、大抵のアルミサッシならばカバー工事が可能です。
サッシ取替
白く長い物が新しい枠になります。

サッシ取替
ちょうどはめ込んだ所です。

サッシ取替
こんな感じで被せます。
違和感などは感じられないくらい自然です。
後は、レールをつけて窓をはめるだけ!!!
before
サッシ取替
割れて、建てつけの悪かったサッシも・・・
vertical
after
サッシ取替
ピカピカの新品に変わりました。
あまり変化がないのでわかりにくいですが・・・
今回はシングルガラスで施工しましたが、ダブルもあります。

住宅用の施工は「インプラス」がとてもおすすめです!

大手のLIXILが行っているカバー工法ですが詳細はここをクリックして確認ください。

結露が気になる方や、寒さ、暑さもしっかりとカバーできますのでやる価値は十分にあります!

これから考えている方や、カタログだけでもと言う方はお気軽にご相談ください!

今回の施工時間は、3時間程度で終了しました。

早く終わったので、お施主様をお待たせする事無くできたのがうれしかったです

ではまた来週

トイレ取替工事

2019年3月11日|カテゴリー 「内装リフォーム」 「浅井」 「TOTO
こんにちは浅井です。

今から8年前の今日は何があったかわかりますよね?

忘れることのできない、東日本を巨大地震が襲いました・・・

津波により、多くの方が犠牲になりました。

家屋を失い、今でもまだ避難所生活をされている方が多くいます。

この未曾有の災害を決して風化させてはいけません。

このような災害が起こったからこそ、次に同じような災害があったときにどうしたら良いか教訓がうまれる訳です。

この東海地方も東海地震が起こると言われています。

同じような事が繰り返されないように、今の内に万全の備えと、知識を身につけて、いざと言う時に役立たせたいですよね。

犠牲になられた方々のご冥福を祈ると共に、完全復興出来る事を願っています。

がんばれ東北!!!

さて、今回はトイレの取替工事をご紹介します。

この他のトイレ工事の内容に関しては、弊社取締役、松浦剛のブログにも詳しく書かれていますので、ぜひご覧ください。

取替の理由としては、古くなったからはもちろんですが、一番多いのが、タンクを無くしたいと言う方がだんとつです。

タンクはあれば便利ですが、何となく狭く感じてしまうようです。

最近のトイレはタンクレスの物が主流になっています。

TOTO、LIXILと言った一流メーカーから続々と新商品の発表もされています。

当社はどちらのメーカーの商品を取り扱っておりますのでご安心ください

今回はTOTOの「ネオレスト」と言う商品を取り付けました。

ネオレストの詳しい商品情報はこちらをご覧下さい!

工程はとても簡単です。

既設のトイレをまずは撤去していきます。






トイレ取替
一般的なタンクありのトイレです。
まずタンクを外します。
トイレ取替
タンクを外したら、便器を取り外します。
トイレ取替
外すとこんな感じです。

アジャスターだけになりました。このアジャスターは2種類あります。

普通タイプとリモデルタイプがあるのです。

また、他社のメーカーの商品によってはつかない物もあります。

TOTO同士ならば問題はありません!


before
トイレ取替
タンクがあったトイレも・・・
vertical
after
トイレ取替
タンクレスにしてとてもスッキリしました。

しかもお掃除もとても楽ちんで、汚れにくいと、三拍子揃ったトイレと言えます。

エコ機能もついているので、節水も出来るんです!(グレードによっては機能が違います)

とにかく今のトイレはとても進化しています。


半日で工事は終了しました!とても速いですよね

施主様も、トイレがスッキリしてお掃除が楽なんで取り替えてよかったと大満足されていました。

お取替えをお考えの方や、商品のお値段が気になる方などなど、ご相談は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、実物が見てみたい方は、TOTO豊橋ショールームに行けばいつでも見られます。

一人で行くのが不安な方は当社スタッフもご一緒に同行しますので言ってくださいね!

トイレをリフォームして快適なトイレライフを

ではまた来週
scroll-to-top