サイディング外壁のリフォームは 

 サイディング  ●安価に仕上げたいなら、塗装が一番。
●最上級のリフォームなら「カバー工法」!
●塗装とは一味違う、レンガ調・タイル調や 石積み調…など。
●塗装同様の手軽さで3倍長持ち。
●壁が二重になる上に断熱材と一体成型だから、断熱・遮音に優れ、快適住宅に変わります。
●さらにアスベストの不安も解決しました。


  ※ サイディング外壁には「カバー工法」
サイディングのリフォームはには重ねて貼る「カバー工法」をオススメします。
塗装なら、手軽で一番安価に出来るのですが、約5年ごとに再塗装しなければならないなど、耐久性の不安があります。

サイディングを撤去してから新しく外壁材を貼っても良いのですが、サイディングにはアスベストが含まれている物もあるため、トタンなどに比べ、処分費用がかなり掛かってしまいます。
そこで、軽量な金属外壁材を重ねて貼る「カバー工法」をオススメしています。

カバー工法は、壁が二重になる上に、断熱材と一体成型な金属外壁材を用いますので「夏は涼しく、冬は暖か」「外はうるさくても家の中は静か」そんな快適住宅に生まれ変わります。


 サイディング外壁リフォームの施工事例  新城市平井  T様邸

■ お客様の声をいただきました! ■


新城平井:T様
丁寧に住んで来たのですが、やはり築10年も経つと、屋根の色あせや外壁の汚れなどが気になりだしました。
塗装も考えたのですが、屋根外壁とも剥がさなくても、その上に屋根材や外壁材を貼る方法があると聞き、多少金額が高くなっても長い目で見ると得かな〜と思い、カバー工法を選びました。
まるで新築みたいになりました。
以前よりクーラーの効きが良くなったように感じます。
外壁と屋根の両方だったので、もっと日数がかかり、煩わしいと思っていたのですが、2週間ほどで出来上がったし、雨やホコリの心配もする事なく過ごせました。




施工前

T様邸のカラーベスト屋根とサイディングの外壁には、アスベストが含まれている為、撤去処分費が高額になってしまいます。

ですから、撤去せずに重ねて施工する「カバー工法」をおすすめしました。


新しくする屋根材も外壁材も、軽量な金属だからこそ出来る施工方法です。




施工後


まるで新築のようになりました。

金属屋根、外壁ともガルバリウム鋼板製なので耐久性に優れ、また断熱材が裏打ちされているから断熱、遮音に効果的です。




既存の屋根や外壁を剥がさない分、経済的に施工でき、お施主様にも喜んでいただけました。







お電話は今すぐ!お気軽にどうぞ。

TEL 0120-967-557

または、 0536-22-0851
朝7時〜夜6時まで。  ご相談受付担当=藤原


▲ホームに戻る   



http://kenzou.co.jp/ Mail info@kenzou.co.jp
有限会社 建造 〒441-1346 愛知県新城市川田字山田平2-10 ※地図を表示する
営業時間 月曜〜土曜・朝7時〜夜6時  ※日曜・祝日・第2・4土曜休業。

創業 昭和5年(西暦1930年)  愛知県知事許可 第48153号
(有)建造は 愛知県新城市を拠点に、創業87年の実績!地元に密着した建築板金屋。 屋根・外壁・雨どい・エクステリアの専門店です。
Copyright(c) 2017 有限会社 建造 KENZOU All Rights Reserved.