窯業系サイディング

窯業系サイディング

窯業系サイディング/モルタル

リフォームサイン

こんな症状が出たら、リフォームサインです。
チョーキング
■チョーキング
koke_kabi
■苔・カビの発生
ひび割れ
■ひび割れ
コーキングの割れ
■コーキングの割れ

剥がれ
■剥がれ

反り
■反り

窯業系サイディング


「塗装」「重ねて張る」をおススメする理由

弊社で行うリフォームの大部分は「塗装」か「重ねて張る」方法です。

「剥がして張る」方法は、壁内部の様子を確認できるので、もっとも確実な施工方法といえるのですが、窯業系サイディングはとても重いので、撤去作業には大変な労力を要します。さらにアスベストを含むものであれば、その手間は言うまでもありません。そして何より、費用に反映されてしまいます。その上、処分費も莫大です。
リフォームは家に居ながら行う工事なので、アスベストの飛散を考えると、たとえ窯業系サイディングは非飛散性アスベスト建材と言えども、撤去作業はなるべく行いたくないというのが本音です。


塗装する
《施工方法》既存外壁を清掃し、塗装します。
塗装長所

塗装短所

塗装フロー

塗料の種類 メリット デメリット 耐用年数の目安
フッ素 耐候性を優先する方にオススメ。長期間にわたり、建物を保護する。 塗膜が硬いのでひび割れに注意。フッ素に帯電性があるため、砂埃等が付着する恐れあり。 約12年
シリコン 一般的によく使われる塗料で、価格と機能のバランスが良い塗料。カラーバリエーションも豊富。 次の塗替え時期までの十分な耐候性がなく、建物を守り続けるのに不十分な場合もある。 約8年
ウレタン 価格が安く、定期的に塗替えを楽しみたい方向きの塗料。 耐候性に劣るので外壁を長期的に保護する塗料としてはオススメできない。 約6年
アクリル 価格が安く、定期的に塗替えを楽しみたい方向きの塗料。 耐候性に劣るので外壁を長期的に保護する塗料としてはオススメできない。 約4年

株式会社アステックペイントジャパンホームページより抜粋
https://astec-japan.co.jp


重ねて塗る
《施工方法》 既存の外壁の上に、胴縁(下地)を打ちつけ、その上に金属サイディングや成型角波を重ねて張る施工方法です。
重ねて張る長所


重ねて張る短所

施工前
①施工前

施工
②今ある外壁の上に、透湿防水シート・胴縁を施工します。

施工
③新しい外壁材を施工します。

窯業系サイディングのリフォームにおすすめの外壁材

新しく施工する外壁材は、軽い「成型角波」や「金属サイディング」をおすすめします。
軽い外壁材は、建物にかかる負荷が軽く、強風や地震による影響を受けにくいという利点があります。
ガルバリウム鋼板を成形加工して凸凹状にした外壁材です。その凸凹には、たくさんの種類があります。

 ガルバリウム鋼板とは?アルミと亜鉛で芯になる板をコーティングした鋼板です。トタンの3~6倍長持ちし、現在ではガルバリウムが主流です。
YK4-2
■弊社で一番使用するYK4-2型

凸凹が多いので強度があります。そのわりに働き巾(372mm)が広いのでコストパフォーマンスに優れています。
K型角波ウォール8
■最近人気のK型角波ウォール8

シンプルでモダンな新しい角波です。働き巾(328mm)内に凸が8個あるので「角8」(かくはち)とも言います。
Kスパン
■番外編で「Kスパン」

成形角波との大きな違いは釘頭が出ないことです。同じガルバリウム鋼板ですが、凸凹が深いため働き巾は157mmとやや割高です。
成型角波1


成型角波2

成型角波3

成型角波4

「金属サイディング」も、また成型角波と同じガルバリウム鋼鈑を凸凹に成型したものですが、 大きな違いは、断熱材が裏打ちされていることです。

このため断熱性能が向上することはもちろんですが、加 えて、印刷・成型技術の進歩で、見た目は、まるで本物の石や木や、レンガ…etc そのものです。とても金属とは 思えない風貌で、持ってみると驚くほど軽いので、金属板だと再認識させられます。

また、細かい事ですが、「釘頭」が見えません。こういった細部が、仕上がりの美しさや高級感につながります。
kinzokusaidhingu-

tokucho10_2

かん合(重なり)部分の隠れる所にビスを打つので、 ビス頭は表からは見えません。

また、地震の揺れによる外壁の変形をかん合部のスラ イドで吸収し、地震の力を逃がします。
金属サイディング1

金属サイディング2

金属サイディング3

金属サイディング4

金属サイディング5


金属サイディング6

金属サイディング7

金属サイディング8


塗装 重ね貼り
成型角波 金属サイディング
価格
(税別)
¥700,000 ¥1,100,000 ¥1,600,000
耐久性 7~10年 20年以上 20年以上
工期 約7日 約10日 約10日
性能 今までと変わらない 壁が二重になるので雨漏りのリスクが減る。 断熱材が裏打ちされているので、夏は涼しく、冬は暖かになる。遮音性能もよくなり、静かな家になる。
仕上り 好みの色にできる 新しい外壁材になるので新築したようになる タイル調・レンガ調・石積調・塗壁調・・・など塗装では表現できない仕上りにすることができる。仕上りががらりと変わり新築したようになる
その他 コーキングの寿命は塗装より短い場合がある 釘あたまが見える サイディングに厚みがあるので、窓廻りなどの納まりがゴツくなる場合がある。


外壁シミュレーション

塗装シミュレーション1
写真を撮影し、パソコンソフトにより屋根や外壁を塗装したイメージ画像を作成・ご提案できます。
【塗装する】
もっとも安くリフォームできます
下地まで傷んでいない場合は、もっとも安いリフォームは塗装です。塗装は工期も短く、外壁を撤去しないので工事も手軽にできます。
けれど、耐久性が低いので5年~10年毎にメンテナンスが必要です。

塗装シミュレーション2

塗装シミュレーション3

塗装シミュレーション4

塗装シミュレーション5


塗装シミュレーション6

塗装シミュレーション7

重ね張り

成型角波

長持ちリフォームが安くできます


新品の外壁材になるので新築したようになります。
成型角波は原板がガルバリウム鋼鈑なので、サビにも強くとても 長持ちします。10年から15年の塗膜保証付きです。下地まで傷んでいなければ、今ある外壁を剥がさないで、上から重ねて張ることができます。<重ね張り>は、撤去・処分費用がかからないぶん安くすみ、工事期間も短くてすみます。工事中のストレスも少なく、また壁が二重になるので、雨漏りのリスクが減ります。

金属サイディング

価格は高いですが、見た目・性能面も、人もうらやむ最高級のリフォームができます


タイル調・レンガ調・石積み調・塗り壁調・・・など塗装や成型角波では表現できない仕上がりにすることができます。外観がガラリと変わり、まるで新築したようです。
金属サイディングはガルバリウム鋼鈑に断熱材が裏打ちされているので、丈夫で長持ちはもちろん、夏は涼しく、冬は暖かく、遮音性能も良くなり、快適で静かな家になります。